スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
日本からお友達が到着!~アムステルダム。
こんにちは~。(*^_^*)  

あれからもう一ヶ月以上も経ってしまいましたが、

関西からお友達が遊びに来てくれたので、その時の思い出日記を。


11062012 (1)

スキポール空港までお迎えに行きました。


・・・実は、彼女が来る一週間前にですね、

ばかばかしい話なのですが、ベッドの角に足の小指を強打しましてね、

凄く痛かったんだけれど、そりゃ痛いだろうと普通にしていたのですが、

この度はいつもと違ったようで

それから二日経っても紫に腫れた小指は普通に歩けないくらい痛く、

病院へ行ったら

「これはブロウクンですね~。」 と、ヒビか骨折だと判明。^_^;

友達が来る直前に何で?? あたしの馬鹿・・・最低~~~~!!!!(゜o゜)


ということで、ひょっこひょっこと歩きながら彼女をピックアップ。


11062012 (3)


電車内ではひたすら喋り続けてハーグに到着。 


彼女は自分が22歳の頃にオーストラリアを周遊した際に出会った子です。

彼女お勧めのヌーサのビーチでは、原始人も見ました。

しょっちゅう連絡を取り合っていたわけではありませんが、

ちょくちょくと会ったりして、狐さんとも一度大阪駅かどこかで会っています。(*^_^*)


電車が好きらしいので記念の一枚。 白く写ってよく見えないけど。


長いフライトの後でしたが元気だったので、

ハーグの町中を夕方から少し歩きました。 

途中からバケツをひっくり返したような雨が降って雨宿りしたりしてね。



11062012 (4)


家に帰ってダッチごはん。

マリアママのレシピのシャンピソンピスープと、

11062012 (5)

ブラウンビールと一緒に♪


11062012 (6)


オーブンにちょいと長く入れすぎた、チコリ+ハム+チーズのオーブン焼き。

前もって作っておいたハーシェと、 怠けて、既に剥いてあるジャガイモ、ルッコラ。

簡単で、とってもダッチなメニューです。


そして翌朝。。。。

ちゃんと予定通りの時間に起きたのに、

朝食時にこれまたお喋りが盛り上がっちゃって、1時間遅れて出発。(^^ゞ

彼女はそういうのアリなお友達でした。(笑)


12062012 (1)

電車好きの彼女へ記念写真。

オランダの電車はダブルデッカーのものが多く、その二階での一枚。


12062012 (2)

アムステルダムセントラル駅!

修復中か工事中かの幕が引いてない状態のこの駅を見るのは初めてかも?

そして美術館へ向いました。


12062012 (5)

初めてここの前で写真を撮ってもらいました。


12062012 (3)

立派なカメラを持ったアジア人の男性を選んで頼んでみましたが。↑ 


そして美術館で彼女はガッツリあれこれご家族への物も含めお買い物をし~、

シンゲルの花市場でガッツリ球根をお母様のために買い物し~、

・・・重い荷物にその後苦しめられていました。(*^_^*)



12062012 (6)

この週、お天気が本当に良くなかったんですが、そんなアムステルダム。


12062012 (9)

オレンジモジャモジャな車。


12062012 (10)


それから可愛いもののショッピング・・・ というのも彼女の目的だったので、

はじめて 9Straatjes
に行ってみました。

可愛いお店が集まる9つのストリート・・・ということなのですが、

ここ にある、横に走る9つのストリートの事です。

確かに可愛いお店もあったかもしれませんが、

二人ともヘトヘトでそれどころじゃなかったかな。(笑)

他にいい感じのお店が集まるお勧めストリートがあったら、どなた様か教えて下さい。<(_ _)>

年に一度か二度くらいしかアムスのセントラルには行かないんですけれどね。



12062012 (13)

そして晩御飯は結局パンケーキにしました。 

アンネフランクハウスの通り沿いにある、The pancake bakery です。

ここのパンケーキは、トッピングをあれこれ追加できるのだけれど、

こっちでよくあるパンケーキを知らない彼女のトッピングはまるでピザのようで、

わたしからしたら「???」 

ジンジャーLOVEな彼女は、しまいにゃジンジャーももちろんプラス!

「一体どんな味になるんだろう・・・。」と、イマイチ想像できないな~

って思っていたのですが、

そのジンジャーが、 

ジンジャーが・・・

あのよくあるジンジャーのシロップ漬け!!で、(甘いやつ)

彼女、撃沈してしまいました。。。(゜o゜)

そうか、あの甘いのだったのか・・・ 

その可能性に気付いてあげられなくってごめんよ!!!(T_T)

ということで、彼女はそれをよけて召し上がりました。



12062012 (14)


粉物でお腹が一杯になってしまった私達。

ヨルダン地区らへんも歩きましたが、粉物の後に Winkel43 のアップルタルト

なんてもちろん無理!で、

この後、飾り窓を見学して帰る事に。

飾り窓ではそのシステムを説明しつつ、

「ね~、若くて可愛い娘、いっぱいでしょ~。」

とか、

「そうじゃない凄い姉さんもいるね~。」 とか言いながら、

そしておばちゃんなmakuiはそんな可愛い若者の身の上を心配しながら歩きました。

6月は最高に日が長いから、夜だけど明るい中での飾り窓見学でした。


お友達は、日が長いって事は分かっていたけれど、それにしても長いな~と

不思議過ぎたみたいで、まだ明るい、まだ明るい・・・と、何度も言っていました。(*^_^*)



12062012 (17)

ダム広場の王宮。 

・・・よその国の立派な建物とと比べると、ぱっとしないんですけれどね。

ここもずっと幕を張ってお直ししていたけれど、幕が無い状態は初めて見ました。


12062012 (18)

二人して結構お疲れだったので、思ったより早くハーグのおうちに戻りました。

アムスからハーグまでは一時間も掛かりません。

時差ぼけもあったでしょうに、良く歩きました。 お疲れちゃん!!!(*^_^*)


次は、初めてボートを乗り継いで出かけたキンデルダイクと、ハーグと、

自宅でのサッカー観戦(ボロ負け)です。





 
クリック募金です。<(_ _)> <(_ _)>
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
 
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/07/21 07:31 】 | オランダ 観光 | コメント(5) | page top↑
星型の町・続き→ユトレヒト オルゴール博物館。
こんにちは~☆

ちょっと間があいてしまいましたが、病気とかじゃないですよ~!

わたしなりにバタバタしていて、ブログに手を付けなかっただけです。(*^_^*)


いつの話だよ? って感じですが、3つ前の日記、ナールデン旅行日記
の続きがまだ一回残っているのです~~。 でも今回で終わり。


04062011 (65)

ナールデンの案内チラシ。
こんなこんぺいとう型の歴史ある城砦都市です。



04062011 (66)

ところで、こんなぺらりんと一枚の案内チラシでも、
オランダではお金を取るんですよ~

日本人からしたら有り得ないですよね。^_^; 1.5ユーロなんですけれどね。


04062011 (37)

ネールデンのメインストリート。 マーケットストリートだったかな?


04062011 (40)

Bastion Oud Molenです。

ここは昔、軍需品貯蔵庫としてや、病院として使われていたそうです。
1000人もの兵士を収容し、寝泊りもしていたそうです。

でも今はお洋服などのショップが入っていました。


04062011 (41)

ここも土手を上がると同じような景色が。


04062011 (42)


ナールデンからは二つ橋が架かっていて、
一つはユトレヒトに続く道、もう一つはアムスに続く道だそうです。

アムスに続く門は壊されてしまい、残っているのはこのユトレヒト方面の門。

04062011 (45)


04062011 (46)

門のサイドからも銃で狙われたりしたのだろうか。


04062011 (47)

あちこちに貼ってあったフォトフェスティバルの宣伝。

時間が無くって全ては見きれず、この女の子の写真は見ることが出来ませんでした。


観光地とはいえどこでも美味しいものが食べられるわけではないオランダなので
晩御飯には現地人お勧めのレストランへ。

04062011 (48)

イタリアンです。

04062011 (49)

前菜。 これは何だ?キッシュ?

04062011 (50)

私は生ハムメロン。


04062011 (51)

狐さんはラム。 私は何かのパスタ。

味はこれなら合格点・・・ではないでしょうか。

ウエイターの方にどこから来たか聞かれて、ハーグだと言ったら
ワッセナー(オランダの隣町。)にお住まいでハーグ生まれの方でした。

04062011 (52)

お店の名前はこちら↑

デザートも食べずにユトレヒトのホテルへ帰ります。

・・・というのも、

実はこの旅の間、お腹がゆるくって~~^_^;

しっかり食事をした後は、確か心配でゆっくりしていられなかった・・・。


04062011 (53)


04062011 (54)

上手に撮れていないけれど、とても綺麗な通りがいくつもありました。 

そして車がいつも残念なくらいそれを邪魔していました。(笑)
指で写真の車を隠すと、ちょっと綺麗なのが分かるかな?


04062011 (55)

よく斜めに歪んでいる窓を見るけれど、これは奥の方に歪んでいた。


04062011 (56)

新しいビートルと、昔のビートル。


04062011 (57)

大きな葉が壁に這うのも綺麗でした。


04062011 (59)

帰り道、金平糖方の要塞を抜けると、鹿?


04062011 (60)

そのまま歩いて駅に向かったのですが、
茅葺屋根の家など、立派な家が沢山ありました。


04062011 (61)

これはオランダでは珍しい木のおうちです。

オランダの家は、大抵三匹の子豚を思い出させるようなレンガの家ですが、

まだ戦があった頃、この辺りの家はみんな木造で、
その理由は敵が来たら家を燃やして視界を良くし、
敵を撃ちやすくするためだったようです。

もちろん当時は今よりももっと少しの家しか建っていなかったと思うけれど。


04062011 (62)

既に木の家が建っていたから、戦後もその周りに木の家を建てたのでしょうか。


ユトレヒトに着き・・・

04062011 (63)

甘いものが食べたくなったので、
プラットホームの端からからすぐの所にホテルがあるというのに、
わざわざ駅構内まで戻ってクッキーとラテを購入。

狐さんはフラペチーノを頼んだのだけれど、

04062011 (64)

↑フラペチーノってこんな風に氷の砕けたのが残りましたっけ??


その夜、隣からすんっ・・ごい大きな声が聞こえてきて、
「こんな事前にもあった気が・・・。」
と話しながら眠りにつき・・・
(こういう事、書くなって?^_^;)


翌朝、
荷物をホテルに預けてちょっとユトレヒトの町中へ。


ところが、


お腹がゆるくてmakui緊急事態になり、

もうちょっと離れた所にある美術館に入ることも確か考えていたんだけれど、
急遽そばにあったこのミュージアムに入ることに。(とりあえずトイレのために!)


日本語の紹介では ”オルゴール博物館” なのですが、


05062011 (1)

例えばこういった↑音楽を奏でる仕掛け時計だったり、

ハーグの町中で見るストリートオルガンだったりが展示されています。


たとえば↑これは、オランダのDordrechtで作られた
イングリッシュオルガンクロック。

05062011 (2)

パーツはイギリスから取り寄せたようです。

仕掛けがあって、絵のようなものが部分的に動きます。

博物館のサイトからこの動画を見つけたので、後で貼り付けますね。


05062011 (4)

これは・・・ 赤ちゃんを食べようとしている仕掛けではありません。


05062011 (5)

こちらはお土産売り場にあったコーヒーを飲む仕掛け時計。

凄く古いものだけれど、ボタンを押すとちゃんと動きます。

コーヒーは実際に注がれないけれど、
カップを見ると液体がこぼれないようになっているので、
昔は実際に注がれたんだと思います。


これだけ見るとパッとしませんが、このミュージアムはガイドツアーが凄かったんです。

ガイドのお姉さんがオラ語と英語で案内して下さったのですが、


100年前に作られたという大きなクローゼットのようなものの上部を開くと
バイオリン3つが現れ、

今度は下を開けるとピアノが現れ、 

それが自動演奏を始めるのです!!


又、同じように温かみのある木箱を開けると、

中から一列に並んだ小さなお人形たちが現れ、
それらが細かい仕掛けによりちょこちょこと音楽にあわせて動き出したり。


ストリートオルガンのハンドルをまわす作業を体験させてもらったり。
(凄くハンドルが重かったです!)


そして最後の大広間では、どどど~~んとダンスホール用の大きなストリートオルガン
みたいなのが何台もあって、

男の子のリクエストにより、確かマイケルジャクソンのBeat itが演奏されました。

その演奏のドラマチックなことといったら!!!

パイプオルガンって、こんなにいくつもの音色が一度に出るのですね~~。


音楽の事を何も知らない私は、ホール中に響く幅のある音色を
まるでオーケストラのようだな~と思って聞いていました。


他にも興味深いものが色々ありました。

又、ツアーで見学した所を、再度じっくり見直すことも可能でした。


日本のガイドブックを見ると”オルゴール博物館”と書いてあって、
その詳細を見ずにこの博物館へ来たものですから、

スイスで見た、可愛らしい小さくてキラキラした宝物箱みたいな
オルゴールの博物館を想像していたのですが

それとは全く違っていて、

何百年も前に作られた自動演奏の仕掛けが
今も昔と変わらず当時の人が聞いた音色を奏でるということに感動する美術館でした。


どうしても気になって、
一体何人の方がこれらの古い仕掛けのメンテナンスをする事が出来るのか
聞いてみたのですが、

6人くらいいらっしゃるようです! 結構いらっしゃるんですね~(*^_^*)


ということで、意外に楽しめたオルゴール博物館でした。
人も結構入っていました。

ホームページにいくつもの動画があったので、貼っておきますね。

Museum Speelklok 動画。

(でも実際に行く予定の人は、おたのしみで行ってから見たほうがいいかも。)

ちなみに、写真で載せた仕掛け時計の動画が右の上から六つ目にあります。

オランダ政府観光局での紹介は こちら


05062011 (6)

ドム教会。

写真つきの幕が垂れていますが、

このドム教会が昔の姿のまま今に残っていたら、
ここからはこう見えた・・・ということを表しているのではないかと思います。


05062011 (7)


どういう事かと言うと、

隣にあるドム塔とこの教会は繋がっていたのに、
昔、落雷で壊れ、別々になったのです。

修復して繋げる話が出たり、又壊れたことも歴史の一つだから、
このままにしておけばいい・・・という意見もあったりで、
結局どっちにするんでしょう。


05062011 (8)

お天気もまあまあで、二人とも結構疲れてしまっていたので
(お腹もまだ心配だったし)
結局この後ハーグへ戻りました。 電車で45分くらいです。



次の日記はもっと早く更新できると思います。(*^_^*)

パパママの家にお友達の日本人夫婦とお泊りした日記です。

だらだらと長いのに読んで頂き、有難うございました!<(_ _)>



クリック募金です。 <(_ _)> <(_ _)>

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
 

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2011/07/13 23:02 】 | オランダ 観光 | コメント(0) | page top↑
星型の町☆ ナールデン:Naarden
前々回の日記の続きです!

・・・なんの続きか忘れた・・って?(笑)

ですよね。^_^;

暇人makuiが珍しくばたばたしていて
ほとんど書きあがっていた日記のUPが出来ませんでした~。

今日は子守のバイトが無しになったので、のんびり日記をUPして、
お友達のブログも読んでから、江を見つつアイロンがけしようかな!(*^。^*)


さて、以前日記に書いたサウナの翌日は、ユトレヒトから電車で30分のところにある
Naarden という町へ行ってきました。


この町、グーグルの航空写真で見ると、綺麗に星型をしているんです。
(星型・・・とも違うかな~。)

だから無知な私はてっきり、 「近代ダッチデザインな新興住宅地。」
だと思い込んでいたのですが、 ↑アホ過ぎ?

いやいや、なんと300年以上も前から星型でした=3

まだ見たことの無い方は、 ”この航空写真” をクリック!

「わ~お!」 

ですよね??

今日はこのNaardenという 城砦都市 に遊びにいったお話を。

04062011 (1)

全然関係ないけれど、
行きに寄ったお店で見たゾゾっとするねずみの形のおやつ。


04062011 (2)

Naardenに到着。 

この要塞や鉄砲狭間を見て初めて 
「近代ダッチデザインな新興住宅地。」 に来たのではないと知る私。

どうやら人の話(の話)を聞いていなかったようです。


たまたまこの時フォトフェスティバルが開催されていて
その宣伝が掛かっていました。


04062011 (4)

要塞の中の小さな町は、かわいらしかった~~。

あたしの写真がダメなせいで、↑ぜんぜん可愛く見えないのが悲しい。。。


04062011 (5)



04062011 (6)



04062011 (7)

”お友達はいつでもウエルカム!
    親戚はアポ取ってからでよろしく。  ”

って書いてあって笑える!!

親戚との仲が本当にいまいちだったら、この冗談は使えんな~。(*^。^*)


04062011 (8)

ちょっと土手をあがってみると、第二の砦が見えました。

このもうひとつ奥にも、お城のお堀のようにぐるっと水が引いてあります。


狐さん、「こっちから敵が来ても、こことここから撃たれるから、~~なんちゃら~」
と、まるでゲームの説明をしているかのようですが、ゲームじゃないんですものね。


04062011 (9)

自分たちが立っているところまで敵が攻めてくると、大変な事になりますね。

でも今はカップルが寝そべっていたり、舟遊びをしていたりとのどかなものです。


04062011 (10)

自分たちが立っている辺りにも

銃撃戦から身を守る塹壕(斜め線を引いてみた。)
のくぼみがしっかり残っていて、想像すると怖いのだけれど、
そこでのん気にうんちして去っていくワンワンが・・・ (飼い主、ちゃんと落し物持ってけ~=3)



さて、フォトフェスティバルですが、二年に一度あるそうです。

そのフォトの展示をしてある場所っていうのが
普段は入ることが出来ない?建物の中だったり、
博物館の敷地内だったりとあちこちにちらばっており、

チケットを買うとそれらの建物全てに入ることが出来るようなので、買うことに。


a href="http://blog-imgs-42.fc2.com/m/a/k/makui/20110612032907698.jpg" target="_blank">04062011 (12)

オランダ要塞博物館:Nederlands Vestingmuseum
へ行ってみました。


04062011 (11)

昔、非常に重量のある大砲などを動かすには、5人がかりで大変だったようです。


04062011 (13)


ここからも要塞をながめます。

この日は非常~に天気が良くって、私は長袖を脱いで今年初めてキャミ一枚に!!
(オランダでは私の立派な二の腕でも平気で放り出せてしまうのです・・・

↑子供たちが水着でゴムボート遊びなんかもしています。

日本だと「子供だけでこんなところでボート遊びなんて!!」
って思ってひやひやしていたであろう私ですが、

オランダに来たせいか「いいわね~♪」って見ていられる・・・。 


私たちもここをボートで通ってみたいとボートツアーに参加!


04062011 (14)

乗り場のそばにはヤギが!

昔、ミルクのためにここでヤギが飼われていたそうです。


04062011 (15)

お客さん・・・ 我々だけ?? 
と思ったら、あとから2組いらっしゃいました。


出発です。

04062011 (16)


上から見る景色とあまり変わらないけれど、でも楽しい。


04062011 (17)

「皆さん、床にしゃがんで、橋が来たら頭を下げて~。」
と、ガイドさんから指示が。



04062011 (18)

橋、通過。


04062011 (19)

もうひとつの橋も、通過! 楽しい~~


そしてかなり低い!
ブルージュより大分低い! 青の洞窟よりはましだけれども。


ガイドのお兄さんが、オラ語と英語とで色々と要塞の説明をしてくれました。
(私以外皆オランダ人でした。)


この日、狐さんの実家のある南部では気温が32度、
ここは28度あったみたいで、ボートで進むと風が気持ちいい~~~



04062011 (20)

帰りは、さっきのかがんだ橋で花嫁さん発見!!


04062011 (21)

再度真剣にかがみつつ、おめでとう!!と写真を一枚。



04062011 (22)


ボートから見る景色は、怖いですね。

土手で狐さんから受けたレクチャーを頭で想像しながら、
(ここからもここからもこう弾が来たら・・・玉砕か。)
と、自分に置き換えながら考えてみたりする。 

ここは水かさを増やすことも出来るし、
通り抜けるのはノルマンディー上陸作戦並みに難しいのかも・・・。


ボートから降りたら、地下にある展示物を見に行ってみました。


04062011 (23)

これは1673年。


実はこのNaardenの町、以前は別の場所にあって、
そこが内戦でだめになってしまったので、現在の場所に移動したのです。

以前あったNaardenは、oude:オールドNaardenと呼ばれています。

オールド、ニューっていったって、ニューNaardenが出来たのは1350年ですけれども。^_^;


04062011 (24)

昔の様子を再現した模型。


04062011 (25)

暗くて長~~いトンネルのような通路がありました。

ここで耳を澄ませていると、敵が泳いで来たりする物音などが聞こえるそうです。

奥まで行ったのですが、真っ暗でめっちゃ不気味でした=3
(↑写真はフラッシュで明るいけど。)

しかも、奥まで行っても何も無かった!!

他の展示物を見るにしても、閉所恐怖症の方には辛いかと思われます・・・。


展示物が皆オラ語で、狐さんに色々聞いては周っていましたが
思ったより時間が掛かってしまい、すべて見ずに次へ進むことに!!残念!!



04062011 (26)

この町、本当にかわいらしかったです。

狐さんと話していたのですが、

オランダ人は家のインテリアや庭に対してのケアが大抵素晴らしいので、
この町の家々のかわいらしさは、例えばブルージュ以上と思えました。

ただ、ブルージュのように歴史が香るような雰囲気が町自体に無いからダメね~^_^;

せっかく可愛い家々が連なっていても、その隣で一緒に車が連なっていて見苦しく・・・。



04062011 (27)

ここの中でもフォトアートが展示してあり入ったのですが、矢印に注目。


04062011 (28)

1572年、スペインによって占領され、
だまされてこの建物に詰め込まれた市民は全員虐殺されました。

そういう歴史を聞くと、ぞぞっとしてしまってその場におられませんよね。

しかし、1576年にはスペインから奪い返します。


で、確か・・・ですが、


その後しばらく平和が続いて、要塞もぼろぼろであまり機能しなくなった頃に
フレンチが来て占領され、

フレンチが要塞などを新しく作り直して立派にした後でオランダがまた奪い返したと・・・

ですからオランダ人はお金を掛けずに立派な要塞を手にしたようです。
なんともオランダ人らしい話・・・ って?(笑)



04062011 (29)

ここも入ってみました。


04062011 (30)

ここの二階へ上がると、
アンダーヘアーにカーラーを巻いてあったりっていうアートな写真があったりしました。(笑)


04062011 (34)

教会にも美術館のようにこういった素敵なアートがずらっと並んでいました。
↑この写真には写っていないけれど。

04062011 (33)

天井が美しかったのですが、

この天井画、昔、プロテスタントによって真っ白に塗り消されたそうで、
しばらくこの絵の存在は忘れ去られていたそうなのですが、

その後、絵があることが発見され、白く塗られたのを綺麗に取り去って
また今の姿があるそうです。

ヨーロッパというのは本当に全てと言うほど多くの出来事、歴史などが
宗教によって動かされていたと、今現在こうして生活をしていても感じるほどです。


又、ボートのガイドさんから聞いたのですが・・・

04062011 (32)

この↑、

04062011 (31)

半円のところにみえるキリスト、アップで見ると両側が青く修正?してありますよね。

これは昔、敵の大砲の弾が二つ飛んできて、両側にあった天使の絵を
ぶち抜き、それを修正した跡なのです。

キリストは無事だった・・・ということなのですね~!

又、外からこの教会の時計の塔を眺めると、
他にも大砲があたった跡を見ることが出来ます。



04062011 (35)

↑これも写真だとだめですが、とっても可愛い家を本当によく見ました。


04062011 (36)

メインストリートのカフェで休憩。

オランダではアイスのコーヒーを扱っているお店が少ないのですが、
最近のこじゃれたカフェではアイスカプチーノ?みたいな物を出すようになりました。

暑かったので狐さん、それを一気飲み。^_^;


04062011 (39)


ウエディングパーティーがあるようでした。

イギリスやオーストラリアなんかは多分ドレスアップして結婚式に招待されるのだろうけれど
オランダは非常にカジュアル。

男性がジーパンで参加するのもアリだし、女性も
日本人女性が仕事に来ていく服装よりもカジュアルな格好で来たりするのだけれど

ここのパーティーの参加者は皆ドレッシーでびっくりしました。

どうやらアッパーな人たちのウエディングのようだね と、狐さん。 ・・・そうか。


04062011 (38)

パーティーをしていた建物?かその隣?は、
スタイリッシュな家具を展示してある所だったみたいですが、この日は閉まっていました。


と、続きがもうちょっとあるのですが、今日の日記はここでおしまい!


ところで、私のブログに右上に貼ってあるクリック募金ですが、

アメリカのある方のブログで東北関東大震災のクリック募金も見つけたので、
私も貼り付けてみようと思います。


右上のと同じで、1クリックすることで無料で1円が募金されます。

「もっと大きい金額を普段から募金しているから~」 というのももっともなのですが、

私の母親は右上のを毎日クリックすることを日課としているので、
皆して日課にすれば違ってくるかと!


ということで、

↓こちらをクリック☆ (これは6円分のクリックが出来るみたい!)           
JWordクリック募金
                     

もうひとつこちらも!
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

わ~い! 有難うございました!!(*^。^*) 

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2011/06/20 19:39 】 | オランダ 観光 | コメント(2) | page top↑
キューケンホフのお花畑日記。
こんにちは~!

MABUAKIBLOG2 (1)


前々回の続き、
MってぃさんとAたちさんのオランダ観光日記に戻ります!

かわいらしいチューリップ画像にほっとして頂けたらな・・・と、思います!


MABUAKIBLOG2 (2)


彼女たちが到着した翌日の観光は、キューケンホフ公園とライデンでした。

キューケンホフはチューリップのシーズンにオープンする、
きっちり手入れされた大きな公園です。


MABUAKIBLOG2 (3)



MABUAKIBLOG2 (4)



MABUAKIBLOG2 (5)



MABUAKIBLOG2 (6)

こんな感じで、とても広い公園です。

きっちり見て周ろうと思うと、ランチ前に来ても夕方くらいまで掛かります。


MABUAKIBLOG2 (7)

前に家族と来たときにも見たような、盛りっと活けられたお花、今回もありました!!
可愛いMっティに立ってもらって、写真~~♪


MABUAKIBLOG2 (8)

Aたちにも立ってもらってもう一枚~~
も~~ほんとうちの子たちカワユイのよ☆☆ってだれの子よ。



MABUAKIBLOG2 (9)

頑張るAたち。


しばらく歩くと、

MABUAKIBLOG2 (10)

こんな椅子発見!


MABUAKIBLOG2 (11)

背もたれが可愛い~~♪ (可愛い黄色のほうに座りなおしてもらった。笑)



そんなに混雑していなかった風車にも登って、

その後は日本庭園コーナーへも。


MABUAKIBLOG2 (12)

チューリップと一緒に、小さなつつじの花がもりもりありました!


MABUAKIBLOG2 (14)



つつじの木の中に小さな穴があって、

その前で写真を撮って~って感じだったから撮ってみると・・・


MABUAKIBLOG2 (13)

Aたち「これじゃあ穴から出てきたみたいじゃんよmakui~~=3」
makui「あれ 違うの?笑」


MABUAKIBLOG2 (15)

かわゆく撮り直し


MABUAKIBLOG2 (16)

ハートのようなシェイプの可愛いお花。



MABUAKIBLOG2 (17)



MABUAKIBLOG2 (18)



MABUAKIBLOG2 (19)

Mっティ、お花畑にうっとり・・・な一枚。


MABUAKIBLOG2 (20)


私がキューケンホフに来るのはこれで3回目。

一回目は24歳の頃で、
ヨーロッパ周遊の際の一ヶ国目がオランダでした。

今回と同じ4月の末だったので、チューリップのシーズンとしてはちょっと遅く、
多くのチューリップの頭が落とされていましたが、それでも大満足の美しさでした。

二回目は自分の結婚パーティーの時。

家族がせっかく日本からくるのだから・・・と、
4月の中旬のチューリップのベストシーズンに日取りを決めました。 

そして日本の家族にひとつ伝えたい・・・。

あの時、園内のトイレに入るのに40セントを取られていましたが、
(入場料払っているのに、何ちゅう面倒な・・・。)

それが、今年は、無かった!!! 廃止になった?っぽい!(笑)


そして久々の3回目のキューケンホフ。

4月末だったけれど、やっぱり満足のいく美しさでした!!!


バリっと働く日本のお友達がこちらに遊びに来れる時期って、とても限られているけれど、

そんな中、オランダが最も美しいシーズンに大好きなお友達に来てもらって、
ベイビー水鳥やら羊が緑の中でうろうろする、のほほんとした美しさが魅力の
オランダを見てもらうことが出来て、 本当に良かったです。


と~~~っても良い思い出になりました。


ということで、キューケンホフを切り上げて、ちらっとライデン観光をすることに!

キューケンホフへはライデンから往復バスが出ているので丁度良いのです。



MABUAKIBLOG2 (21)

Mってぃさん希望?のレンブラントの生家跡へ向かいます!


MABUAKIBLOG2 (22)


これはレンブラント橋だったのね。


MABUAKIBLOG2 (23)



MABUAKIBLOG2 (24)

オランダらしい風景です。


レンブラントの生家跡へ行き、「おお、ここでか~」なんて勝手な想像をし、
レンブラントモニュメントで二人は日本人らしい笑える写真を撮り、(笑)

ライデンを後にしました!!

レンブラントの生家跡は、シーボルトハウスのそばです!
ライデンはシーボルトゆかりの地でもあるのです。

私もいつか長崎のハウステンボスに行って、
侍&オランダ人の等身大人形たちと一緒に日本人らしい写真撮りたいな!!


その後、デンハーグの我が家へ戻り、荷物をピックアップ。

仕事から帰ってきた狐さんと4人で、ブリュッセル行きの電車に乗るため
デンハーグHSへ向かったのですが・・・


MABUAKIBLOG2 (25)

・・・20分遅れ~~。

ま、20分ならまだましなのかな・・・。
冬にお友達が遊びに来てくれた時なんかはもっと酷かったもんな~~(遠い目。)


ということで、
2時間程度電車に揺られてベルギーのブリュッセルに到着!

この日はしっかり疲れを取るためにとにかく寝るべし!!

でも、ホテルのベッドが気になったので写真を一枚

MABUAKIBLOG2 (26)

何が変か分かりました?


MABUAKIBLOG2 (27)

ここ!!

次の日記は、ゲント&おとぎの国のようなブルージュです!<(_ _)>

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2011/05/24 03:18 】 | オランダ 観光 | コメント(0) | page top↑
Mってぃ再び!&Aたち♪ の、オランダ訪問☆
こんにちは!

オランダはまた肌寒くなってしまいました=3

さて、今日の日記は4月28日のお話!

日本から午前着の便でオランダに遊びに来てくれたお友達との観光日記です☆


お友達二人は、私が日本で働いていた最後の職場の仲間なのだけれど、
Mっティさんは昨年の6月にも一人で遊びに来てくれて、今回で二回目~☆☆


mabuakiblog1 (1)

午前はハーグの町を歩き、マウリッツハウス美術館へ行き、ランチをして、(写真無し!)

それからデルフトへ行ってきました~~♪

mabuakiblog1 (3)

後ろに見えるのは旧教会。 

13世紀から、2世紀にわたって!!建築されたそうです=3
(今ガイドブックを読んで知った。)


mabuakiblog1 (4)

↑時計塔、傾いているでしょ♪ 緑もいっぱい!!!

この日、本当はライデンとチューリップで有名なキューケンホフ公園へ
行く予定だったのだけれど、
お天気が怪しかったのでデルフトに変更したのです。

でもこのお天気なら十分ですね~♪ 


ではでは旧教会の中へ。

mabuakiblog1 (5)



mabuakiblog1 (6)



mabuakiblog1 (7)



mabuakiblog1 (8)


ステンドグラスが思いのほか立派で、びっくりしました。

デルフトには何度も行っていますが、(IKEAがあるし。)
教会の中に入るのはこれが初めてでした。


Mってぃさんが画家のフェルメールの墓標を探していました。
デルフトはフェルメールゆかりの地なのです。


mabuakiblog1 (9)

発見!

フェルメールの有名な絵、真珠の首飾りの少女はハーグのマウリッツハウスにありますが、

2012年はがっつり改装工事に入る予定(だったはず)で、
その間に ”真珠の首飾りの少女” が東京・神戸にも行く予定です。

その後震災があったけれど、今でもその予定に変わりはないのかな?

若い少女が振り返った瞬間の光を捉えたような、
色々ある絵ともまたちょっと違った、はっ・・とする美しい絵です。 

絵は好みもあるので、誰もが美しいと思うかは分からないけれど、
この機会を失ったら二度と日本に来ることは無いかもしれない世界の宝なので、
興味のある方は是非足を運んでみてくださいね~♪


mabuakiblog1 (10)

教会の隅にたくさん展示してあったアートの一部↑

他にも色々な種類の摩訶不思議アートが沢山ありました!!それも楽しかった。(笑)


旧教会のあとは、新教会へ向かいます!

デルフトの町は小さいので、歩いて周れます!


mabuakiblog1 (12)

でもその前に、可愛いお店発見!


mabuakiblog1 (11)

壁にはデルフトブルーの古いタイルがいっぱい!!

これらのタイルは恐らく、実際に使われていたのをひっぺがした古いものです。

タイルの絵も手書きだと思います。 お値段も結構しちゃいます。
(お値打ちなものもたまにアンティークマーケットなんかであるけれど。)


いかんいかん、あまり時間が無いで次へ急ごう!と、新教会へ。


mabuakiblog1 (13)



mabuakiblog1 (14)



mabuakiblog1 (15)



mabuakiblog1 (16)



mabuakiblog1 (17)


ここも初めて入ったのですが、これまたステンドグラスが素晴らしくってびっくり。

オランダやベルギーのステンドグラスはぱっとしないイメージがあったのだけれど、
知ってよかった!! ありがとうMってぃ&Aたち☆☆


さて、この新教会は上に上がれるんですよね~~。

ヨーロッパでは、高いところがあったらとにかく登るべしっっ=3
↑あたしが一番登りたかったのかも。(笑)

mabuakiblog1 (18)


ということで、365段あるらしい階段、上ってきました~~!!

年のせいなのかなんなのか、かなり堪えたこの階段上り=3

Aちも私も膝が笑い出したけれど、どうにか到着~~~(´Д`) =3 



mabuakiblog1 (19)

おお~~☆

mabuakiblog1 (20)

頑張って、 良かったじゃぁ~~~ん♪(ノ*´▽)ノ☆ヽ(▽`*ゝ)


mabuakiblog1 (21)

下に見えるのは市庁舎です。 その前にずら~っとマーケットが出ていました。


この階段の上り下りでびっくりしたのは、一方通行ではないということ。

ヨーロッパで大聖堂なんかを登ると、通常上り階段と下りとで分かれているのに。


降りてからカウンターの気さくなお兄さんに聞いたところ、
昔はそんな事考えておらず、階段をひとつしか作らなかったようです。


”新”教会という名だけれど、
1381年の創建で増改築を重ね、15世紀に完成した教会ですものね。


なので、大勢で上ったり降りたりすると危ないから
60人(確か)という定員が決められていました。



目的の場所をを見る事が出来、ほっとしたあたりでハーリングを発見=3

オランダの名物 ハーリング:にしんの塩漬け です。

mabuakiblog1 (22)

確か職場のIさんにオランダ行ったら食べるように!って言われたんだよね?

Aっち、言われたとおり食します=3 
makuiも一緒に食します=3


mabuakiblog1 (23)

Mってィさんは こんなグロいもの食べられんわ~ といった顔をしとったけれど。(笑)
 
ハーリングは当たり外れもあるけれど、確かこれは悪くなかった覚えが。
見た目はグロいけれど、大抵美味しいんですってば!(笑)

正しい食べ方は、尾っぽを指でつまみ上げて、玉ねぎのみじん切りを付けて、
下からがぶり~~~です!



mabuakiblog1 (24)

デルフト土産を見た後は、カフェで休憩~!

Aたっちはハーリングの後味を消すべくスッキリ系お飲み物をオーダー☆

この後、もうちょっと歩いて東門へ向かいます。


mabuakiblog1 (25)

がっつり登った新教会を外から見てみると、
「か、かなり登ってたんだね・・・」 と、びっくり。


さささ~っと歩いて東門まで行くつもりだったのですが、

mabuakiblog1 (26)

写真館にこんなポップな青いターバンの少女が掛けてあったり、


mabuakiblog1 (27)

ホテルなの? というかわいらしい入り口があったり、

確か白鳥やらカモやらが泳いでいたり。。と、

なかなか前に進まない~~~♪(笑)


そして、

mabuakiblog1 (28)

東門、到着~☆


mabuakiblog1 (29)

お疲れ様でございました~~!!(*^。^*)


mabuakiblog1 (30)


デルフトは美しい町だな~と再確認。 

デルフトはハーグの隣町なので、行かれる方はセットでどうぞ!


このあと、二人にはハーグでショッピングをしつつ家に戻ってきてもらい、
(ハーグは木曜日がショッピングナイトです!)
私はまっすぐ家に帰って晩御飯の準備☆



どたばたどたばた支度をして、(私が。)

mabuakiblog1 (31)

気付いたらスープの量がこれっぽっちに~~!!(火に掛けすぎた。)


mabuakiblog1 (32)

そしていただきま~す☆

同じ職場のayuponさんのご指示通り、ちゃんとベルギービールと一緒にね♪

ayuponさんは名古屋でベルギービール講座を受け、
ベルギービールと旦那様はダッチ建築目当で以前遊びに来てくれたの~♪


mabuakiblog1 (33)

私のお皿なので手抜きな盛り付けですが、(笑)

前回の日記で書いた農家のホワアイトアスパラガスと、
サラダと、アンチョビオリーブのイモと、
オランダ料理のハーシェ:Hachee です!

ハーシェはマリアママからレシピを聞いて初めて作ったのですが、

・・・ぶっちゃけ、
今まで食べたハーシェの中で一番美味しかったです!! 奇跡~
↑自分で言うなって?

でも二度と同じ味に出来ないかも。^_^;

作り方はこの日記の最後に書きますね!

ホワイトアスパラガスは、味もAHのより良く、茹で加減もOKで
おいしかった! のだけれど、
「グリーンアスパラの方が好きかも。」 と意見が一致!!(笑)

白も美味しいけれど、私は日本のグリーンアスパラの方が断然好きです~。


ところで、30日のクイーンズデーはMってぃさんのお誕生日でした!!!

でもでも、30日は旅先でばたばたしていてお祝い出来ないかも・・・ということで、


この日の晩御飯でお祝いをしようと、リンブルグ州名物フラーイの
ケーキっぽいのをオーダーし、狐さんに持って帰ってきてもらいました!


ところがっ=3



mabuakiblog1 (34)

 崩れてるうううううう~~~~=3

どうやら狐さん、仕事帰りの割と混雑していたトラムの中でやっちゃったらしい!
(混雑していなくっても彼がケーキを運ぶとこうなるかも。。。)

Mってぃさんには笑顔で許してもらって、


mabuakiblog1 (35)


お誕生日おめでとう~~~☆☆*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.

こりゃ今年は良いスタートだじょ♪♪


ということで、
午前中から行動を開始した長い一日目はお終い!


次の日記は・・・

mabuakiblog1 (36)

チューリップで有名な、キューケンホフ公園とライデンです♪ <(_ _)>


マリアママの、ハーシェ:Hachee レシピ☆ (約500gの場合)

① Stoofvleesという牛肉を購入。AHにありました!(約500gの場合)

② 鍋にバターを多めに落とし、お肉の両面に焼き色を付ける。
  ◎玉ねぎを入れて、適当に炒める。(これ書き忘れて追記。)

③ そこに塩・こしょうを適当と、
  クローブ:Kruidnagel(私は5つくらい?忘れた)
  を入れ、お肉が隠れる位に水を入れる。

④ お酢をテーブルスプーン2~3杯、
  砂糖 テーブルスプーン約4杯を入れる。
 (念のために少なめにしておいて後で後で味見して足すといいかも。)

⑤ 味見してOKだったら、オーブンor鍋でひたすら煮る。
  私は圧力鍋を使って、角煮と同じくらいかそれ以上煮込みました。
  
⑥ トロん・ホロっとなり、味見をしてOKだったら出来上がり~☆
 


と、自分用の覚書のためにも書いてみました。 やっぱり付け合せは、イモ?(笑)

皆さまも、お試しあれ~☆(*^。^*)

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2011/05/17 05:55 】 | オランダ 観光 | コメント(4) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。