FC2ブログ
秋のオランダ 建築士と奥さんの旅。
こんにちは~!!

ところでオランダ、
一時寒くはなったものの、なかなか冬っぽい寒さになりません。

寒くないのは嬉しいのですが、
次の夏が暑くならず、25度にすらならない・・・となる方が悲しいので、
この異常な暖かさにビビるわたしであります。
↑こんなこと日本に居る時は考えもしませんでしたが、
 半袖になれない夏って悲しいのよ~~。

aps.jpg

今日の日記はと~んと前のお話で、約1年前の10月、
秋のオランダに遊びに来てくれた、お友達カップルの旅のお話。

お友達のayuponさんは、ベルギービール講座を受けていたほどベルギービールラブ
な方で、建築士の旦那様は、有名なダッチ建築を見る気満々で来てくれました♪♪

面白い旅となったので、記念にここに載せたかったのですが、
なにしろ更新回数がさほど多くない私、載せないまま一年経ってしまったんです~
そんな旅行日記が結構あります。(^_^;)

aps (1)

早速ベルギービールを飲みに、家から徒歩圏内の飲み屋へ。
ベルギービールが沢山?置いてあるカフェ、Rootzです。
この店、なんと日本のガイドブックに載っていたりするんですね~。
場所は、グローテマルクト辺りで人に聞けば、誰でも知っていると思います♪

aps (2)

メニューチェック中。

ベルギービールは日本でも飲めますが、こっちだと凄く安いです。

何千と種類があり、コクがあって、複雑で豊かな味のものが沢山あります。
ギネスとかが好きな方は、イケるかも!

aps (3)

オランダのおつまみは、こんな感じです。

aps (4)

沢山のビール瓶を記念写真。

近いのでたまたまここに来ましたが、他にも色々な種類のベルギービールが飲める店は
オランダなら沢山あると思います。
又、どこのカフェでもある程度のベルギービールは置いてあるはずです。

aps (5)

10月のデン・ハーグ、 ビネンホフ前です。

出来るだけ綺麗な場所を歩きながらセントラル駅に向かいます。

せっかっく落ち葉の綺麗なこの時期を、今年は見逃してしまったっぽい!勿体無い・・・。

aps (6)

エッシャーミュージアム辺りで記念撮影♪♪

aps (7)

今週は風が強かったし、この落ち葉のじゅうたんももう吹っ飛んでいるんだろうな~。
でも今週末にでも狐さんと歩いてみようと話しました。

aps (8)

オーシャンズ12にちょびっと出てくるハーグの市役所。
美しいので建築士の旦那さんに通りがてらご紹介。

aps (9)

これも、ダッチ近代建築。
駅の手前にある建物で、しょっちゅうそばを通っているのに
中の方へ入った事が無かった! 
でも入ってみるとやっぱり、「おお~~!」という感じ!←詳しくないので色々言えない。

その後駅から、ユトレヒトへ。

aps (10)

乗り換えのスキポール空港駅で、オランダの冬の食べ物
オリボーレン:oliebollen を購入。 
ようはオイリーなボールっす。 そして中はもっちり♪

aps (11)

一番左のがそれ。 
やらしい私は大抵お店の人にまだ温かいか聞いて、温かかったら買っています。

aps (122)

オリボーレン、車内で食す!

その後 ユトレヒト、到着!

古い町並みが非常に美しいところです。

aps (13)

そして、古いからかやたら色々なものが傾いています。家とか。↑

aps (14)

窓もズレまくり。

aps (15)

・・・ 頼りなさげな所が可愛い。

気にしていなくっても、色々ズレているのが目に入ると思います!

aps (16)

こんな感じで町をぶらぶら観光~♪

そして休憩がてら頂くオランダ名物と言えば!!
 ↓
aps (17)

パンネックックだ=3 (ようはパンケーキ。)
私のガイドブックでは、オランダの食べ物第三位となっていますが、
ちなみに一位はハーシェでいいけれど、
二位の時点で既にニシンの塩漬けって・・・‚‚’‚š無いのね、他に。

私は甘いもの好きですが、
チーズやベーコンが入ったおかず系パンケーキの方が美味しい気が。

こんな感じで一年前の日記を今頃更新しましたが、
写真の中の二人の笑顔に癒されました~~♪
(顔出しOKって言っていたけれどビビリでやっぱりウサギにしてしまった~。)

思い返せば景気が悪いせいか、そもそもヨーロッパなんて遠すぎるせいか、
身内以外でお友達が日本から遊びに来たのは3回っきり。

やっぱりヨーロッパに行くって、気合がいるよな~・・・と思います。

次の日記は、建築士の旦那様の希望で、モダンダッチ建築観光です。

オランダは世界的に近代建築が有名だとはいえ、
この機会がなかったら、わざわざチャリで近代建築を見て周るってことは
無かったかも!

しかも、それが凄~く楽しめたので、ayuponさんの旦那様に感謝~~!!

そんなモダン建築巡り日記、宜しかったらお付き合い下さい。<(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/11/26 23:23 】 | デン・ハーグ 観光 | コメント(0) | page top↑
こっそりな美術館と 美術の楽しみ方。
こんにちは~!!

いや~~、いよいよ寒いですね~~。

さて、今日は地元デン・ハーグで過ごした週末のお話。
2週間くらい前のお話です。

mu (2)

MUSEUM BREDIUS・ブレディウス美術館 に行って来ました!

マウリッツハイス美術館のディレクターでもあったブレディウスさんが、
個人で収集したコレクションの美術館です。

場所は、ビネンホフの池沿いの道で、マウリッツハイスからもすぐです。
↑写真の左側が池です。 詳しい場所等はまた後で。

マウリッツハウス美術館よりも、もっと小振りで地味~な美術館なのですが、

mu (3)
中に入ると、 まあ~~~綺麗 うっとりです♪

フラッシュ無しなら写真撮影がOKということで、ちょこっと撮ってきました。

↑暖炉の前にあるゴブラン織りのようなついたて?素敵・・・☆
暖炉の上には、デルフト焼きの元である、中国の器と思われるものがありました。


mu (4)

狐さんの後ろには、ビネンホフの池と、あの指差ししている銅像が見えるでしょ♪

mu (5)

この WILLEM DROST・ウイレム ドロステ さんでしょうか、知らない方でしたが。
最初の部屋にある、この方のこの絵がすっごく素敵でうっとり~見るべし!
来たしょっぱなから久し振りにドキドキする絵が見られる予感!!

mu (6)

ところでこの木の道具↑何なんでしょう? 何度も出てくるんですが。
狐~に聞いても分からない~。

mu (7)

これこれ、この暖炉の装飾、イソップ物語じゃなくって!?

意地悪狐が鶴に、お皿にのせたスープをご馳走するのだけれど、
くちばしでは食べれんっちゅ~の! ってお話!
で、仕返しに鶴さんが狐に、細長~いツボに入れた食事をご馳走したっていうね!

子供振り?に思い出すイソップ物語に懐かしくて浮かれ気味の私でしたが、
狐さんはその話を知らず・・・。
しかもイソップ物語をwikiで調べたら、
イソップさんって紀元前600年とか生まれで、私が狐どんと観光で行った
ギリシャのデルフィの人に殺されたとかって! そんな昔の人だったとは・・・知らなかった。

mu (9)

この美術館の前にあるビネンホフは、昔こんな風だったようです。
他にも、ハーグの豚マーケットっていう、ブヒブヒな絵もありました・・・汗
豚マーケットがあったのかここは!

ところで、偉そうに 「美術の楽しみ方」 なんてタイトルに書きましたが、
これは私が偉いんじゃなくって、
ある本を読んで、そこから美術の楽しみ方を教えてもらったという話。

お友達の濱 登良子さんがブログで紹介していらっしゃったこちらです。↓

51ALIIypFrL._SL500_AA240_[1]

名画の言い分
―数百年の時を超えて、今、解き明かされる「秘められたメッセージ」 (単行本)


今これを読んでいて、もうすぐ読み終わりそうなのですが、
この木村泰司さんとおっしゃる方が、楽しい口用で美術について語って下さいます。

「美術は見るものではなく、読むものです」
から始まるのですが、

なぜルーブル美術館よりオルセー美術館の方が大いに楽しめたのか とか、
なぜ宗教画は 「ふ~ん。」 と心に響いてこない絵が多かったのかなど、
今まで心の隅で疑問に思っていた事が、コレを読んで凄・・・・く納得

美術は歴史と絡んでいて、詳しい事は難しそうだし切りが無いから、
心で感じて満たされればそれで満足 って思っていたけれど、
この本は歴史と共にある美術について、掻い摘んでサラッと教えてくれます。

木村さんが仰るように、”作品のメッセージや意図を読み解く”
ことが出来れば、絵をもっと楽しめる!それをしないと勿体無い!
と思わされました。 

美術館が好きな方、ヨーロッパ旅行に行く方にはお勧めです☆

mu (10)

この絵も、その本から読んだ事がある内容だったから、
「おお~~!」 と、お得感。
他にも同じく本で読んだような内容の絵があったり、
ヤン・ステーンの絵があったりで、嬉しくなっちゃう♪

オランダは昔、時代と他の国の先頭を切って走っていたような凄い国でしたが
その歴史が絵にも反映されている為、本にはオランダの事も沢山載っています♪

mu (11)
この手すり、素敵~~~

mu (12)

ここの美術館は、家のつくりです。
確かブレディウスさんが住んでたんじゃなかったっけなあ~?

mu (13)

ブレディウスさんは、有名な画家の作品だけでなく、
面白いな~と思う作品なんかも好んで集めていたようです。

そしてコレクションの中でも有名な物は、マウリッツハイスへ移動させたそうです。

mu (14)
「あなた何をチェックしてるのさ?」

mu (15)

ほんと、家!な美術館でしょ♪

mu (16)

ここからも池が見えます。 
ゆったりとした時間の流れに、ほっ。

mu (17)

この家、ところどころにビビビっと亀裂が走っていて、怖い・・・。

mu (18)

忘れずに一階のお部屋に置いてある、過去の写真を見ると面白いです。
ここにも載っているけれど。
なんか、今より写真の方が美術館っぽいわ。(笑)

とはいえ、写真は撮りませんでしたが素敵な絵が他にも沢山あり、
小さいながらに「いや~~いい美術館だったねぇ~♪」 と笑顔。

デンハーグではマウリッツハイス美術館に皆さん行かれるだろうし、
行って欲しいと思うのですが、
時間がある方は、エッシャーミュージアムや、こっそりとあるこの美術館に
いらっしゃるのもいいと思います♪

詳しい場所や入場料等はこちら。 ビネンホフの池沿いです。
入り口で、英語等で書かれた絵の説明ファイルが貸してもらえます。

mu (19)

ということでした! 


dillekamille.jpg

その後、日本人の観光客も訪れる、雑貨屋 ”DILLE&KAMILLE
のお向かいにあるカフェへ。
 
mu (20)

たまに来るコーヒー屋さんですが、
壁に昔のデンハーグマップが書いてあります。
又、壁側の席がこんな風に・・・

mu (21)

背もたれ付きな感じでくつろげます♪我々はいつも窓際です。

mu (22)

机に置いてあった新聞から、運動を適度にしない人は乳がんになる確立が
16%増し!(確か)みたいな記事を狐さんが発見!
オランダに来てからというものの、パタっと運動を止めてしまったわたし・・・マズイぞ。

mu (23)

ここのチョコレートケーキ、下の方を見て頂くと・・・じっとりしています。
美味しいのだけれど、量が~~3分の1でいいよ!というデカさ!

ふと天井を見ると、そこには女神さまが・・・

mu (24)

「女神さまがいるってことは、周りにいるのはキューピッドだな・・・。」
と、狐さんの横でぶつぶつ言い出すわたし。

キューピッドは天使・・・じゃあなくって、キューピッドと天使は完全に別物なのよ!
っていうことも、先ほど紹介した本から知りました。(笑)
ってか、そんなん欧米人でも良く分からん事だとおもうのだけれど。


こんな感じで、ゆったりした休日を過ごした我々です。

オランダでは 
「日本と違って、あれも、これも、それも無い!」 と思う事や、
娯楽の少なさとかがあると思うのだけれど、
でもヨーロッパだから出来る時間の楽しみ方があると思います。

もちろん、いつでも思い出せば日本は恋しいけれど、
心の底からため息が出る事はもうなくなりました。

これからどんどん暗くなっていくオランダで(冬は4時に日が暮れますから
こういったちょっとした楽しみを見つけていきたいな って思います!

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/10/19 22:33 】 | デン・ハーグ 観光 | コメント(6) | page top↑
いいじゃないか、地元ハーグ!!
こんにちは~!!
前回の日記、旧市庁舎の続きで~す☆

dehm1 (25)

dehm1(26).jpg

dehm 2

こちらの部屋で現在の女王のママ、ユリアナが式を挙げられたそうなのですが、
そんな格式高いお部屋で一般の方も結婚式が挙げられるそうです!!

はっきりいって、自分もここで挙げられるという事を知っていたら、超迷ったはず・・・。
自分の挙げた元お城も素敵だったけれど・・・・ここにしたかも?(笑)

っていうくらい美しくってずっしり重みのあるお部屋でした。

ちょっとRちゃん、ここでもあなた式挙げられるってよっ!!(笑)

右側には大きな絵が飾ってあったりするけれど、写真には撮りませんでした~!

天井を見ると・・・

dehm 2 (1)

この真ん中の天使、カメオみたいになっているけれど
彫ってあるんじゃなくって絵でっせ!!

dehm 2 (2)

こちらの時計、古いものだけれど(何年前のか忘れちゃいました!)
まだちゃんと動いています!おじいさんの古時計とは違うよ!
絵の部分が仕掛けになっています。 これも動くのかな?可愛い~

dehm 2 (3)

こちらは約170年前に描かれたものですが、
右側がこの旧市庁舎、左側が教会です。

どちらも前の日記に写真を載せましたが、色は違うけれど本当に同じだ~~!

dehm 2 (4)

こちらは左が教会、右が旧市庁舎。

教会の矢印のところを見ると、バーのようでお酒か何かを飲んでいます。
現在のこの場所も、カフェなんですよね~!

dehm 2 (5)

この大きな間は、窓から外を覗くと手芸雑貨屋があったので、
このお部屋が正面側にあるということです。元気亭側ですね。

dehm 2 (6)

ああ、とにかくため息・・・な素敵な旧市庁舎でした!
ハーグに住んでいる皆さん、来年行くべし!

次は、うろうろしていて通りかかった・・・

dehm 2 (7)

フリッツ屋さん!フライドポテト屋さんです。
ピカソのような?絵が目印。

dehm 2 (8)

二人のお友達がおいしい!と教えてくれたのですが、確かに!

同じくハーグにある、ヘルシーなオイルとやらで揚げたブラムのフリッツよりも
体に悪そうなオイルでおいしい!!(笑) 体に悪そうなものっておいしいですよね。(汗)

↑気になる貴方は papestraat にあるので、グーグルマップでチェキラッチョ!
大きな通り、hoogstraat と重なる角のそばにあります。

次に行った所で見た昔の地図。

dehm 22 (9)

ピカピカマークを付けたところが大きな教会と、ビネンホフです。

美術館の絵などで今でもある建物を見つけると、嬉しいですよね。

dehm 2 (10)

はい、次は隠れ家のようにあったカトリックチャペル!です。
今は隠れてないけれど。

dehm 2 (11)

シスターがはちみつなどを売っていました♪

dehm 2 (12)

落ち着いた雰囲気の美しいチャペルです。

ここはプロテスタントから隠れてこっそりカトリックを信仰し続けた
隠れ家のようなチャペルだったそうです。実際にこうして見たのは初めてかも!

dehm 2 (13)

どっしりとしていて曇りがない感じの美しいステンドグラス。

ところで 

子供向けに著名人を漫画で解説している分厚い本、ご存知です?
私が子供の頃にすでにあった本なのですが。

小学校の頃に買ってもらったそれに”イエス・キリスト”があって、
漫画だったからか今でも色々な場面を割りと覚えているのですが
そのおかげで上のステンドグラスのキリストのシーンが何なのか分かります。

ヨーロッパは宗教画が多いので、キリストの生涯のお話をまだ知らない方は
ヨーロッパ旅行の前に本屋でその子供向け漫画本でも立ち読みすると
手っ取り早く以前よりは宗教画が楽しめるかも?

dehm 2 (14)

写真にすると色が飛んでしまっていますが、
もっとはっきりした色がステンドグラスからこぼれていました。

dehm 2 (15)

旧約聖書のアダムとイブです。 きれい・・・

dehm 2 (16)

懺悔のお部屋もちゃんとありました!

このチャペル、普段は公開していないのでしょうか、分かりませんが。

ちなみに場所は、このカフェのお向かいです。

dehm 2 (17)

ここ、行った事が無いので一度行ってみたいです♪
住所は Oude Molstraat 30d  です。 興味のある人は、グーグルマップでチェケラッチョ!

dehm 2 (18)

ビネンホフです。
この日はいいお天気でしたわ~~。
いいね~デンハーグ!!美しい街だ!

dehm 2 (19) 

虹です。 晴れた日はよくここに虹がかかります。

なんと!!このビネンホフ↑の中にも入れちゃうっていうので
この後行ってきました♪

次の日記はビネンホフチェーック! です。
実はその後日にあった金の馬車と女王も見に行ってきたので(笑)
そのこともちらっとご紹介☆

ではでは今日もお付き合い頂き有難うございました!<(_ _)>
  

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/09/25 19:28 】 | デン・ハーグ 観光 | コメント(0) | page top↑
美しくて胸いっぱい!!モニュメントデー☆
こんにちは~!!

南仏日記スタートしておきながらすでにオランダ日記に戻っちゃってマス=3

だって早く書かないと忘れちゃうんですもん。
すでに細かい事は忘れているけれど。(^_^;)

週末はオランダの歴史的建造物などが無料で一般公開される、
” Open Monumentendag ” モニュメントデーでした♪

ブログ上で仲良くして頂いているオランダ情報ブロガーの 
POPULAさんのブログ
(↑勝手にリンクしちゃいましたが(^_^;)大丈夫だと思います!)
を見て、このモニュメントデーについて前もって知ることが出来ました~!!

この日は普通のハーグの町に・・・

dehm1.jpg

レトロなトラムが走っていました~! 
大きい教会の前です。 思わずシャッターをきっちゃいました。

dehm1 (1)

このトラムなんて、ぴかぴか!

dehm1 (2)

オープンモニュメントデーの事は新聞にも載っていたようで、
マリアママから平和宮(国際司法裁判所・雅子さんのお父様が所長の)
を見に行くといいよ!! と言われていましたが、
あそこは予約をすればガイドツアーで見ることが出来るので
(どれだけ見る事が出来るのかは分かりませんが)

とりあえず徒歩圏内の超近場に行ってきました!

dehm1 (3)

↑こちらは前に住んでいた家の窓からいつも眺めていた聖ヤコブ教会
(ガイドブックにあるハーグ中心部の地図の、通常左端に載っている教会です)

その向かいにある・・・

dehm1 (4)

HET NUTSHUIS!を覗いてみました♪
よくイベントか何かをやっているけれど、中に入ったことはありません。
元気亭がある通りで、ここをずっと進むとビネンホフがあります。

dehm1 (5)

中に入ると綺麗なステンドグラス。外からはこんなに綺麗だとはわかりません。

ずずっと奥に入ると、こ・れ☆

dehm1 (6)

そうです、ここは銀行だったのです!! (狐、嬉しそうだ・・・笑)

建物は1920-21に建てられ、
1963年まではオフィスもあって普通にお金を出し入れ出来る銀行だったそうです。

それ以降、オフィスは移転し、2002年まではお金などの保管のみですがまだ
銀行として使われていたそうです。

dehm1 (8)

これは大きな金庫の扉の横にびっしりあった、
貴重品の保管ボックス。

dehm1 (7)

大切な書類やジュエリーなんかを入れたのでしょうか♪

dehm1 (9)

もうひとつの扉は中に入れます。

dehm1 (10)

金庫の取っ手。 おおお~ って感じでした!(なんだそりゃ。)

dehm1 (11)

扉の裏側に付いているのは

dehm1 (12)

こんなんでした!ダイヤル?

大きな扉の金庫に入ってみると・・・

dehm1 (13)

ど~だ~☆
壁にびっしりあるのは、先程の貴重品ボックスですよ~。
もう銀行としては使われていないけれど、
素敵にインテリアとして残されていますね~♪素晴らしい!!

ということで、銀行の次はお向かいにある、
先程の大きな聖ヤコブ教会へ。

dehm1 (1<br />4)

ヨーロッパってあちこちの教会が開いていて、フラッと中を覗いたりできますが、
この教会はそうではありません。 オランダの教会自体あんまり開いていないのかな?

なので、奥までずずっと入るのは、これが初めて!
お母さんってこの教会、入ったっけ?

dehm1 (15)

おお、こんなに立派だったのか~!という感じでした。

dehm1 (16)

400年近く前の物が壁に掛けてあったり(←なんだかは分からない)
足元の床のお墓?は皆が歩いてすれてしまって字も何も見えませんでした。

dehm1 (17)

こんな教会です。最初は木造で小さな教会だったそうですが、
どんどん増築されて今のように大きくなったそうです。

前の家に住んでいたときは、この写真↑の右側にある
小さなAH(スーパー)に買い物に行っていました~。品薄なスーパーでした!

はい!次は教会の隣にあってよく観光客の団体さんが立ち止まっている・・・

dehm1 (18)

旧市庁舎です!
古いけれど、中はどうなっているんだろうな~なんて思っていましたが、
まさか見ることが出来るとは!!

中はですね、も~~~~ 凄かったっス=3

dehm1 (19)

1564年に建てられたこの旧市庁舎、も~ため息もの。

プリンスウィレムとプリンセスマキシマのリトルプリンセス達は、
ここで出生届け(か何か分かりませんが)の手続きをしたそうです。 おお~。

役所としては使われていませんが、現在も何かで使われています。

dehm1 (20)

このシャンデリア!! 今は無い?名古屋港のイタリア村の美術館で見た
ベネチアングラスにそっくり~~!

dehm1 (21)

このお部屋(いや、どのお部屋も)
もう美しくって胸がいっぱいに・・・
なんか、本当に久し振りですこんな気持ちになったのは。

最近もちょくちょく美術館に行ったりしましたが、それ以上の満たされた気持ちに・・・♪

dehm1 (22)

真ん中の金色の部分の鳥はコウノトリ。
この街、デン・ハーグのシンボルです。 
教会てっぺんにも金色のコウノトリがついています。

dehm1 (25)

このお部屋も凄く素敵!!! 
廊下に部屋の名前が書いてあったので、なんの部屋か分かります。
(忘れちゃったけれど。)

天井も素敵。

そしてこの写真の奥の椅子・・・

dehm1 (24)

dehm1 (23)

も~ディテールもすっごく可愛い。いちいちどれも素敵。

大昔のベルサイユ宮殿にあるようなものも凄く美しいのだけれど、
バッキンガム宮殿のように今でも使われているものの方が私は感動します。
まだまだ褪せていない美しさ、生きた美しさがあるという感じで。

なので夏の間だけ公開しているバッキンガム宮殿も私は超お勧めデス!!
凄く感動した覚えがあります。


オランダでは日本の婚姻届と違って、式で誓いを立てないと結婚が出来ないのですが、
ここでも式を行うことが出来ます!! 知っていたらここでやってたかも!!(笑)

又、地下は建物よりも古くって、今はレストランとなっています。

旧市庁舎の途中ですが、写真もいっぱいで長くなってきちゃったので
また続きは次回~~。

気が向いた方はお付き合い下さい♪♪

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/09/18 15:15 】 | デン・ハーグ 観光 | コメント(8) | page top↑
前ページ | ホーム |