スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
初めて行ってみた!ブリュッセル☆フラワーカーペット
こんにちは~!

結局更新が遅れちゃったけれど、前回の続きです!

もりもりブランチを頂いたあとは、最寄り駅のAntwerpen-Berchemから電車に乗って

二年に一度あるブリュッセル グランプラスのフラワーカーペットを初めて見に行ってきました。


18082012 (8)

こんな感じです!

今回はアフリカがテーマらしく、ぱっと華やかな色使いではなく地味でしたが、

これはこれでいい感じ!


18082012 (9)

ずっと 「どんな風に花を並べ、キープされてるんだろう。」と思っていたのですが、

実際どうなのかを見ることが出来ました。(*^_^*)


さらにアップで・・・

18082012 (10)

なるほど、今年はこんな感じです! 下にシートのようなものが見えます。

その下に水が張ってあるんでしょうね。


この週末はベルギーもオランダも記録的な暑さだったので、お花の状態が心配だったのですが

いつもと違って花の色使いが落ち着いているので、花の状態が悪くなっても分かり辛い?(笑)



18082012 (11)

この市庁舎から ↑ フラワーカーペットを見下ろすことが出来ます。


18082012 (16)

こんな感じに!(*^_^*)

↑ 分かりにくいですが、市庁舎のバルコニーに赤のカラーがセンスよく飾ってありますよね。

オランダでもそうですが、そうやってさらっと花が飾られているのが美しくて大好きです。


18082012 (19)

お花がもりもりです。(*^_^*)



ということで、我々も上に上がってみました~!


18082012 (22)



18082012 (23)

どうでしょうか??

実はお友達から 「なばなの里の方がいいってどこかで読んだよ~。」と聞いていたので

特に期待はしていなかったのですが(笑)

それなりにやっぱり美しくて良かったです。

でもオリジナルより写真の方が美しく見えるかも。


たまたまだったのかも知れませんが、特に混んでいた訳でもなく

バルコニーにもスムーズに上がれました。 

たとえ混んでいたとしても、こっちの混雑って日本と比べるとしれているように思います。



18082012 (24)


それにしてもですね、

私も狐さんもどっちかっていうとフラワーカーペットより市庁舎の内部を見れたのがかなり満足!!

だって、思ったよりも立派だったんです。中もあちこちに美しくカラーが飾ってあってね~。

(狐さんはしばらく造花だと思っていたみたいですが。)


ちなみに今週末はモニュメントデーで、オランダのあちこちで色々な歴史建造物の中を

無料で見ることが出来るのですが、それも夫婦で前から楽しみにしていました。

趣味が合うって楽です。


18082012 (27)

タナケとの一枚。 みなしゃん、私は元気で~す。(*^_^*)


18082012 (28)


ところでこの日、

同じくフラワーカーペットを見に行くと言っていたお友達カップルと

偶~然 ブリュッセルへ向うマイナーな駅でばったり会いましてね、

一緒に電車でブリュッセルまで行っちゃって笑えたのですが、

ブリュッセル駅でバイバイしたのにまたここで再会しました。(笑)


18082012 (31)

なのでせっかくだから一枚~♪♪

彼女とは毎週会うくらいの仲良しで、家族ぐるみのお付き合いです。(*^_^*)


18082012 (34)

私たちが先に下りた後、彼女たちがまだバルコニーにいたからもう一枚!

ね、両脇にカラーの花がたっぷり美しく飾ってあるでしょ。(これも見辛いけど。)


18082012 (36)


その後、ブリュッセルの町をぶらぶらしたのですが、
 

18082012 (38)

” スーパードライ 極度乾燥(しなさい)” の路面店が出来ていました!

イギリス発で、ベッカムetcも着ちゃってて、オランダの百貨店にも入っているブランドです。

見た目がイケていれば意味は無くてもいい・・・という理由で

変な日本語のロゴが入っています。(笑)

(こっちに長く住んで、日本語がイケて見えるその感覚がなんか理解できるようになってきた。)

ブリュッセル、また色々なお店が無くなって、こんな風に新しいのが出ていました。


18082012 (39)grasshopper

お水を買うためにブラブラしていたら、

とっても可愛いおもちゃ屋さん、”grasshopper ” を発見。

タナケがもうすぐゴッドマザーになるので、生まれてくる子のプレゼントを買うために覗いたのですが

可愛かったわ~。 結構な広さのお店で、日本人のお客さんも結構入っていました。

皆フラワーカーペットを見に来たんでしょうね。(*^_^*)  ちなみに場所はここ

どういうわけか初めて歩いたストリートだったのですが、またじっくり歩きたいな。


18082012 (40)

スーパーでお水をゲットしたあと、再度グランプラスを通過して一枚。

いや~とにかく暑かったです。

今年の七月は何十年か振り(?)の冷夏だって話でしたが、

この週末の暑さはオランダでも15年~振りの暑さだったそうです。

町中の日陰に立っている温度計が、34度を示していましたからね。


アントワープへ戻る際、ブリュッセル駅でフラペチーノを求めスタバに入ったけれど、

(なかなか暑くならないからフラペチーノを食べる機会も無いのよ。)

暑過ぎて売れまくりで、氷があと一時間待たないと出来ないって~。(゜o゜)


ということで、フラぺチーノは無しでタナケと三人でアントワープへ戻り、

タナケはジャズフェスティバルへ。

私たちは狐さんのジャケットをいくつか購入するためにアントワープの町へ出かけました。


狐さんってオランダ人では珍しく小柄で、身長が170センチ以下なものですから

世界一(?)身長が大きい国オランダでは全然サイズが無いのです!!!

移民が増えて小柄な男性も増えてきているのだからサイズ増やして欲しいな~。

ほんとね~、ハーグで青い目+ブロンドの小柄な男性を見つけたら、それは狐さんで間違いないね。


18082012 (42)

着いたアントワープ駅のスタバでやっぱりフラペチーノを購入し、

(凄く忙しそうでドリンクを作るスタッフ達は殺気立ち、戦場って感じでした。)

短い時間の中、目星を付けていたお洋服屋さん二件で上手いことスーツと単品ジャケットをゲットし、

暑さでヘトヘトで何だか食欲は湧かないけれど今食べないと・・・という時間になったので、

簡単なフリッツを晩御飯に。 オランダでは晩御飯にフリッツ、アリって知ってました?


そしたらなんだかブリュッセルでは暑さで食べられなかったワッフルが食べたくなり、

Desire de Lille へ。


メニューに ”牛乳ミント” みたいなのがあったから、オランダのミントティーみたいに

フレッシュなミントが入っているのかな~と思って注文してみたら・・・


18082012 (45)

なんだか昔懐かしの牛乳みたいなのが出てきました。(笑) 私は好きな味だったけれど!


Desire de Lille

ゆるく冷房が入っている店内で、さっぱりフルーツとアイスとクリームがのったワッフルをぺロリ!


18082012 (43)

狐さんはコーヒーが注がれたアイスでした。

店内には日本人女性のお客さんがこれまた何人かいました。(*^_^*)



アントワープ、一年に一回も来ないくらいですが、来る度に町が美しくなっているように思います。

以前、せっかくの建物とかが汚れていたり、使われていないまま放置されていたりして、

「もっと綺麗に出来ないのかな~。」 ってよく思っていたので嬉しいです。


ああ・・・
さら~っと日記を書きたいのに、いつもぶつぶつ書いちゃって長くなってしまいます。

次の日記はタナケの住む町の日記か、タナケの新居(バリバリ未完成だけど)日記です。<(_ _)>





クリック募金です。<(_ _)> <(_ _)>
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
  
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/09/08 00:10 】 | ベルギー :Belgium | コメント(5) | page top↑
美しいストリート、COGELS OSYLEIでたっぷりブランチ。
こんにちは~! (*^_^*)

沢山書くことがあるのでマメに更新!

ジャズフェスティバルの翌日は私の希望で

二年に一度のブリュッセルのフラワーカーペットを見に行ってきました。


その前にお友達のタナケが車で私たちをピックアップしてくれて、

アントワープの彼女の実家の近くにあるカフェで、彼女お気に入りの朝食を食べました。



18082012 (1)


運ばれてきたのを見てびっくり。。。 凄いボリュームです。

クロワッサン、目玉焼き、ミューズリーと果物ががっつり入ったヨーグルト。

パン、ハムとチーズ、そしてパンに塗るもの三種類くらい。

フレッシュオレンジジュース(これが今まで飲んだものの中でも凄く美味しかった)

そして温かいお飲み物。


18082012 (2)


朝ごはんセットは色々種類があって選べるのだけれど、

普段朝食を食べない狐さんでも、休日の朝(っていうかブランチだからね~)は

ヨーグルト、果物、卵としっかり食べます。

私もフルーツが食べたくてこれを選んだのだけれど、

そのフルーツとヨーグルトのボウルだけで満足するくらいのサイズでした。。。(゜o゜)


それなのに~


18082012 (3)


ちっこい甘いのも付いてきたよ!!!(゜o゜)

三人だから三つ出てきたんだけれど、タナケはお腹が一杯過ぎてギブ。

私だってお腹は一杯さ!!

しかし、オランダから美食の国に来ているワケで、朝食を残したってこれを味見しなくては!

全て半分に切って狐さんと分けわけしたのですが、

なんで見た目はこんなに素朴なのに、オランダのより旨いんだ。。。(゜o゜)タベテヨカッタ。


18082012 (6)


私たちの後から、地元の人でどんどん混みだしました。

カフェの名前は wattman

タナケ曰く、アントワープのストリートの中で最も美しいと言われる

COGELS OSYLEI というストリート沿いにあります。

小さなツアーの団体さんも見ました。

どんな風に美しいかは過去の日記に少しだけ出てきます。


18082012 (5)


カフェの真横の、その最も美しいストリートに車をとめていたタナケ。

「ここに停めてもいいの?」 と聞くと 「さあ!?」 だって。(笑)


本当は一気にフラワーカーペットまで書くつもりでしたが、きりがいいのでここでやめよう!








クリック募金です。<(_ _)> <(_ _)>
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
 

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/08/30 18:20 】 | ベルギー :Belgium | コメント(0) | page top↑
アントワープ。 トゥーツとの最高の夜。
こんにちは~!(*^_^*)

8月17日金曜日、

狐さんと三時頃に家を出て、アントワープへ行ってきました。

NS(オランダ鉄道)から送られてきた一日無料乗車券を使って行ってきました。

狐さんは定期券(オランダ中乗り放題)を会社から支給されているので、元々タダです。


ハーグからベルギーのアントワープまで、電車で1時間半という近さなのですが・・・

ま~~たオランダの電車はやってくれました~~~(>_<)

ということで、結局 2時間半掛かってアントワープに着きました。

17082012 (1)

↑ ロッテルダム駅でまさかの45分待ちのため、お茶・・・の様子。

(まあ、まさかでもないんだけれどね。)

この電車が遅れた話も、ちょっと聞いてよ!! って感じで書きたいのですが、

せっかく ”最高の夜” について書こうとしているのにNSの事を書くのはなんなので、

アントワープ終日の日記でまとめて書こうかな~。 (いらんっちゅ~の。)

ええ、帰りの電車もスムーズに行きませんでしたとも。。。(笑)


17082012 (2)

アントワープで、お友達のタナケと再会!(*^_^*)

彼女はハーグで学生をしていたことがあって、我々と同じく列車の旅にうんざりしていた人の一人です。

ロッテで私達が待たされるのは別にいいのだけれど、

彼女との待ち合わせ時間を一時間遅らせることになったのは痛かった。。。。


さて、↑ ここが何処かといいますと、Middelheim という公園の入り口?です。


17082012 (4)


私たちが金曜からアントワープへ来た理由は、ジャズのフェスティバル、

ジャズ ミドルハイム :Jazz Middelheim  が、この公園内であるからでした。

jazz middelheim のHPは こんな感じ



タナケのお母さん、お兄ちゃんとそのお友達が既に公園で場所を取っておいてくれました。

私たちが到着したのは19時くらいだったのだけれど、

この日は昼の15時半という早い時間から、既にフェスティバルは始まっているのです。



17082012 (6)


四日間続くフェスティバルのこの日のメインは、21時半からスタートの 

ハーモニカで有名なベルギー人、 トゥーツ・シールマンス : Toots Thielemans です。 


ジャズを聴きに行く・・・ってなると、「ジャズが好きなの?」 と思われそうですが、

ジャンルとしてはもちろん好きだけれど、特に普段から聞いたりはしていないし、

ジャズで有名な人も全・・・く知りません。


この超~~有名なトゥーツおじさんの事も全く知りませんでした。

(↑ こんな事を堂々と書いたらファンの方に怒られそう? ^_^;

  いつも、こんな自分がこんな機会を与えてもらって・・・と、申し訳なくなります。)



ところで、公園は思ったよりは広くありませんでした。(ハーグの公園の感覚だと。)

↑ こうやって見ると凄く混んでいる様に見えますが、これは場所がいいからってだけで、

19時でもまだまだ敷物を広げることが出来る場所は沢山あいていました。


ジャズが好きな日本人とか来るだろうな~と思いましたが、アジア人は全く見なかったな。


17082012 (8)

ジャズの生演奏が心地よく流れる中、すっかりいい気持ちになっていましたが

(飲んでいるのはオレンジジュースだったけれど)

トゥーツ登場まであと一時間となったので、↑ 晩御飯購入のために列に並びました。

左から、

ハンバーガー、 イタリアン、 スープ、 インディアンカリー、サラダ・・・

味はまあまあですね。(*^_^*)


17082012 (9)

あちこちに私たち夫婦が大好きなベルギービール、Duvelが立っていました。

(オランダのスーパーでも普通に買えますけれどね。)

しかし、ビールもそうだけれど、ワインのグラスもプラではなくってグラスってうのが

いいですね~。


17082012 (10)


いよいよ21時半になり、モニターにトゥーツのドキュメンタリーの色々なクリップが。

その中に、トゥーツ in 日本 の映像も結構出てきてびっくり。

彼も東北の震災に心を痛め、音楽での何か活動をして下さったようでした。

ああ、知らないだけで本当に多くの方が色々して下さっているのだな・・・と、ジーン。。。


17082012 (11)

トゥーツおじさん、なんと現在90歳!!!

もう15年も毎年このフェスティバルに来ているタナケのお兄さんが

「登場するまでに30分掛かるかも?」 なんて笑って言っていました。

タナケも、

「毎年、彼を見ることが出来るのはこれが最後かもな・・・って思ったりもするけれど。(笑)」

と、笑っていました。 トゥーツおじさん、元気で嬉しいです!!!(*^_^*)



では、皆様にもトゥーツの有名な曲を。。。

 

youtube  Toots Thielemans - Bluesette 



トゥーツ、次に演奏する曲についてのエピソードを毎回少しだけ話してくれるのですが、


彼はもう何十年も前にNYに移住しているので、オラ語で話している最中に

何かしらのきっかけで英語に変わってしまい、またオラ語に戻ったりしている!!(笑)


エピソードの話も、 数年前とか、何年か前・・・ みたいな言い方をしながら、

「といっても25年前だけれど。」 って笑ったり、

いつの事だったか何の時の事だったか思い出せ無かったりと、

90歳らしく皆を楽しく沸かせてくれました!!!

日本から映画の曲を頼まれて作ったのがこの曲(youtube←田中裕子が可愛すぎる。) 

という話も出てきましたよ!(*^_^*)



17082012 (12)


↑ 白いライトの中心にある柱のようなものの真横右側にいるのが彼です。


彼の音楽を愛する気持ちと、この瞬間を心から楽しんでいる気持ちが

そのまま彼の息を通してハーモニカの音色から伝わってきます。


 17082012 (14)


初めて聞く曲ばかりだったけれど、どの曲も本当に美しかった。。。

音楽によって、こ~~んな幸せな気持ちで満たされるのは久し振りでした。


エピソードの最中は、「あれ?いつだっけ?なんだっけ?」 を繰り返すじい様でしたが、

音楽では 90歳でここまで出来るものなのか・・・(゜o゜) というくらい素晴らしく、 

すっかり魅了されました。

途中で、あれ??って事もあったけれど、お客さんが一斉に口笛でカバーしたりと、

も~~う、愛がいっぱいなのよ!!!!!

素晴らしい夜に、うっ・・・とり。 忘れられない良い思い出がまた出来ました。(*^_^*)



最後の曲が終わり、皆立ち上がってアンコール。

メンバーに両端を支えられて立ち上がるトゥーツ、アンコールを一曲やってくれました。

皆気持ちよく体を揺らし、音楽に身をゆだねていました。


もう一回アンコール!! を送りましたが、流石に終了しました。90歳ですよ!!(*^_^*)

チャーミングで誰からも愛されるトゥーツ、最高でした!!!!!

本当に特別で、皆の宝物のような人。 どうぞ長生きしてください!!!



17082012 (17)


目玉のトゥーツが終わって、この日のフェスティバルも終了したのですが、

面白かったのが、お酒も食べ物もまだ売られ続けて、多くの人がお喋りをしたりして

しばらく公園に残っていたこと。

↑ タナケの家族やお友達も、偶然公園内で会ったお友達とおしゃべり。

時間は23時を過ぎていました。


17082012 (18)


外から見ていた会場内は、こんな感じでした。↑

黒く囲んである中心の部分だけがVIP席だと思います。


17082012 (20)

人が少なくなったドリンク売り場。


17082012 (21)



17082012 (22)

ING(オランダの保険会社)によるトイレ。

INGの下には便器掃除のブラシが飾りとしてぶら下げてあります。。。(^^ゞ

VIPと書いてありますが、皆様VIPです! ってことで、誰でも使えます。


タナケの家族に素晴らしい夜を有難う!!!と御礼を言って、ホテルに帰りました。

タナケに誘われ、何にでも興味がある私たち夫婦はこうしてジョインしてみたわけですが、

何にでも興味がある性格って、やっぱり得だと思う~。(*^_^*)


17082012 (23)

このミドルハイムという公園ですが、 

他にもいくつかの大きな公園が隣り合っていて、その中に美術館があったり、

子供が遊べる大きめなアスレチックとカフェが一緒にあったりと

どうやら凄く大きくて美しい公園の集まりのようでした。

昼間に見る時間が無かったのが残念。 また次の機会に!(*^_^*)


17082012 (24)

泊まったホテルは、地図上で見ると公園から凄くそばのCrowne Plaza。

ジャズフェスティバルで演奏した方々も泊まっているそうです。

実際にどれだけ近いのかは、タナケの車に乗ってしまって歩いていないので分かりません。

私たちは日本で言う三階の部屋だったのですが、

ハイウェイが目の前で、ダブルグラスの窓なのに外の車の走る音が寝る際に気になりました。


17082012 (25)

汚くはないのだけれど、ちゃんと細かくお掃除しているのかな。。と気になったお風呂場。(笑)

値段も特に高くないホテルだったし、こんなもんだと思います。



ジャズフェスティバルは野外なので、ころころ変わる天気予報を見つつ、

結局チケットを取ったのは3日前くらい。 ホテルもそれくらい直前に取った事になります。

日本だったら、

そんなギリにこんな四日間も続くフェスティバルの近くの宿なんて取れないでしょ??

って感じですが、狐さん曰く、

わざわざ遠くからホテルを取ってまでしてくるお客は少ないそうです。


こっちだと無料のフェスティバルも多いし、来ているのは大抵ジャズが好きな地元の人だそうです。

若者はホテルに泊まらずに朝まで飲んで電車で帰るし・・・とのこと。なるほど。

ちなみにそこらのバーで、出演者の方々がセッションしたり・・・ってことも良くあるそうです!!

凄い地元のフェスティバル~って感じですよね。(笑)


タナケ曰く、最近ではジャズフェスティバルといっても本当にジャズだけっていうのは

あまり無いらしく、このミドルハイムのフェスティバルはその点貴重だそうです。

ちなみに翌日の目玉は PAOLO CONTE という方。

これまた凄く有名で、狐さんは翌日もチケット取っちゃう?? っていう気でしたが、

私は全然知らないし、そもそも二日間分のチケット×二人分というのは

予算的に厳しい!(我々の場合ね。)ということでやめました。

市がやっているフェスティバルの割には高いな~って狐さんは言っていたけれど、

トゥーツの演奏が一時間ほど含まれていると思うと、どう考えたって安いでしょ。。。

逆に日本はこういった芸術観賞が高過ぎますしね。

四日間通して行けるチケットも、私たちの感覚だと高いけれど、

日本人でジャズ好きな方からしたら、安い~~~!!! なんだと思います。 

興味がある方は、是非!!(*^_^*)



と、なんだかどえらい長い日記になってしまいましたね。(^^ゞ

次はブリュッセルのフラワーカーペットを見に行ったお話です。

もっとあっさり書けるといいな~。





クリック募金です。<(_ _)> <(_ _)>
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
 
 

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2012/08/28 01:26 】 | ベルギー :Belgium | コメント(0) | page top↑
期間限定オープンの ラーケン王宮温室
こんにちは~!

いや~~日本、凄かったですね~!!!!!

私たちもTVの前で見ましたよ!

急に思い立って、お友達ご夫婦の家に見に行きました。
狐さんと二人でゲームを見ても面白くないよな~~と思って。
(狐さんも特にサッカーファンってわけでもないし)


こんなことってあるんだ!!! ってくらいの素晴らしい展開に、
も~~~~~大興奮でした。(*^_^*) 

ここまで来たら、勝ってくれえええ~~~って一生懸命念力送ってたけど、

優勝なんて・・・凄すぎる・・・!!!!!


日本の皆さんは、早朝だけれど見てたかな??

お母さん、サッカーファンだけど見てたかな? 
同じく超サッカーファンの妹の旦那さんは・・・
フロリダねずみーに旅行中だから見れてないか~~!


オランダではドイツと同じで20時45分からのスタートだったのですが、
確か終わったのが0時頃。

ギャーギャーのど痛めるほど叫んで立ち上がってバタバタして、
えらい近所迷惑だったかな。^_^;

(最初、興奮のあまり立ち上がったとき、足元のワンワンの存在忘れて
 ボイ~ンってやっちゃったし!(>_<) 


家に帰っても興奮覚めやらず、なかなか寝付けませんでしたよ~~


選手のみなさん、ほんとうにほんとうに有難う~~~~!!!!!

日本に元気を与えてくれましたね!!!


さて、

では全然関係無いベルギーの王宮温室のお話!(*^。^*)


MってィとAたちの二人とブリュッセルでバイバイした5月1日、

まだお昼だったので、ずっと気になっていたラーケン王宮温室へ行くことに。

01052011 (1)

↑メトロだっけ?トラム?の切符を買っているところ。

青色の旗マークのボタンで言語が変わるみたい。右のをぐるぐる回すの。


01052011 (2)

温室へ行く途中、


01052011 (3)

立・・・派なアジアン建築が!!!


01052011 (4)

ちらっと中を覗いたら、豪華だったんです↑ これを見にまた来たいな~~。


01052011 (6)

こちらがラーケン王宮温室です。到着!


01052011 (5)

普通の温室とは違って、上品な感じでしょうか。


01052011 (7)

でも、あんまりぱっとしないね~ と話しながら次の温室へ移動。


01052011 (8)

綺麗~♪(*^_^*) 女性の綺麗なドレスとよく合ってる~~♪

お、なんかこっちの温室はお花も多そうよ~♪


01052011 (9)



01052011 (11)

おお~~~。もりもりで綺麗!!! つつじっぽいですね。


01052011 (12)

もりっ。


01052011 (10)

あら~~

01052011 (18)

こういう風に手すりの外側に植えるの、素敵過ぎ~~~~(*^。^*)

真似したくてもまね出来る庭がないしな~~。(その前に手入れする根性が無い。)


01052011 (14)

人も結構入ってましたよ~~。

この温室は期間限定で、一般公開されるのは
毎年春に3週間程度? のみなのです。


01052011 (13)

かわいすぎる。。。



01052011 (15)



01052011 (16)

上の写真二つは、これ以上奥に進めないから人が写っていないの。(*^_^*)


01052011 (17)

これ!↑凄く綺麗!くっきり色が分かれています。

これを植えたら雑草は生えてこないのかな~と考えつつ、
温室内だから雑草が生えてこないだけなのか・・・? と考えてみたり。


01052011 (19)

↑この壁につたっているのも良かったな~~。


01052011 (20)

近くで見るとこんな感じです。 涼しげかも!


01052011 (21)

なんと、日本にもあるのですか!

調べたら出てきました。Ficus pumila:オオイタビ

ちなみに↑JAPと書いてあるけれど、

英語圏じゃないからか差別用語という扱いでもないのです。
声に出して読んだとしても(表示だから普通読まないけど)ヤップとかで違うし。



01052011 (22)

↑これなんか、洋館に飾られてる鹿の頭みたいでした。 いくつかあったの。



01052011 (23)

この壁なんかも素敵じゃな~~~い


01052011 (24)

とにかくお上品な温室でした。


01052011 (26)



01052011 (25)

こちらに住んでいる方にはお勧め♪ 出来ますが、

時間が無くってばたばたとヨーロッパ旅行される方だったら、
飛ばしてもいい感じかな。


01052011 (27)

↑確かピーチスキンみたいになっていた気が。
写真だとぱっとしないけれど、とっても綺麗なお花でした。


01052011 (28)

ということで、温室はおしまい!

HPはこちら☆→ROYAL GREENHOUSES OF LAEKEN


この辺でランチ出来る所は無いか? って聞いてみたら、

原子のアレの辺りって言われたので、せっかくだから行くことに。


01052011 (29)

ど、どんな道とおって行くのよ?


01052011 (30)

見えた!↑原子の!

・・・近いんだか遠いんだか。


01052011 (31)

アトミウム:Atomium です!初めて実物見ました。

丸いのは部屋になっていて、細いところはエスカレーターが通っているらしい。


01052011 (32)

・・・ってだけあって、デカいですね。

そして美しい!!!(って感じるなんて思ってもみなかった。)


01052011 (33)


アトミウムの辺りはカフェは一つくらいあったけれど、
ちゃんと食べられるところは見かけなくって、

インフォメーションに聞いてみても無愛想に あるけど予約がいる って言われ、
別の人に聞いたら確かあっちの方にあると言われてまた歩く・・・。



01052011 (34)

やっと見つけたのは、アミューズメントパーク内?にある屋外のレストラン街でした。
アミューズメントパーク内っぽいんだけれど、入るのは無料でした。

このごはんがおいしくなくって・・・^_^; (というか美味しそうな店が無かった・・・。)



帰り、ベルギーからオランダに戻る電車はよく予告無しに走らなかったりするので、
夕方頃には駅に着いていたのですが・・・

やっぱり電車が出ない~~~。 (もう”やっぱり”ってくらいよくある。)

01052011 (35)

ということで、次の電車まで一時間お茶して待つことに・・・。

同じ理由でこのタンタンのいるカフェに来るの、2回目?三回目??(苦笑)

狐さんと来るのは初めてだけれど、過去に女の子とここで電車待ちました。

このカフェの場所は、
ブリュッセル駅構内の、カフェやファーストフードなんかがある辺りの出口から出て、
道路を挟んだ向こう側です。 駅から目と鼻の先です。 トイレもあるしね。(笑)



一本電車をすっ飛ばされた後は当然混むので、
一等車にしておいて本当によかった~~~~(>_<) と思ったのでした。


日本のように便利ではないヨーロッパでの電車旅行、

日本のようにはいかんぜよ!!!



クリック募金です。<(_ _)> <(_ _)>
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。

JWordクリック募金
            

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2011/07/19 21:25 】 | ベルギー :Belgium | コメント(0) | page top↑
最終日。~ブリュッセルと、カフェへの駄目出し!
こんにちは~!

日本から来てくれたお友達との旅日記、最終回です!

ブルージュのお店をぶらぶら。


mabuakiblog4 (1)

チョコレート屋さんにあったカカオ。 初めて本物の実を見ました!

これが人の手で集められて、チョコレートになるのですね・・・ ありがたや・・・。


mabuakiblog4 (3)

「そういえばここって・・・」 と入ってみたチョコレート屋さん。

24歳の頃に、レース屋さんにお気に入りのチョコレート屋さんはどこかと聞いて
教えてもらったお店でした。


mabuakiblog4 (2)

ピルケースのような缶に一粒入ったチョコレートが可愛い。

ジンジャー入りチョコを買ったのですが、

シロップ漬けか何かのがっつりとした生姜の塊にチョコがコーティングしてあって・・・
「・・・・。」という味でした。 選択ミスだった!(笑)


mabuakiblog4 (4)

アンティークも扱ったレースのお店に飾ってあったベール。

mabuakiblog4 (5)

とても美しかったけれど、ここのお店はすべてが高級そうでした。

ブルージュのレースも、機械とボビンでの手編みとがあり、値段が全然違います。

「デルフト焼きと一緒だね~。」と、しみじみ言うAたち。

デルフト焼きの陶器の絵付けも、プリントと手書きとでは見て違いが分かるほどです。
目で見て違いに気付かなくっても、お値段を見たら気付きます。(*^_^*)


mabuakiblog4 (6)

前回時間が無くって入れなかった聖血礼拝堂。

Mってぃさん、今回は入れました! 

美しいので時間がある方は是非中に入られるといいと思います。

キリストの血がここに奉納されているらしく(本当に本人の血なのかいな)
血が入ったカプセルのような物をいつもしまってある場所から出すという儀式が
この日?か前日?か忘れたけれど、行われていたようです。


mabuakiblog4 (7)

とりあえず見るべき物を見たので、休憩~~☆

ビールが苦手なMってぃさんは、今度はさくらんぼのビール。
これはオランダのバーでも扱っているところがあります。


mabuakiblog4 (8)

狐さんとAたちはブルージュのビール。


mabuakiblog4 (9)

泡あわに名前が綺麗に写っていたので一枚。


mabuakiblog4 (10)

帰りはここでもお買い物。

バター飴のような凄く甘いアイスクリームを買って、食べながら駅へ向かいました。


mabuakiblog4 (11)


mabuakiblog4 (12)

ブルージュ、見納めです。


mabuakiblog4 (13)

愛の湖辺りを通って帰ります。


mabuakiblog4(14-2).jpg

あちこちで可愛い雛も見ました。

mabuakiblog4 (14)

拡大! 


mabuakiblog4 (15)

白鳥と巣です。

卵を抱いているのかな・・・なんて勝手に想像すると、余計に美しい。


mabuakiblog4 (16)


mabuakiblog4 (17)

可愛いよね~~~


はい、そしてまたブリュッセルへ戻ります!

晩御飯はayuponさんもお勧めの chez LEON へ。


mabuakiblog4 (18)

ムール貝が美味しいことで有名で、ガイドブックにも載っており、
オランダに住んでいる日本人にも評判の良いお店です。


凄い数の席があり、でも凄く混んでいて大繁盛。 慌しいお店でした。
ヨーロッパらしからぬ、ガチャガチャした中で味を楽しんで帰る・・・ といった、
どっちかっていうと中華料理屋な雰囲気。(笑)

私の向いに座っていた狐さんが、
「地元のおじさん連中らしき人たちが、がばっときて、
   皆してムール貝セットをがばっと食べて今去って行ったよ。。。」
と言っていました。
それが本当だったら・・・ラーメン屋のノリってこと?(笑)

それもそのはず? 一人前のムール貝+パン+ポテト+ビール一杯。
というお得なセットがありました。

魚介が駄目な狐さんは、「でも他のメニューは美味しそうじゃないし・・・。」
と、結局何も頼まなかったけれど

私があげたムール貝を「美味しい美味しい!」と食べていて、
僕だって結構魚介を食べることが出来る!という自信も大分付いてきたみたい。


確かに、今まで食べたムール貝の中で一番美味しかったです。うむ。




mabuakiblog4 (21)

夜のグランプラス。

冬のグランプラスは色々な色のライトアップで彩られていて美しいのですが、
黄色い照明で温かみのあるグランプラスもまた素敵。


mabuakiblog4 (19)

皆して、しゃしんしゃしん!


mabuakiblog4 (20)

昔はこれよりももっと少ない街灯だったんでしょうね。

それもまた素敵そう・・・


mabuakiblog4 (22)


mabuakiblog4 (23)


mabuakiblog4 (24)

まだちょっと時間があるから、お買い物。

あっちこちにあるLa Belgique gourmande というお店で
前回Mってぃさんと来た時に味見して、美味しかったけれど買わずに帰った
三角のカシス味?のお菓子を今回は購入。
でもやっぱりいくつもは食べられない味でした。

狐さんはその辺ででっかいフリッツやらを買って晩御飯にしていました。^_^;


翌朝。


狐さんをホテルで寝かせっぱなしにして、
女の子達だけでスイーツのお店探しに行ってきました。


mabuakiblog4 (26)

まずはガイドブックに載っていたというワッフルのお店へ。
駅からグランプラスに行くまでに、必ず視界に入る看板のお店です。


朝食にと入ったんだけれど、

Aたちも私も朝からいきなりワッフルは、胃がノってきません。

mabuakiblog4 (25)

だからサンドイッチも頼んでみた。


ここのお店で思い出した、普段オランダで感じていることをちょっと書いてみようと思います。

日本って、食事をするお店で席に着くと、かなりすぐメニューやお水が来ますよね。

でも、オランダではそうでもありません。 

だから、席に着いたらそういった事は気にせずにしばらくおしゃべりをしているか、
ぼ~っとしてお店の人が来るのを待ちます。


慣れるまでは、定員さんを探すためにキョロキョロしていたけれど
今では私も大分ゆったりしたように思います。

だからなのか、たまに日本人とお店に入って、お友達がせかせかとお店の人を探すと
「ああ、そうだよな~」 と、そういった違いの事を思い出したりします。

このワッフルのお店でもそうでした。

ただ、この時は時間がたっぷりあったわけでもなく、実際せかせかしていたのです。

なかなかメニューが来ないのだけれど、
日本人が3人集まると、三人で定員さんに目配せしてしまうため、

メニューを取りに来た店員さんに
「リラーックスリラーックス。 日本人はいつもそうなの?」
と聞かれてしまいました。

事実そうなので、まぁ日本人の習慣ですね。 と答えておいたのですが

その後ワッフルとパンの来るのが遅いこと遅いこと!!

ワッフルは焼かなくっちゃいけないから5分くらい余分に掛かる事は分かっているけれど、
そんなもんじゃなかったです。
お客さんが多いわけでもなく、忙しくもしていないのに。 

店員さんの動きもスロ~。

30分あれば店を出られると思っていたのに、大分時間を取られてしまいました。

こんなことなら ”日本人の習慣” ではなくって ”急いでいるから” といえば良かったわ~。

しかもさっきの店員さんが運んできたのは頼んだカフェラテではなくってコーヒーで、
違っていると伝えると、
「あ、ミルク足すよ。」 って言われたので
(ミルク足す?? 作り直す・・の言い間違いだよね・・・。)←と心で思った。

そしてカフェラテが美味しくない! 何でなんだろう、これで二回目。
たまたまおいしくなかったのか?それともオランダのが美味しいってだけ?

と、なんだかあたしはちょっとモヤモヤ。 

プラス、残念だったのがワッフルの味がいまいちだったこと。

地元ハーグのオーストラリアンアイスクリームショップ(という名のベルギーのお店)
で、これよりも美味しい焼きたてベルギーワッフルが食べられるのです。

私が納得行くワッフルをまだ食べていないAたちには、
申し訳ないけれどもう一度来て食べてもらうしかないな。(笑)


mabuakiblog4 (27)

ところで、

前回Mってぃさんが一人で来てくれた時に食べた美味しいワッフル屋さんが
グランプラスの中華料理屋 ”sin-ya” の向いにあったのですが・・・


mabuakiblog4 (28)

新ya、なくなってたわ!!!

あちこちにあるクッキー屋さんになってた!

そんでもって美味しいElisabethのワッフル屋も無くなって!いて、
変わりにハーゲンダッツがそこに入ってワッフルを売っていて・・・

どうなったの?? と思って、その2軒隣?のElisabethのチョコレート屋さんに聞いたら

「あれはElisabethがハーゲンダッツになっただけで、ワッフルは同じうちのなのよ~♪」

とのことでした! 良かった~~。(*^_^*)


その後、どんどこ歩いてピエールマルコリーニへ。


mabuakiblog4 (29)

グラン・サブロンというスクエアーの辺の
ゴディバに入り、ピエールマルコリーニも2軒入り(売っているものが違う) 
と、お買い物をして、

mabuakiblog4 (30)

そしてヴィタメールでお茶休憩!

Aたち、そんなに甘いものばかり食べられないよね・・・^_^;
やっぱり甘いものは無理して食べちゃあだめだな。
(↑いつもそう思うけど旅先で繰り返している。)

ちなみにMってぃは、甘いものはまあ大丈夫だけれど、
ひたすら続くパン+洋食がしんどかったみたい。 米くれ~~っていうね。
そりゃそうだよね、だからツアーだと間に中華料理が入ったりするんだもん。

ところで、
ヴィタメールの店員さんもすっごく時間が掛かって、(オランダどころじゃない)
多分人が足りないだけだと思うんだけれど、ケーキとお茶だけなのに凄く時間が掛かりました。

(しかもひとつ間違った種類のお茶が来て、私のコーヒーは忘れられてた・・・。)


と、せっかくお友達が来てくれた旅行の日記なのに、色々ダメ出ししてしまいましたが^_^;

その時そのことでぷんぷんしていたわけでは全くないのだけれど、
旅行者気分バリバリでベルギー来ている訳ではない自分は
冷静に気になる部分をこうやって後からぶつぶつ言ってしまいたくなるのである。(苦笑)


mabuakiblog4 (32)


とはいえ、二人に来てもらって過ごした3日間とちょっとはすっ・・ごく楽しくって、

一緒に旅行が出来て本当に良かったです。

↑上の写真はブリュッセル駅での記念撮影。

こうして写真を狐さんに撮ってもらってから、ここで二人とお別れしたのだけれど、

日本から一人だけお友達が来るのとか、お友達夫婦が来るのと違って、
日本で遊んでいた女の子二人が一緒に来ると、
私の気持ちも日本の感覚に戻るところがあり、
そして彼女たちがそんな私の感覚も一緒に連れてその場から急に去ってしまうと、
日本を離れる時のようなとっても寂しい気持ちが残り、
バイバイした後は、涙がダ~~~っ・・・ となったのでした。。。 

そんな時は、オランダにだって文句なしで仲良しなお友達がいるんだから!!
と考えるようにします。
そして日本に帰ったら、また遊んでね、Mってぃ、Aたち☆☆


それから彼女たちはパリ行きの列車、タリスに乗り
パリではじけて、モンサンミッシェルで感動して絵葉書を送ってくれたりして、
何事も無く無事に日本へ戻りました。

良かった~~。


私達はというと、二人と別れた後はまだお昼頃だったので、
 ”ラーケン王宮温室” へ行ってきました。
次の日記はそれになるかもしれません。


ところで

3年もオランダに住んでいてまだ一度も食べたことがないピエールマルコリーニ
のチョコを、私も買ってみました。

ベルギーのチョコはオランダでも大抵買えて、日本と比べると凄くお値打ちなのだけれど・・・

ピエールマルコリーニ、高いね!(笑)

親指の先ほどのサイズの薄~いチョコ一枚が、一ユーロ近いお値段でした。
名古屋にもお店があるけれど、一体いくらで売られているのだろう・・・。


oya2.jpg

なので、スパイシーなチョコ16個入りのと、(その薄~いやつね。)
エクレア ”のみ” 購入。

よく分からないものにはお金を使えない、(←マルコリーニ氏に対してなんて言い草!!・笑)
堅実な愛知県民性がここにも出とるね。

しかし、家に帰って狐さんと食べたら、美味しくってふんぞり返りそうな勢いでした。

ああ、次に行ったときは必ずエクレアとケーキを購入しようと思います。
カフェが無くってその場で食べられないのが残念。

チョコも凄く美味しいのだけれど、
私は他の美味しいチョコで十分満足だな。


ところで、今お隣ドイツでは、O157やEHECという菌で10人もの方が亡くなり、
オランダでも患者さんが出ていて、大変なことになっています。

詳しくはポートフォリオにも載っています。

そして同じくポートフォリオで、
被災者追悼コンサートにオランダの王子と王女参列
という記事も載っていました。

火曜日にアムスのコンセルトヘボウで開催されたのです。

被災地の方々に十分なお金の援助が行っていない事を考えると、胸が苦しくなります。

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2011/06/02 07:06 】 | ベルギー :Belgium | コメント(8) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。