スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
オランダの家 ガッツリ改装前→改装後。
こんにちは~!

今日はおばあちゃんの四十九日でした。(*^_^*)


もちろんばあ様がいってまったのは悲しいけれど、

親戚が集まってわいのわいのとかなり盛り上がり、楽しい時間を過ごしたみたい!

おばあちゃんもきっとそれ見て笑っているよね~。(*^_^*)


四十九日で親戚同士が話を弾ませ、笑うことが出来るのも、

ばあ様が88歳まで生きて、大往生だったおかげ様ですね。



28042008 (9)

さて、 ↑ これは2008年の写真なのですが、

スケベ(という地域)に住んでいて、ずっと家の改装をし続けている
お友達に会ってきました!(*^_^*)


08022012 (1)

久し振り~~!!!

改装はもうほぼ完成で、一枚目の写真の玄関も完成していました。
(天井は配線むき出し状態だったけれど。)


08022012 (3)

今日は、そんなお友達ファミリーの新メンバー、

娘ちゃんとの初対面! をしてきました~♪♪(*^_^*)


08022012 (5)



08022012 (7) 


ひょ~~~~~ 可愛い!!!!!

ここのお友達に限らず、私たちのオランダ人のお友達は皆

私が子供好きって知っているからなのか何なのか

ず~~~~~・・・ っと赤ちゃんを抱かせといてくれます。(笑) 嬉しい。(笑)


08022012 (2)

前に我が家で一日預かった長男くんは、

↑ ず~~~~ っとハニカミ王子状態!!!(笑)

でも、プレゼントした車を 「嬉しい。」って言ってくれて、
ず~~っと遊んでてくれたよ。(*^_^*) 

一緒に遊べたのは帰る直前だったけれどね。(^^ゞ 
 
(長男君と坊さまと太郎ちゃんの一年以上前の写真 見つけた。)


ではでは~ 
早速改装ビフォーアフターを見てみましょう!


28042008 (7)

 ↑ こちらが2008年の頃のリビング。


08022012 (8)

こちらが現在!(*^_^*)  全体写真を撮り忘れたけれどね~。

↑オモチャの車とハニカミ中♪(笑)



08022012 (11)

↑ 薪ストーブがあります。点けているところ。


次は上の階を見てみましょう。

 
28042008 (4)

2008年の写真↑ この時はまだ古いままでした。

水が使えて、ここでお茶を作って出してくれていました。



08022012 (19)

↑ そしてコレが現在。 

収納スペースに変わりました!


そして右手の部屋は・・・


28042008 (2)

2008年の頃はリビングとして使っていました。(これしか写真が無かった~。)

この時、下の階はまるっと改装中だったので、ここが居住スペースだったの。

バストイレもこのフロアに完成しています。

そしてここは今・・・


08022012 (13)

子供部屋に!(*^_^*) 


08022012 (12)

ところでこの右側の扉の部分分かります~??



08022012 (15)

昔ながらのオランダのベッドです。(*^_^*) 寝るときに戸を閉めるのよ。


28042008 (1)

2008年の時は↑物置状態。 長男君もまだ居なかったからね~。



08022012 (18)

前に来たときは無かった娘ちゃんのベビーベッドも加わりました。(*^_^*)

 
ではでは、もう一つ上の3階(日本で言う)に行ってみましょう!


28042008 (3)

これは2008年の時の階段~♪

左手に見て! 押入れみたいなのがあるでしょ~♪


28042008 (5)

↑ ハートマークに穴が開いていて、ハイジっぽくない~???

(って、ハイジにハートマークは出てこないっけ?(^^ゞ)


そして現在は・・・


08022012 (20)

↑ あら~~こんな風に変わりました!!押入れもまだあるよ!

なんかさ~、こうやって↑家族が増えていく過程を見ると、

幸福な気持ちで一杯になっちゃうわ~~。(*^_^*)



08022012 (21)

3階は、主寝室でした!

オランダでは、(多分周りのヨーロッパも)
子供の寝る場所と夫婦の寝る場所がきっちり分かれているんですね~。


08022012 (25)

でも、娘ちゃんはまだ小さいから夜は一緒です。
ミルクをあげないといけないしね~。



08022012 (26)

こんな感じで、小振りの寝室♪♪


ではでは、一階に戻ってキッチン見てみましょうキッチン!

まずは2008年!



28042008 (10)

キッチンっていうか、まだほとんど手を付けていない状態だったからか
これしか写真が無いわ~。


そして現在は~~


08022012 (27)

素敵なキッチンです♪ タイルがいいよね~~~。

このタイルはもともとこの家の、確か玄関らへんに敷いてあったタイルで

はがしてこっちに持ってきたのだと思います。


28042008 (12)

この家のあちこちにはまっているステンドグラス。



オランダの冬は寒いので、多くの家の窓がダブルグラスです。

窓ガラスが二重になっていて、ガラスとガラスの間に隙間があるの。


でも、この家はステンドグラスの部分を含む多くの窓がまだダブルになっていないらしく、

今年の冬は寒かったって~~~(>_<)


日本にも普及してきている二重のガラス、かなりエコだしオススメです!!



28042008 (8)

↑ これは2008年の時に撮った地下。

パパママの家にもあって、小さなスペースなのだけれど

これまた昔ながらで、お野菜とかワインとかを置いておくのに便利ですよね~!(*^_^*)



28042008 (11)

↑この写真の左側の扉が裏口で、
開けると、4つ前の写真の小さなお庭スペースに入ります。


そしてその向い側にある右手の扉は・・・


28042008 (13)

こんな感じでこれまたオランダチック。 昔ながらの扉です。

上下ばらばらで開閉できて、上だけ開けてご近所さん同士が立ち話~とかね♪



ということで、

こんな感じで終わっちゃいましたが、ビフォーアフターどうだったでしょうか?

二人とも休みを使って作業して、よくぞここまで頑張りました!!
という感じで、あっぱれです!!!


オランダの家は、ほとんどが三匹の子ぶたのレンガの家みたいな感じです。

そして、建てた家が古くなっても基本価値は変わらず、
(今は価値が下がっちゃって大変なんだけれど)

彼らみたいに中を好きなように改装して住み続けます。


内装がまだ新しいかどうかで家の値段も変わってくるので、

内装がとても古い代わりにお値打ちな家を購入し、

全部新しくしてから好みのキッチンを入れて~、 お風呂やトイレを入れて~。

って、自分の好きなように変えてしまうのもいいですよね。

でもそれをやっているから彼らは凄く時間が掛かっているのだけれど。(^^ゞ


そう、オランダでは、彼らのように出来る部分は全部自分でやっちゃうDIYは当たり前!

DIYが好きな人は、オランダのそういうお店を見るのも面白いかも知れませんね。(*^_^*)



08022012 (9)



08022012 (10)

ママの美しさですね!!!


実は狐さんの二人目の彼女だったりしたんですが(あ、ばらしちゃった。)

可愛くて、さっぱりした性格の彼女、好きです!(*^_^*)


ちなみに、彼らがこの家の前に住んでいたのは、こんな モダンな家でした。

モデルさんだった頃の彼女の写真も載っています。(*^_^*)


彼らの家は住めるようにはなっているものの、まだまだ作業があるんだって~。(>_<)

早くパーフェクトになりますように!!!



そして、オランダ時間だと明日は 雛祭り。

この前のお葬式の際にデジカメで撮った、私の初めての桃の節句写真~~



25012012 (65)



25012012 (67)
 

可愛かったでしょ、この頃は!!???!!!(自分で言うなって?)

・・・今と全然違う顔してるよね~~~(゜o゜)


皆様、良い週末を!!!





クリック募金です。<(_ _)> <(_ _)>
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
  
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2012/03/03 03:55 】 | オランダ 住宅 | コメント(2) | page top↑
前に住んでいた家 の続き。

こんにちは~!

オランダの住宅。 前に住んでいた家の続きです。

dutch house (11)

左に見えるのが階段、左側のドアがバスルーム、右側が寝室。

階段の横にある大きな窓ですが・・・

dutch house (12)

擦りガラスではっきりと外が見えませんが、窓越しにお隣の家を見ると
お隣にもこちらと向かい合わせで、同じくらい大きな窓があるのが見えます。

この手すりの手前にPCデスクを置いていたのですが、

夜、このPCと向かい合っていると、右目の端からスッポンポンの男性が
ダダダァ~と下に下りていくのがたまに見えたりしました。

あっちも擦りガラスだし、細部は見えないからいいのですが。(笑)
シャワーが上で、寝室が下の階にあるのでしょうか。

dutch house (13)dutch house (14)

バスルームです。

ちなみに、白とオレンジの床は、ビニール製であります。(ビニ~ルだよ、ビニ~ル。)

この家、おかしなつくりなので、バスルームがベッドルームくらいデカイです。
ひとつの部屋の左にトイレ、右にはシャワーとバスタブ。

ところで
一軒家や、割と最近に建てられたアパート・マンション以外は
トイレとシャワーがこのように別れていない場合が多いと思います。

又、この家は前のオーナーのお嬢さんが、全フロアにバスタブを付けさせたから
バスタブがありますが、バスタブが無い所もオランダには非常に多いです。

ちなみにバスタブの横のカーテン、洗濯したら縮みました。(どうでもいいね。)

dutch house (15)

お風呂場から外の眺め。 大きいMCH病院が見えます。

実際は写真よりもっと近くに見えるので、
緊急ヘリが我々の家を横切って病院のてっぺんに着陸するという、
迫力ある光景が見れたりしました。 よかった。

dutch house (16)

ちなみにこの屋根裏部屋な家を外から見ますと、こんな感じ↑
この家のバスルームとベッドルームの窓が、一番上に見えます。

今は違いますが、私達が住んでいた頃は下の階のテラスが共同テラスで、
晴れた夏なんかは外でランチとか出来ました。

dutch house (18)

ベッドルームはこんな感じ。

雨が猛烈に降ったとき、この半分壊れたような棚から雨が漏れて来ました。二度くらい。
どこにつながっているのか分からない隙間も多いし、おんぼろでした。(笑)

ベッドルームの左の壁側には・・・

dutch house 18.5

こんな棚もあるのですが、ここは昔、バスルームに続くドアだったそうです。
それを棚に変えてしまって、バスルームには別の入り口が付いたんですね。

そもそもこの家の階段の部分は屋外だったとかなんとか。
とにかく色々いじってるらしいんです。

dutch house (19)

寝室ももキッチンも、裸電球で暮らしまくりでした↑

私の両親も、狐さんの両親も、そして日本人のお友達カップルも泊まって行った
思い出の寝室です。楽しかった日を思い出すと笑えます。ひひひ。

dutch house (20)

非常に窓が多く、明るい家でした。

ドアの上にひとつ天窓があり、横にも窓。右上にももうひとつ天窓があります。
右上の天窓は結構大きかった為、紫外線が怖くて専用のカバーをつけました。

でもそのカバー、つける前に洗濯したら溶けて、穴だらけになったんですけれどね↑
でもですね、その穴ぼこが綺麗なんです~~~。 こんな風に。。。
一番上の画像が、穴ぼこ昼バージョン。
一番下の画像が、穴ぼこ明け方バージョン。

dutch house (21)

家の上の天窓からは 夜は月が見えたり
昼はカモメがドコドコとあるいたり。→カモメドコドコ画像。


・・・なんか

家具が無い状態の家を見ても分かりにくいので、
引越しのごちゃごちゃ状態ですが、家具つきの画像もUPしてしまいましょう。↓

dutch house (23)

皆が引越しのお手伝いをしてくれているところです♪

dutch house (24)

こうやって見ると、屋根裏だけれど天井が高いでしょ?
オランダの家は、天井が高めだと思います。世界一背の高い人種ですしね。
(うちの旦那さん一家はホビット一族ですが。)

リビングのテーブル↑は、両端を足してもっと大きくなるのですが、
現在は片方を足し、広々と活躍中♪

dutch house (26)

こうやってスッカラカンになった家を見ると、やたら柱が目に付きますよね。
そして本当だったら隠すべき配線?が、柱にひっついているの、分かります?

古い家で配線も結構古いのに、電力を容量以上に使っているんじゃないか?って、
狐さんがよく言っていました。 火事とかにならずに終わりまで住めて、よかった=3

dutch house (27)

こういったオランダらしい面白い家に住めた事、良い思い出です。

思い出といえば私がオランダに嫁いだ最初の家ということもあり、
お客様もよく招いたな~。
お客とのディナーの様子など、思い出すと懐かしいです。

そしてその後のお皿洗いが食洗器が無くって大変だったのも、
いい思い出 (・・・・でもないか。)です。(笑)

中途半端なリフォームで、ボロが隠し切れていないおんぼろな家でしたが、
とても静かで(隣人の出す音は下からしか聞こえてこないのです。)

なにより、夜に見える時計台が美し過ぎて、引越しが寂しい・・・

と、思ったら、
引越し前の数ヶ月間、時計台の文字盤の電気とライトアップが
どういうわけか無くなりやがっちゃって、がっ・・くりな状態になり、
そして新しい家に引っ越した後にライトアップが復活したという!! なんなんじゃ~。

とにかく、面白い家でした。

ところで

この屋根裏部屋を含む一階から上までのまるまる一軒のオーナーが、
私達が家を出る何ヶ月か前に変わりました。

そんな間に下の階に住んでいたヤングなゲイカップルが別れて引越し、
そのまた下に住んでいた前のオーナーの娘さんのレズビアンカップルも
オーナーが変わったからってやっぱり引っ越されたので、

最後に住んでいた半年くらいの間、この館には我々だけしか住んでいなかったのです。

で、そのうち我々も出て行くしってんで、新しいオーナーは館の改装を
結構がっつりとされたんですよね。

誰も住まなくなった下の階は、私達がまだバリバリ住んでいるときに改装を始め、

キッチンやバスを新しいものに完全に変えてしまったり、壁を取っ払ったりと
結構大掛かりだったので、粉塵が我々の住む上の階へと上がってきて大変でした。

私達の住んでいた屋根裏な部屋も、私達が出て行った後に改装が始まったのですが、
完成後、どんな風に変わったのかをお邪魔して見ることが出来ました。

どうなったかといいますと、

床はカーペットから木の床に。
白×オレンジのビニールだったバスルームは、確かタイルに変わったと思います。

キッチンはどうだったかな~? バスタブはそのまま変わらずで、
確か洗面台とかがもうちょっとイケてる感じのに変わりました。

なんだかそれこそデザイナーズ風になってました。前と大違い=3

下の階の改装のビフォー・アフターの様子は、バリっと写真に収めてあるので
気になる方は過去のこの日記をチェケラッチョ。
オランダの家、改装前・改装後。 


じゃあ、今はどんな家に住んでいるのか? といいますと、(これもどうでもいいって?・笑)
2002年か3年に、お年寄り用に建てられた新しいマンションの一階に住んでいます。

あ、いや、大勢のお年寄りと一緒に住んでいる訳ではなくってですね、

お年寄り用に建てられたもののニーズが無かったので、
結局普通のマンションとして売りに出されたのです。

お年寄り用だからか、トイレを含め扉の幅が妙に広めな気がします。(*^。^*) 
そして部屋数も少ないので、私達と同年代くらいの子無しカップルや
まだ子供が小さいカップルが多く住んでいます。

皆、子供達が大きくなって手狭になってくるとこの家を売り、
もう少し大きい家を購入してお引越しするのです。

この家、築五年以上経って丁度歪みが出だした頃ですが、
やっぱり新しいので非常~~に生活しやすく、我々、大満足です!!!


・・ということで
あ~・・・なんだかまたダラダラ日記になってしまいましたが~(^_^;)
私の勝手な趣味日記ということで、ご勘弁を~~=3

オランダ家日記、
長い事読んでいただき、お疲れ様でございました。<(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/12/11 08:00 】 | オランダ 住宅 | コメント(0) | page top↑
オランダの家 (前に住んでた家)
こんにちは~!

週末は、オランダの子供達が一斉に最高に盛り上がる日、
セントニコラス(サンタクロースですね)の降誕祭でした。

でもでも、子無し夫婦のうちは「なんにも・・・しなくていい?jumee™faceA105
って、普通~の地味な晩ゴハンを食べていました。

しかし、後になって気付いたのが
「はっ、5日って、引越し一周年でもあるんじゃん!」
「あ~~っ、何かお祝いしたらよかったかねぇ~。」(必要なのか?)

昨年のシンタの日に、我々はパパママを含め何人かの親戚に
手伝いに来てもらって、引越しをしたのです!


私達が前に住んでいた家は、日本人には珍しいオランダらしい家だったので、
せっかくですからこっそり(ってか堂々とだけど)中を見せちゃおうと思います♪

apsdk0 (20)
ちなみに外からはこんな感じ。日本で言う4階です。
小公女セーらのようなところに住んでいました。(笑)

dutch house

オランダには地震もまず無いですし、築100年200年は当たり前です。
この家も築100年以上で、エレベーターとか無いですから、4階まで登ります=3
食材の買出しの後の登りが辛かった=3 (そうじゃなくても辛かったけれど。)

dutch house (2)

3階までくると扉があり、そこが我が家の玄関です。
↑この階段は、すでに部屋の中なのであります。
初めて来たうちの母に、
「makuiちゃん、これ玄関どこ~?」って聞かれたのを思い出します。

増築に増築を重ねた家だったので、変な家なのです。
この家を建てた昔の人は、一階からここまでを
ひとつの家として住んでいたわけですから。
現在は1つのフロアに1世帯が住んでいます。

この階段を登りきると、いきなり・・・

dutch house (3)

リビングです。

dutch house (4)

階段ここで、直リビングでしょ。

dutch house (5)

この家のいいところは、窓の外の景色が良すぎる事でした。
昼も、夜も、非常~に贅沢だなぁ~ と思いながら、窓の外に目をやっていました。

dutch house (6)

実際はこの教会の時計がもっとどーんと大きく見えるので、
掛け時計いらずでした。(今の家にも掛け時計ないけど。)

dutch house (7)

この窓は古くて、毎回ぎゅんぎゅん引いて閉めていたなあ~。

dutch house (8)

窓の横はキッチン。
(写真が昼の写真だったり夜のだったりと混ざっていてごめんなさい。)

dutch house (9)

小さな家の小さなキッチンでしたが、カウンターがあったので広く使えました。
右にシンクがありますが、オランダのシンクは小さかったり丸かったりするのも多く、
まな板がはみ出ます=3

その代わり、日本のよりかなり大きめな食洗器が付いていたりします。

シンクの下の隙間は、食洗器が付いていたのではなく(この家には無かったの。)
小さな冷蔵庫や冷凍庫が入っていました。

dutch house (10)

窓側からリビングを振り返ると、こんな感じです。

家の梁?がいくつもあって、屋根裏部屋っぽいですよね。実際そうなんですけど。
建築士のお友達がこれを見て、「おお~。」とか言って梁を触るので、
「汚いから触らない方が。。。」と、
梁を掃除していなかったもんだからちょっと焦りました。

dutch house (11)

左に見えるのが階段、左側のドアがバスルーム、右側が寝室。
この家、こんだけです、部屋。(笑)
でも、日本人の私には十分な広さで満足でした。(そして掃除が楽です。)

ではでは
この変な家の続きはまた次回~~。

移民オラ語学校へ行ってきます=3

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/12/08 20:41 】 | オランダ 住宅 | コメント(4) | page top↑
駐車場の下に住む男。
こんにちは~!!

何だか色々していて相変わらずなブログ放置ぎみですが、
私は元気です!!(汗) <(_ _)>

そしてちょっと前の話になってしまいますが、
前回お話したEindhovenに現在住んでいる、狐さんの幼馴染の家をご紹介!

こちら↓

tDSC_6795.jpg

・・・ 何だかおかしいの、わかります?

tDSC_6796.jpg

バスの座席らしきものがあったり。

tDSC_6794.jpg

インフォメーションデスクもあります(笑)
ちなみにこのインフォメーションデスクの裏がキッチンなのです。


実はここ、もともとはどこかの会社のオフィス&作業場 だったんです。

tDSC_6797.jpg

なので、こんな小部屋もいくつもありました。 寝室沢山!!

オランダではこういった使わなくなったオフィスを空き家にしておくと
貧乏学生さんなどがこっそり入り込んで住みだしてしまう可能性があるので
そうならないように安く人に貸して、住んでおいてもらう?のです。

tDSC_6792.jpg

ここには狐さんの幼馴染と、そのお友達が二人で住んでいます。

イカツいマッチョの刺青たっぷりなその幼馴染
(↑母よ、おばさんよ、結婚パーティーにTシャツで来ていたあの人だよ!)
のお仕事は、
ライブの大きなステージや、バックの照明などを建てるお仕事です。

現在はなななななんと!!(笑)

ローリングストーンズだったかU2だったか忘れましたが、
そんな皆さんとワールドツアーを周っているのです~~!

「エアロスミスと仕事する時は教えてね。」←ヤングな頃ファンでした。

なのでミックと仲良くお酒を飲んでいる写真を見せてもらったり。
ミックはもう長いこと有名人過ぎて騒がれても何とも感じないらしい。

そしてスペイン?でライブしていたのに夜のアムスのクラブのパーティーか何かに行くために
自家用ジェットに皆を乗せて遊びに行っちゃったりするらしい。

アムステルダムはクラブとDJで有名なんですよ~!
ほら。→DJ Tiest  私は全くこういうの詳しくないんですがね。

ということで、

彼はワールドツアーに行ってしまうものですから、あまりオランダにはおらず
通常はお友達の一人暮らし状態。

ワールドツアー中はいいホテルに泊まれるらしく、

一度一泊20万くらいするホテルに泊まった際、部屋に沢山ドアがあるからって
間違って素っ裸のまま入り口のドアを開けて出てしまい、
オートロックで閉まっちゃったので手で大事な所を隠しながら助けを求めたなんていう
Mr.ビーン状態だった話も聞きました。 本当なのか??


そんなお仕事の合間の2週間、こちらにいるということだったので
こうして会いに行ったのです。

せっかくなので、その変わったお家を探検です!

tDSC_6791.jpg

ダンサーによさげな長~い鏡の通路?を過ぎると・・・


え~~ 左に見えますのが~~

tDSC_6783.jpg
こんな感じです。 
右側にサンドバックがぶら下がっていて・・・

tDSC_6790.jpg
猿・・・いえ狐もぶら下がっております。

tDSC_6787.jpg
サンドバックは日光でした。


右に見えますのは~~

tDSC_6786.jpg

こんな感じです。 左奥に2台ある洗濯機が寂しく回っておりました。
上は駐車場のようで、時々車が通る音が どどどどん とします。

ちなみにソファーの奥の扉を開けると、作業場のようなところがまたどどーん。

ということで、一通り見せて頂きました。

tDSC_6785.jpg
一番奥の灯りが皆がいる場所です。 ひ、広い!

せっかく久し振りに会ったんだし、狐さんとお友達には私のことは気にせず
お互いの近況などを話して欲しいので、会話はオランダゴ。

何だか部屋が臭いし
(なんていうんでしょうか、ヤングな男子の部屋の臭い+タバコ臭が染み付いた感じ?)
ど~も居心地悪いな~ と思ったら・・・

ヤーー!!!!
tDSC_6805.jpg
「ね・ね・ね・ねずみ!!!」
絵が描いてある辺りに。↑

そこで幼馴染の友達が
「あっ、ルーク?」
「ル・・・(名前付けてんのかよ!)一匹だけなの?」
「全部で3匹だと思う。」
「じゃあどれがルークかわからんじゃんよ!」

し、し、し、しかも、ねずみが出た場所はインフォメーションデスクのそば!!
ってことはキッチンの裏だし・・・

注※ オランダのねずみ?は小さく、ハツカネズミだと思うんです。
   →wikiハツカネズミ画像
  ↑可愛いもんでしょ? でも私はハムスターもダメなんです。ブルッ

「ねずみが出る所で ね、寝れるわけ??」
(タトゥー幼馴染)
「うん。 あいつ恐がらないんだよ。 オレの目の前にある食べ残しの
 ポテトを普通に食べたりするんだよ。 払ってもめげないの(笑)」
(恐がらないねずみといっしょに寝てるんだ・・・


ということで・・・
フレッシュエアーを吸いに 
(というか暇だったから) 一人でアイントホーベンの街を散策。

でも時間が夜7時くらい?だったからか
tDSC_6799.jpg
し~~ん。

ショッピングストリートは閉まると静かです。

tDSC_6801.jpg

立派な教会。

アイントはフィリップスのお膝元。
第二次世界大戦で古い建物が残っていないと聞きましたが、
これは古そうに見えます。 戦火を逃れたのでしょうか?

と、ぶらぶら歩いて 狐さんに電話。
「ねえねえ、私外でケバブでも食べようかな?皆外で食べるんでしょ?」
「あ、それがね、友達がごはん作ってくれているんだよ、今。」
「えっ・・・作ってくれているの?(ねずみの出た裏のキッチンで・・・)
   やっぱり私も食べないと悪いよねぇ。←私最低(汗)」
「う~ん、僕らのために作ってくれてるわけだからねえ。」

と、いうことで、
もうご飯が出来るからと言われ 戻りまして。

tDSC_6802.jpg

お友達が料理をしている最中で嬉しかったのですが

tDSC_6804.jpg

トマト on まな板 じゃなくって直テーブルっす。
ねずみが出た場所の裏がこのテーブルだっちゅ~に。←しつこい?

tDSC_6806.jpg

ということで、ねずみの事はしっかり頭から消去し、
お友達が作って下さったごはんを美味しく頂いたとさ♪♪

オランダで矢場とんのT-シャツを着ているイカツい男性がいたら
そのタトゥー幼馴染です。 
イカツイけれど、とっても優しくって信頼できる人柄! 皆、声を掛けてみよう!(笑)

この後、狐さんの実家に帰ってからはもちろん・・・
「ちょっと聞いてよマリアママ!!」
「なになに??うぇ~~ねずみ?まな板無しで??うぇ~~。」

と、 こんなおかしな週末でした♪♪ <(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/05/21 07:15 】 | オランダ 住宅 | コメント(10) | page top↑
オランダの家、改装前・改装後。
こんにちは~!!

前回の日記ではかなり皆様引かれたようで・・・(^_^;) ですよね~。
いや~私も結構不機嫌でしたよ、粉塵が酷い間は。

さて、今回の日記ではその改装前と後の2階、3階をご紹介。

まずは2階の改装前の画像を・・・
コレ
DSC_3334.jpg
入り口を入ると

左手に廊下があり、突き当りに見えるのがキッチンです。
廊下の左手に見えるドアは物置・・・なんですが、
ここが改装後にはバスルームになります。

DSC_3335.jpg
キッチンはこんな感じ。 
写真に写ってない右奥にもまだ続いており、非常に大きなキッチンです。

DSC_3332.jpg
そしてここがリビング。
丸で囲ってあるのはキッチンと繋がっている小窓。
ここからお料理を出せるなんて、なんだかレストランみたいです。

DSC_3336.jpg
リビングの隣が寝室。
ステンドグラスが入ったスライドドアの奥です。

住んでいたお姉さん曰く、「壁じゃなくってドアだから、結構落ち着かない。」
とのこと。 確かに。

はい次、3階です。
DSC_4846.jpg
私が立っている場所から黄色の向きにあるドアが3階の住人の入り口のドア。
そしてピンクの矢印の方向には我々の家の入り口のドアが有ります。
我が家は入り口入ってすぐまた階段があり、4階が住まいです。

DSC_16355.jpg
この共同の通路の奥の突き当たりのドアの向こうは・・・

DSC_16422.jpg
3階の住人と我々の共有バルコニーです。

熱い夏はここでランチすると気持ちがいいです。(今年は熱くなかったんですが。)

今回の改装でこの通路を塞ぐ壁を作ったので
ここは3階の住人専用のバルコニーとなりました。
・・・そのおかげで家賃が50ユーロ安くなりました。(♪)

ちなみにコレが通路の改装中の画像なんですが↓
この改装前の3階っていうのがちょっと厄介でしてね、

DSC_36633.jpg
共有通路(=玄関の外)の左側に見えるのは、3階の住人のトイレと物置なんです。
でも風呂場は普通に玄関のドアを入った所にあるんです。

なので、3階の住人はトイレに行きたくなったら
いちど玄関の外に出て、通路を横切ってトイレに入らないといけなかったわけです。
不思議。

そんな3階の改装前のお部屋はこんな感じ。
DSC_1641.jpg
小さめなキッチン。

DSC_16400.jpg
そして隣には寝室。

以前住んでいたのがヤングなゲイカップルだったので、
とっても綺麗に、そしてお洒落にお部屋を使っていらっしゃったんですよ~
ホント、お見せしたいくらいに! でも別れて引っ越しちゃったんですよね。

寝室の横にバスタブ付きお風呂場・・・
DSC_3662.jpg
の、痕跡画像。(トイレは外ね。)


ではでは、
3階の ”改装後” を見てみましょうっ。

これはまず寝室だった場所↓
DSC_4849.jpg
リビングダイニングになりました~!
右にあるお部屋はお風呂場だった所で、改装されて寝室に。

DSC_4840.jpg
そして新しいキッチン!

DSC_4848.jpg
以前、リビングダイニングと寝室を分けていた壁は取っ払われ、
この新しいキッチンより手前がリビングダイニング、
裏側のお部屋が主寝室です。
左に見える一つ目のドアが玄関のドア、
二つ目のドアは・・・

DSC_4839.jpg
バスルームです!もう用を足しに一度外に出なくっていいわけです!!

でも皆さん、お気づきになられたでしょうか・・・?
右端にちろっとトイレが見えますよね?
トイレとシャワーが一緒で、バスタブが、無いんです。以前は有ったのに!
一軒家じゃ無い場合はバスタブ無しの所が多いんですよ~。

DSC_4841.jpg
そしてキッチンの裏側にある主寝室。

DSC_4851.jpg
その大きな窓からは、かつて我々と共有であったバルコニーが見えます。
(なんだか劇的ビフォーアフターな感じ。

2階の間取りもこちらと同じです。

と、こんな感じでしょうか。

寝室も一つから二つに増えたため、お子さん無しカップルも、
小さなお子さんがいらっしゃるカップルにもOK!

内装だけではなく、配線なんかも全てきれいにしてありますし、
・・・家賃どんだけあがるんだろ。

そういう我々もたまたま12月の頭にお引っ越しです。
今の住まいから200m以内の、新しい所です。

今住んでいるお家は最上階で、下の階とは違って梁とかがあるので
また違った雰囲気の温かみのあるお部屋です。

日本人には珍しいお部屋なので、引越しの際家具や荷物をとっぱらったら
写真を撮ってUPしますね~♪

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2008/10/16 23:29 】 | オランダ 住宅 | コメント(10) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。