スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
セイシェル観光 やっと最終回!
こんにちは~! 
セイシェル旅日記、やっと最終回!
今日は泊まったホテルのあるプララン島で有名なビーチのご紹介です。<(_ _)>

過去のセイシェル日記は こちら から
(右下のカテゴリーに分けて入れてあります。)

scDSC_6513.jpg

ここはその有名なビーチではなくって、ホテルを出てすぐにあるビーチ。

scDSC_6516.jpg 

でも十分美しいですよねいや~、非常に贅沢です。
「結婚した今、こんな贅沢は最初で最後かも!」 です(笑)

セイシェルはよく、モルディブと比較されたりしているようです。

ここでスノーケリングを借りて、
プララン島で有名なビーチ、アンス・ラジオ:AnseLazio に行ってきました。

またまた懲りずに午前中からレンタル自転車でゴー!!

これがね~~また後悔よ(笑)

話を聞く限り、 (余裕かも。) と思ったのですが、
実際走ってみると、またしてもナンダ坂コンナ坂~~♪!の辛いアップダウン。
途中で坂が急過ぎて恐くてこげず、自転車から降りちゃうほど。

辛くてかなり「ブーブー」 言っていましたが、
それでも狐さんは「普通の女の子ならとっくにキレてるわ。プラウドオブユー!」
と、よく頑張った私を誇りに思ったそうです(笑)

なので、レンタルするならチャリより車がお勧めかもしれません。
チャーターボートという贅沢っぽい?(幾らなんでしょ?)手もあります!
バスも不便かもしれませんが、走っていると思います。


scDSC_6520.jpg

アンス・ラジオのビーチに到着してすぐにあるレストランでお昼ごはん。
ここもホテルの受付のお姉さんが「二つレストランがあるけど、コチラの方がいい」 
と教えてくれたところです。 (懲りないねえって? 味はまあまあでした!笑)

綺麗にしているお店ですが、とにかくハエが凄かったです!戦いです!
(特にエビを注文したテーブルが酷い。)

ここで初めて日本人を見かけました。 でも最初で最後でした。
日本から遠いのが理由だと思いますが、日本人を見かけません。
時間のある芸能人にお勧めの観光地!?

scDSC_6521.jpg

トイレの 男性・女性マークが、ココ・デ・メール♪

scDSC_6522.jpg

アンス・ラジオのビーチです。

この島で一番オススメなビーチだけあって、やっぱり美しかったです
ちゃんと木陰もあります。

我々はレストランを背にし、右側の岩の辺りでスノーケリングしました。 
凄い魚の量で、色とりどり!!
普通にナポレオンフィッシュも泳いでいます
過去に行ったグレートバリアリーフより沢山のお魚でした!
グレートバリアリーフは範囲が大きいので、場所によって良し悪しがあるんだと思います。

セイシェルはダイビングでも有名です。

だから本当はセイシェルに行くならダイビングシーズンに行って、
ダイビングするといいんだと思います!!!

でも私は一度してみて恐かったので、もうしないのです。
狐さんはライセンスも持っているのですが、
もう十分美しい所は過去に見たからいいそうです。

でもね、ここでは私が一回だけしたダイビングよりも 
も~~っといっぱいお魚が見れたから、大満足!!

魚が沢山いるところは足がつかないので、泳ぎが苦手な人は
大人用の浮き輪を持っていくといいかも!

気が済むだけ遊び、帰る前にシャワーを浴びようとしたのですが・・・
シャワーが無い!っちゅうね。
今まだ設置中だそうです。(って、島ごと観光地なのに、のんびり過ぎんかい?・笑)

暑いからすぐ乾いてしまいました。

そして問題は帰り。 

迷ったけれど、
またチャリで帰れたら私ってば相~当~カッコイイけれど、
やっぱりしんど過ぎマス。

バーのおじさんにタクシーについて聞くと、自転車二台載せるのは難しいから、
大型の車を持った現地人を見つけたら頼んでみるといい と言われました。

そしたら狐が見つけてきましたよ!のっけてくれる親切な方を!!

scDSC_6534.jpg

「フロントに乗らないの?」と狐さんは私に聞きましたが、
うんにゃ、AUS振りに荷台にゆさゆさ乗りましたよ~!楽しかった

しかも乗せてくれたおじさん、「お金はいい」 なんて、親切すぎるよ!!
とはいえちゃんとお礼を置いてお別れしました♪♪ 
おじさん有難う~!!本当に助かりました~~☆☆

ホテルに戻ったら、またお決まりでリラックスしにプールへ。 最高アルヨ~!

「一度会ったっきりでもう会えないかな~。しゅん。
と思っていた、ホテルのオーナーの息子ちゃん3歳がプールに再び!!

scDSC_6536.jpg

後から知ったのですが、
彼、水遊びは終わってお風呂に入った後だったらしく、
最初はパンツが水に浸からないよう、そ~っと遊んでいましたが、
結局浸かっちゃって諦め、堂々と遊びだしました(笑)賢い3歳です!

scDSC_6547.jpg

夜のホテル。
灯りの点いているのがいつも食事をした場所です。
部屋に戻る手前でパチリ。

我々はこのプラランの方のホテルにも非常に満足しました。

部屋数が少なく、アットホーム。
オーナーの心配りが感じられるホテルです。

オーナーはディナーの時間に働いているのでお話出来たのですが、
とても感じの良い方でした。 ディナーの味もOK範囲です。

バッフェの朝食はマヘ島で泊まった大きなホテルのように色々な種類はありませんが、
マヘのホテルと違ってちゃんとフルーツは甘かったし、
オムレツもクロワッサンもあるしで十分満足でした!!高いマヘのホテルよりグー!

でも朝あんまり遅くまで寝ているとマンゴーちゃんがなくなっちゃうかも??(笑) 
(注: セイシェルのマンゴーは、緑でも甘いですよ~!)

ということで

これで私のセイシェル旅日記はお終いです。

今回の旅は、
旅行会社にホテルとエアーチケットの見積もりを出してもらい、
そっちの方が自力で行くよりお得だと判明し、アレンジをお願いした為、

ホテル間と空港への移動は全て現地旅行会社のお兄さんが車を出して下さったので
バックパッカーに慣れた我々は恐縮しちゃうほど、非常~~~に 楽な旅となりました。

滞在も7日間とオランダ人にしては短く、
島をあれこれ見に行ったりしていると暇になる事はありません。

とはいえ、どこも島・・・ですから、欲張ってアレコレ行かず、
ぼ~っとしたい方は、ホテルとプラランアイランドでのんびり過ごす事も出来ます。
(先にプラランに泊まってから、国際線のあるマヘへ移動するのがいいと思います。)

セイシェルへの客層は幅広く、
カップルもいますが、お年寄り、小さなお子様連れのファミリーも非常に多かったです。

3歳くらいの双子のお嬢ちゃんズに乳のみ子一人を抱えて
5人でご旅行のファミリーも!!凄いですよね~!

そんなアットホームな島の雰囲気と、

笑顔の現地人と、フレンチと英語が通じる便利さ、

そして治安がめちゃめちゃいい♪ と、リラックスするには大変良い所でした。

20代前半の頃からしつこく「新婚旅行はインド!!」
と予定していたものの、
これはこれで新しい発見もあり、非常に良い経験!!な
忘れられない新婚旅行になりました

おしまい。 <(_ _)>

P.S.新婚旅行はやっぱり結婚したらなるべく早めに行ったほうがいいですわ!!
  ラブラブ度が高いほうが思い出に残りそう!! by 旧ラブラブmakui31歳。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/08/06 06:27 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(2) | page top↑
ヘ~コラ ラ・ディーグアイランド。
こんにちは~! 

もう前回何を書いたか思い出せないセイシェル日記の続きです!<(_ _)>

過去のセイシェル日記は こちらから
(右下のカテゴリーに分けて入れてあります。)

さて、前回どこまで書いたのか覚えておらず見直してみると・・・

よく絵葉書になる有名なビーチ、アンス・スース・ダルジャンの後、
暑さとお腹が空いて力が出ないよ~ な状態でした。

sDSC_6488.jpg

しかし、

ホテルの受付のおねえさんが言っていた、
「泳げないけど海の美しいビューティフルなレストラン

に行きたかったので、
すぐ目の前にある屋根だけで壁なしのワイルドなレストランを通り越し、

アップダウンが激しいところをチャリでへ~こらへ~こらと行ってきましたよ!!

とってもとってもシンドイけれど、私の頭の中は
(頑張るのよ!!だってそこにはきっと、
    窓から白い砂浜とエメラルドグリーンなビーチを眺めつつ
    白いクロスの上にはシーフードランチが!!!)

で、着いたところは・・・!!!!

scDSC_6499.jpg

・・・!!!! でもね!!!!!

レストランは!!!!


scDSC_6495.jpg


scDSC_6494.jpg

超ゆるゆるレストラン! お客さんは暑さでみんなぐったり状態!!

あ、 あれ?? し、白いクロスと・・・
ビーチも眺められないんですけど??

どうやら
ホテルのお姉さんの言葉から我々が勝手にイメージしていたのとは
全く違うレストランだったようです

へとへとな私たちは、エアコンが利いていて
虫を払わなくてもよいレストランを想像していたのに・・・。

scDSC_6493.jpg
ボール紙に手書きの席番付き!

どうやらここのランチ、メニューはバッフェのみで確か20か25ユーロだったはず!!
(高いよ!しかも飲み物は別ね。)
お腹激減りだったので、この大盛りプレートを完食しましたよ!!

ビーチは確かに美しいのですが、このレストランから眺める事は出来ず、
しかも珊瑚が多いからか何だか忘れましたが、遊泳禁止です。

砂浜が真っ白な分、照り返しも熱く眩しく、
木陰も何にも無かったので
ダッチの狐でさえのんびりしていられるような場所ではありませんでした。

辿り着くのにか~なり大変な割に、見所がこれだけしかないので
それを知っていたら私は・・・来ていなかったと思います(汗)


scDSC_6500.jpg

帰りに見かけたマリア様。

scDSC_6503.jpg

こんなワイルドな雰囲気のマリア様は初めて見ました!(笑)

それから暑さでヘトヘトの中、フェリーが停まるメインストリートまで戻り、

エアコンが効いたアイスクリーム屋さんで(アイス1ユーロ!)
アイスを二つ食べて涼みました~~。(エアコンがあったよ!!)

scDSC_6505.jpg

まだ帰りの時間までしばらくあるので、
人気の少ないビーチまで自転車で行き、寝転んで読書。

ということで、

ちょっとしたラ・ディーグアイランド情報でしたが、
結局私たちは一度も泳がずフェリーで戻りました。

というのも、泊まっているプラランアイランドに
綺麗で泳げるビーチが沢山あるからです。

この日もホテルに戻った後はホテルのプールでひと泳ぎ。

scDSC_6511.jpg
ホテルの鯉です。

じゃあ、プラランのビーチはどんな感じなの? といいますと、

こんな感じ

scDSC_6513.jpg

これ、ホテルから徒歩1分の距離にあるビーチです。

次の日記は、そんなプララン島にある美しいビーチ、アンス・ラジオまで
またまた頑張って行ってきた様子をご紹介! 

宜しければお付き合い下さい。<(_ _)>

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/07/31 06:15 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(2) | page top↑
ラ・ディーグ島:La Digue Is  惜しい!ビューティフルビーチ。
こんにちは~!!

非常に慌てて更新です!!

い・今頃ですが、またまたセイシェル共和国 :seyshelles
ネタの続き、行かせて頂きます・・・ 
(まだ終わってなかったの?って声が聞こえてきそう・・・。)

今までのセイシェルネタは→こちらから

もはやいつに行ったのかすら思いだせず、なんと2月末でした!!

わたしのことですから、
このまま途中やりのセイシェルネタを放置・・・ってのも有りですが、

セイシェルの情報ってあんまり見つからないので
ちょっとでも雰囲気が分かればと・・・。
ちゃっちゃと最後まで書こうと思います!!


はい!この日は連泊しているプララン島:praslin から、
皆必ず行くであろう、美しいことで有名なラ・ディーグ島:La Digue
に、フェリーで行ってきました!

片道30分も掛からないくらいの近さだったと思います。

ご覧下さい、フェリー代を!
6eursDSC_6427.jpg

この運賃表を見ると、”Local” と”VISITORS”に
分かれていますよね。

旅行者は、往復 30ユーロ。 
ローカルの皆さんは現地通貨でお支払いの 125セイシェルルピー。

この125ルピーは、ユーロになおすと6ユーロ!!
旅行者はその5倍を支払っていると言うわけであります!!

でもね~、そりゃアリだ。 と思えるんですよね、ここに来ると。


ラ・ディーグアイランドに到着したら、自転車をレンタルして周ります。

自転車で周れるような、超ちいさな島(5km×3km)なのです。

自転車に鍵は付いていません。誰も盗まないからだそうです。


チャリを借りて・・・

sDSC_6435_20090529021156.jpg
海、綺麗です・・・
(※ 私が自分の写真に狐どんをいつも入れるのは、狐どんラブゥっちゅ~
  理由では決っ・・・して無く、人が入ると雰囲気やサイズが分かりやすいからですよ♪)
↑ちょっと気になって書いてみた・笑

sDSC_6430_20090529021202.jpg
ここを入ると レ・ユニオン・イステイト。

す~~っと入って行っちゃいそうな気持ちになりますが、
 ちゃ~んとここで入場料を払わないといけませんよ~!

この奥に色々あって、メインのビーチ、アンス・スース・ダルジャンもあります。

入っていくと・・・

sDSC_6447_20090529021208.jpg

sDSC_6442_20090529021215.jpg

モ~モ~ちゃんがココナッツ入りのバニラを引いています。

sDSC_6441_20090529021221.jpg

バニラエッセンスが下から。
マダガスカルもそうですが、セイシェルもバニラの産地です。

sDSC_6443.jpg

「あなた、大丈夫?疲れてない??」

sDSC_6448.jpg

ああ、くるくる回るモーモーが気の毒な気がして胸が痛いです。

ところで

オランダに来ると、動物が身近すぎて(牛・羊・馬があちこちにいるのよ!)
肉類は一切食べないベジタリアンの方々が結構いらっしゃるのにも納得。


もうちょっと行くと・・・

sDSC_6449.jpg
囲われた中に、リクガメ。 多分ゾウガメだと思うんです。

sDSC_6450.jpg

めっちゃ大きいです。 
そして彼らの周りには蚊がたっくさんつきまとっています。 かわいそう!! 
見ているだけで痒くなってきます。

sDSC_6452.jpg

馬が半分野生のようにいたり・・・


自転車をこいでいると、ふわっと鼻をくすぐった香りで気が付いた・・・

sDSC_6456.jpg
バニラ農園。 その一瞬だけいいにおいでした~~

sDSC_6459.jpg
海賊船マークを見ちゃったら私の鼻歌はパイレーツオブカリビアンの曲に・・・
パイレーツカリビアンの曲といえば!!
コレ懐かしくないです?見たことあります?? →Youtube エレクトーン少女vsジョニーデップ
皆超可愛くてとろける~ 
オーランドの方がよい方はコチラ→ youtube 少女達にとろけるオーラント・゙ブルーム

自転車を降りて、徒歩でずっとすすんで、
有名なビーチ、 アンス・スース・ダルジャンへ。

sDSC_6461.jpg

sDSC_6470.jpg

こんな感じです! この岩の美しさでも有名。

でもね~ 海藻が多すぎて海がまだらに見えます。

なので美しいビーチを求め、もっと奥まで歩いてみます。 
奥へ行くほど人も少なくなってきます。

sDSC_6469.jpg

ジャングルのような所を抜け・・・

sDSC_6464.jpg

蜘蛛なんかもいたりして・・・

sDSC_6466.jpg

結局どこまで行っても海藻まるけだあああ~~!
これが海藻なしだったらどんだけ美しいか・・・ 惜しい。

ということで、泳ぐ気にはなれず・・・

sDSC_6473.jpg

しばし美しい岩を鑑賞。

sDSC_6476.jpg

この写真の右端の狐さんが見えますか~?↑これらの岩、大きいんです。

sDSC_6482.jpg

しゃがんでいると、一生懸命砂を巣穴から出している蟹、発見。

sDSC_6483.jpg

小さい。

sDSC_6488.jpg

暑さになんだかぐったりしてきて、
しかも お腹が空いて力が出ないよ~~~。 な私↑

このビーチへの入り口の自転車置き場付近に
屋根だけで壁なしのワイルド?な雰囲気のレストランがあったのですが、

ホテルの受付のおねえさんから
「泳げないけど海の美しいビューティフルなレストランがある。」
と聞いていたので、頑張ってそこまでチャリで行っちゃう事に!!

それが・・・ 間違いのはじまり だったのですが。(汗)


ということで、今日はこれでおしまい。 お付き合い頂き有難うございます!<(_ _)>

あ~お腹が空きました・・・ 
だって狐さん、もう11時なのに仕事から帰ってこないよ~!
ここんところいつも帰りが遅いのです。オランダ人じゃないね!(笑)

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/05/29 06:21 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(4) | page top↑
お尻な実 @世界遺産ヴァレ・ド・メ
こんにちは~!!

今日もセイシェル観光日記です!

ホテルからタクシーで、世界遺産のヴァレ・ド・メ自然保護区へ行ってきました!

本当は滞在しているプララン島から別の島への観光を考えていたのですが
この日は日曜日。

日曜日は島ごと閉鎖でお休みだそうです!(笑)

SDSC_6402.jpg

なので朝からヴァレ・ド・メ観光です!
見逃しそうな表示の奥に、エントランスがあります。

タクシーのおじさんから「1時間半くらいあれば十分見られるから。」 と言われ、
旅行会社のおじさんにも「あはは~どこまで行っても同じ様な景色だから!」
と言われたので、タクシーのおじさんとの待ち合わせは1時間半後。

SDSC_6400.jpg

こちらがエントランスです。 非常に地味です!!
カフェとかも何にも無く、この奥はひたすら自然保護区!

そして入場料がななななんと 20ユーロ!!
高い・・・これはびっくりどっきり価格です。

SDSC_6393.jpg
こちらがエントランスのすぐ後ろ。
写真右上になっているヤシの実がここのメインであり今回の日記のタイトル↓

sDSC_6396.jpg

お尻の形をした実 ・・・ココ・デ・メール であります

なっている緑色の実を割ると、これが出てくるのであります。

sDSC_6397.jpg

重さは20kgくらい。 世界最大のヤシの実です。

女性のお尻の形をしているから女性のシンボルらしい。

お土産物屋さんではこの置物を沢山目にするのですが、
ご丁寧に割れ目に毛を生やしてあるものも売っていて
「・・・(苦笑)」 なmakuiです!!

せっかくなので、私はチビ ココ・ド・メール、
そして狐さんは雄株の方(これも男性のシンボルね。)を持って・・・

sDSC_6338.jpg
夫婦で記念の一枚。 (・・・苦笑。

sDSC_6339.jpg

ということで、早速奥の自然保護区を覗いてみましょう!!
世界遺産です!!! ←世界遺産ラブな日本人ワタシ。


sDSC_6340.jpg
こんな不思議な根っこのようなものや。

sDSC_6357.jpg
ジャックフルーツ。

sDSC_6391.jpg
開きだした葉っぱや

sDSC_6349.jpg
小さなハリネズミ?や鳥さん。

sDSC_6352.jpg
でも何より私を興奮させたのは・・・


sDSC_6341.jpg

何だかやたらデカイ植物、ココ・デ・メール!

sDSC_6378.jpg

自分がホビットになったかのよう!!

sDSC_6367.jpg

もともとはシダ植物のような普通サイズなのですが、これがこんなんになり、

sDSC_6355.jpg

そしてこんなん↑になって お尻な実を付けたりするわけです!

地球の歩き方によると、実がある程度の大きさになるまでは15年から40年かかり、
高さは30m、寿命は200~400年と全てにおいて大きい!

sDSC_6353.jpg
空を見上げるとキラキラと木漏れ日が美しくって胸いっぱい

SDSC_6375.jpg
そして 「この実が落ちてきたら・・・ 即死だな。」 と、ちょっとこの辺は急ぎ足。

SDSC_6401.jpg
花をつけているが男性のシンボルです!

SDSC_6379.jpg

と、こんな感じでいくつかあるコースから選んで歩いて行くのですが、
「時間をもっと取って約束をしていたらこちらのコースも行けたのにな~。」
と思うものの、おじさん達に言われたとおり、景色は同じようなジャングルなので
1時間半でも満足でした! あっというまの1時間半!

でももしももしも また行くチャンスがあったら・・・気が済むまで歩くかもしれません(笑)

ということでホテルの側まで戻り・・・

ビーチを歩きつつ、軽食を取るためレストランへ。

SDSC_6404.jpg

ホテルの側のビーチです。 
ずっと後ろに歩いているお姉さん達を見てください! とっても遠浅!!

SDSC_6407.jpg

この透明度、 どーだー!! (笑)

これ、これが私の求めていた ”白い砂浜と青い海” デス

SDSC_6409.jpg

そしてビーチ沿いにあったピザがメインのレストランへ。

sDSC_6410.jpg

狐さんはピザ、私はお魚のスープを頼んだのですが、
オランダより高いぞ~!(笑)

現地の皆さん用の価格と、旅行者用の価格と二種類あるのです。

確か・・・ですが、旅行者価格は現地価格の二倍以上。
確かに、旅行者価格のみにしてしまったら現地の方が来られないですもの~納得!

このあとビーチをもう少し歩いてホテルに戻りました。

sDSC_6418.jpg

オーストラリア振りの美しい海です。

sDSC_6412.jpg

私も狐さんもオーストラリア、ウィットサンデー諸島にあるホワイトヘブンビーチへ
バラバラに行った事があるのですが、

そこの砂は海の中で手に取ると、とろ~りととろけて消えていくのです。

なんとここの砂もそんな感じ!! 
ホワイトへイブンまでは行きませんが、とろりんな砂にまた会うことが出来ました

sDSC_6421.jpg

その後、ホテルの前の海で遊びました。

ホテルの前のビーチにはホテル経営のカフェレストランがあり、
そこでリクライニングのビーチ用の椅子(名前なんていうんでしょう?)を
無料で借りることが出来ました。

ということで 今日も長い日記にお付き合い頂きありがとうございました!<(_ _)>

セイシェル旅行記は多分あと1回で終われると思いま~す♪
宜しければお付き合い下さいませ!<(_ _)>

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/04/06 02:14 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(8) | page top↑
遅いけど新婚旅行!セイシェル日記 : プララン島・Praslin
こんにちは~!!

火曜日の今日は、
私が住む町デンハーグで アフガニスタンに関する大きな国際会議があり
日本からも中曽根さんがいらっしゃったそうですが 
日本の皆さん、TVでやっていましたか~? 

さてさて

しかし私は前回に引き続き、オランダとは全然関係ないセイシェル日記です。

メインランドのマヘ島で2泊した後はプララン島へ

プララン島は世界遺産もある島で、フェリーのcatで約1時間で着きます。

旅行会社のお兄さんが我々のピックアップ、
そしてフェリーのチケットの引き換えまでフェリー乗り場でして下さって、
個人旅行に慣れている我々はその至れり尽くせりな対応に・・・
(な、なんか申し訳ない程だねぇ・・・ボソ。)
と 完全に恐縮状態!!(笑)


ということで、プララン島に到着!!

こちらのホテルでで4泊しました↓

ル・デュック・ド・プララン:Le Duc de Praslin

DSC_6309.jpg
綺麗に手入れされたお庭!

sDSC_6269.jpg
ホテルのロビー? のような所へ

sDSC_6312.jpg
腰掛けると・・・

sDSC_6271.jpg
マンゴーベース味のウエルカムドリンクがっっ!!

これ、フレッシュミックスジュースらしいのですが、め・・・っちゃ美味しかったです!!
ディナー時に2回注文しました(笑)
彫りがほどこされているテーブル、ガラスの下の貝殻も素敵ですよね♪

DSC_6310.jpg

そのままディナーを頂くレストランに繋がっています。

DSC_6311.jpg

セイシェルは常夏。 ダブルグラスどころか壁が無いっす!!
(近場の国でもマダガスカルやモーリシャスは20度以下の季節もあります。)

DSC_6313.jpg
その奥にはプールが。 画像で見るよりも実際は小さなプールです。

プールの横にはオーナーの奥様と従業員の方
そしてプールの石の後ろにぽこっと頭が見えているのが3歳の息子ちゃんです。
可愛い息子ちゃんに我々遊んでもらいました~しゃべってくれんかったけど!(汗)
持っていたボールはピカチュウでした☆

ではでは、お部屋に行ってみましょう

sDSC_6274.jpg

どーだー!!
(ってそうでもない?そうでもない??

ホテルって言ったら東京ディズニーランドの隣接ホテルレベル以上には泊まった事が無い私、
大興奮です

右奥のお部屋に行きますと・・・

sDSC_6292.jpg
バスが♪ そして広いスペース。

sDSC_6291.jpg
石鹸の受け皿がすごくトロピカル!可愛い~
(その後ろに見えるのは・・・日本にあるおしぼりの受け皿??)

sDSC_6288.jpg
トイレとシャワールーム。
こちらも凄く余裕のスペース
小さなお子さんがいても家族全員で浴びれそう!!

sDSC_6286.jpg
トイレは・・・

sDSC_6278.jpg
トートージャパンだし!!

sDSC_6280.jpg
程よい暑さに冷たいビールでご機嫌な狐さん♪
こんな眩しいくらいの青色を壁にもってこられるのは、やっぱり暑い国だからですよね~!!

sDSC_6298.jpg  sDSC_6295.jpg

・・・ あれもこれも、いちいちステキ

sDSC_6273.jpg

そして気になるお部屋の左側・・・
(気にならないって?わたし一人で盛り上がり過ぎ?

sDSC_6281.jpg
これまた十分な広さのバルコニー。
狐さんが寝そべっているのは幅が広く、二人してくつろげます!
(二人してくつろがなかったけど!)

sDSC_6302.jpg

ふと見るとバルコニーにトカゲが! 日本のと似てるのに、色が綺麗だ~~

sDSC_6334.jpg

前回のホテルで貰ったウエルカムシャンパン、飲めなくってわざわざ持って来ました(汗)
冷やして乾杯!

さてこのホテル、 
旅費を下げるため、地球の歩き方で見つけて旅行会社に提案したホテルなのですが
セイシェル観光局が主催する”スモールホテルアワード” でグランプリを受賞だとか。

確かまだリニューアルして2年くらいしか経っていなくて非常に綺麗です。

HPがあんまりイケてなかったので、さほど期待はしていなかったのですが
前のホテルより安い上に、お部屋は凄く良かったです。

大抵こういうホテルって、写真とかパンフレットの方が実物より良く見えるのですが
ここのお部屋は・・・ 実物の方がもっといいです。 (←お、言いきっちゃったね。

そして小さいホテルだからこそ、オーナーの心配りがホテルに見られて
大~~変気持ちが良い滞在でした。 

プールも前のホテルと比べると断然小さいですが、
滞在できる客数が限られているからか我々の滞在中は混まず、ほとんど貸切状態。 

観光から帰ってきた後、ホテルのプールとジャグジーでリラックス。
それからシャワーを浴びてお部屋で本を読みつつリラックス。
その後ディナー ・・・の繰り返しでした

では続いて晩御飯

DSC_6317.jpg
レセプション付近も夜の照明に照らされて、昼間とは違ったまたいい感じです♪

DSC_6320.jpg
お庭の池には鯉が・・・

DSC_6541.jpg
沢山!! 
鯉を見つめるちっちゃなお子様のゲストに、オーナーが餌を取ってきてくれていました。
(そういった小さな心遣いがね~見ているこちらまで嬉しい気持ちに!

こちらでの晩御飯は前回のホテルとは違い、毎日コースで出てきます。
週に一度はバーベキューで、バッフェ式でした。

DSC_6321.jpg DSC_6323.jpg
カクテルが安い!! と思ったら、お味は 「・・・。」でした(汗)↑

DSC_6325.jpg DSC_6326.jpg
 
毎回、 前菜・スープ・メイン・デザートで、メインのみ選べます。
お味はこれなら悪くない といった感じで合格点です!

ここのホテルから、眩しい白砂ビーチまで徒歩1、2分なのですが、
そのビーチ沿いにこちらのホテルが経営しているレストランがあり、
ホテルでいくらかのバウチャーをもらってそこでもお食事が出来ます。

我々はここでのんびり・・・という気分でそちらには行きませんでした。

DSC_6329.jpg

夜のプールです。 イルカさんたちが浮かび上がって綺麗・・・♪

今日の日記は「makuiホテル満足日記!!」 みたいな感じになってしまいましたが(汗)

次はちゃんと観光の日記を載せることが出来ます!
世界遺産の自然保護区へ行ってきた日記です。

超熱心なこのブログの読者であるうちの母が続きを楽しみにしているので(笑)
出来るだけ早めに次のネタもUPしようと思っております。

まだまだ続きますが、オケーな方、お付き合い下さいませ。<(_ _)>

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/04/01 03:52 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(10) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。