スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
洞窟GEMEENTEGROTと、オランダ式混浴サウナ。
こんにちは~!!

マーストリヒトのお城の(横のビジネスホテルみたいな)お部屋で2泊後

マーストリヒトからすぐのところにあるファルケンブルグ:Valkenburg
へ行ってきました。

でもその前にマーストリヒトで入ったレストランでのお話。

せっかくだから!! と、ちゃんとしたご飯を食べてきました。

DSC_6029.jpg
大好きな牡蠣。 いっこ凍っていました。
「母よ、ゴールウェイのより旨い牡蠣はまったく出てこんよ。」

DSC_6030.jpg
お魚とリゾット。
最初すっごくおいしかったのに、すぐに飽きてしまう味でした。

と、前回のお城でのお値打ち晩御飯が当たりだったせいかちょっとがっくりで
お腹もいっぱいだしデザートをやめてコーヒーだけ頂いたのですが

コーヒーに付いてきた色々なお菓子の中の一つ、星型チョコ、
DSC_6032.jpg
マーストリヒトの旗には星が付いているのですが、
この星の中に 「Mestreech」 って書いてあるんです~♪(見えないしね。)

本当は”マーストリヒト”のスペルに「e」は一つも入っていませんが→Maastrichts
ここの州の言葉、リンブルグ弁になるとeが三つも入るのであります!!

「おおお!!」 
と、チョコを写真に収める私を不思議そうに背後から見つめるお店のスタッフ。
その人に「あはは~日本人だからね!」と狐さん。
すると陽気なリンブルグ弁で話しかけてきてくれました。

お店を出る前にトイレをすまし、テーブルに戻ると・・・

DSC_6036.jpg
「!!あのチョコだし!!
陽気なスタッフのおじさんがチョコをくれたのです~!!
(このチョコ、やめられないウマさだったの!!)

なんちゅーいい人!! と
気分よく帰って行きましたとさ♪

こういうことって、きっとハーグとかの北オランダではなかなか無さそうですよね!


そして翌日はそのフォルケンブルグ観光。

DSC_6040.jpg
このあたりでしか走っていない電車で行ってきました!!
(母よ、ここの電車は見ての通りめっちゃ綺麗だったわ。

旅のお供は 年末来てくれたお友達からのお土産↓
DSC_5981.jpg
「極細ポッキー」
極細だからなのかなんなのか、何だかやたら旨い。
チョコはオランダの方が旨いはずなのに、それとはまた違った旨さ。

しかも箱のサイド、見えます? 
あけ方はもちろん、召し上がった後にこうたたんで頂戴ということまで書いて有ります。

DSC_5979.jpg
食べた後用の切り込み線まで!!! なんちゅう至れり尽くせり。
せんでもいいのに思わずその通りに折りたたんでしまいます(笑)

こういうところが面白いですよね、日本!!

そしてホームページがイケてた洞窟、GEMEENTEGROTへ


DSC_6041.jpg
し~~ん。

「ややややってないの??」 
というくらい誰もおらず、チケット売り場にすら誰もいない(笑)
トイレに行きたかったのに、トイレらしきところも開いていない(ここでは冷や汗)

なので次にツアーが出る時間までお茶をして待つ事に。

DSC_6042.jpg
こちらその洞窟の外壁。

この洞窟の中からこれと同じ石を掘っては教会などの建物に使ったりして
出来た洞窟らしいのですが、こんな風に簡単に彫れちゃう柔らかい石です。

お茶から戻ってきたらゼロだったはずのお客さんが結構いらっしゃいました。

DSC_6043.jpg
こんな感じで車にのって進むツアーが30分おきにありました。
歩くツアーもあるのですが、回数がもっと少ないんです。

(チケット売り場のオジサンがいなかった理由→この運転手もやっているから)

2000年前にはあったこの洞窟、
あらゆる時代の方々が壁に書かれた絵や落書き?なんかもあるのですが、

びっくりしたのがこの洞窟がシェルターとしても使えるようになっているということ。

第三次世界大戦が勃発した時の為に(?)
確か1万5千(だっけ?ウソかも?)といった人々が生活できるくらいの・・・

DSC_6046.jpg
シャワー室とかトイレとか・・・

DSC_6047.jpg
ドミトリーのような寝室もありました。

DSC_6049.jpg
こちらは20人用・・・みたいなふうに。

確かこの洞窟自体は全部で70キロかどんだけのどえらい長さで、
実際見ることが出来たのは2kmくらい??

1.5メートルもの大きさの顎のある恐竜の化石みたいなのが
ここから出てきたとか。昔ここは海だったので泳ぐ恐竜ね。

100年くらい??前までは、人々が寒い時期にここでも住んでいた??とか??

と、
わざわざオランダゴから英語で狐さんに教えてもらったのに
肝心な数字の部分とかを覚えていませんが(汗)大体そんな感じです!!

とにかく凄く広くって、そのほんの一部を見せて頂いたことになるのですが、
結構な30分のツアーでした。 

詳しい事が知りたい方はこちらから↓
GEMEENTEGROT のHP

こちらではシェルター部分だけじゃなくってちゃんと絵とか彫ってあるのとかが
見られます(笑)

そしてこの後に行ってきたのが洞窟から10分ほど上に歩いた所にある
thermae2000 HPこちら→ thermae2000HP

わたくし初の オランダ式サウナ デビュー!!!

ってなんでこんなに声を大きくするかと言うと、

「混浴なんです。」

ここから先は長くなるので興味のある方だけread moreで

read more...
スポンサーサイト

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/31 01:33 】 | オランダ 観光 | コメント(10) | page top↑
マーストリヒト ぶらぶら観光。
こんにちは~!!

前回はお城ホテルのお話でしたが 

今回はそのマーストリヒトでの観光のお話です。


せっかくハーグから遠いマーストリヒトまで来たのに
ガイドブックを忘れるすっとぼけた私!!


とりあえず、近くにあった教会に入ってみました。


DSC_5997.jpg

そしたらステンドグラスが・・・ 珍しい!!そして赤が強くて鮮やか~♪
 
DSC_6000.jpg

なんでも学生さんが作ったそうな・・・か、デザインされたのか・・・
(狐さんから聞いたのですが、忘れてしまいました!(^_^;)

DSC_6002.jpg
マーストリヒトです!


私にとって珍しかったのは、これ↓
DSC_6005.jpg
お船が行く時に橋がぐぐーんと上がるんです!
そして行ったら元に戻ります。

DSC_6008.jpg
そして完全に戻ると自転車も通れるようになります。

私には珍しいですが、オランダではよく目にする光景なのだと思います。


DSC_6010.jpg
なんちゅう美しい町!!

北の町並みとはまた違った美しさです。


DSC_6021.jpg
このドアをノックノックするのの形が大好きです
特に好きなのはこういった手形の。 ハーグでもよく見ます。

DSC_6013.jpg
おお、こんな立派なのは見た事無いわ。
これは・・・ノックノックはできないのかしら?

DSC_6011.jpg
こちら、(また詳しい事を忘れちゃったのですが)何百年も前の古い水車です。

DSC_6012.jpg
中を見てみるとこんな感じ。
・・・パーツは新しいのかな??

こちらでは リンバ~グで有名なパイを頂く事が出来るのですが
我々はお茶をしたばかりだったし、パイも食べた事があるのでパスです。

ガイドブックにも載っている、こんなお店です。 → The Bisschopsmolen

この辺りは素敵な家具屋さんなどもいくつかあり、
町を歩く皆さんもなんだかお洒落な方々ばかりでした!

DSC_6017.jpg
マーストリヒトといえば城壁や要塞。

DSC_6015.jpg

DSC_6018.jpg
こちらは地獄門 Helpoort。

DSC_6019.jpg

ガイドブックによると、
ペストを患った人々はここから隔離施設に送られたのだそうです。

またしばらく歩くと・・・

DSC_6022.jpg
三銃士に登場する誰かさんがここで亡くなられたそうで、その銅像。
「おお~、ここだったのか~!」 と嬉しそうな狐さんと
「・・・。」 三銃士を読んでいないトホホな私。
誰か持ってたら貸してくださ~い

そして
DSC_6024.jpg
大きくって不思議なモニュメント的なアート。

まあるい檻の下の方に 動物が見えますよね。

今までで絶滅したさまざまな動物の像が、ぐるっと一周あるのです。

そして上を見ると(黄色く囲ってありますが)女性の前に横たわったキリンさん。

DSC_6023.jpg

「何でキリンは絶滅していないのにここで倒れているの?」
という私からの質問に、
このアートに付いている説明のプレートを読んだ狐さんが答えてくれました。

でも先々週に聞いた話だし、狐さんの話は何となく聞いている事も多いので(おぃ。)
細かい所は間違っているかも!

このアートにあった説明のプレートによると、



オランダの何処かの動物園で、ある飼育係さんが

絶滅の危機で最後の一頭の種となった熊さんを担当していたのですが

その熊さんが死んでしまった日の夜、夢の中で熊さんがお願い事をしてきたそうです。

その内容が

彼同様、絶滅した仲間の動物達が忘れられないように

何かを作ってくれ・・・か、アートを作って欲しい といった事だったそうです。

でも何でここにキリンさんがいて、肝心なこの絶滅種の熊さんが居ないのかというと


「僕がここに登場するのもなんだから、僕の好きなキリンさんを変わりに置いてくれ」

だとか。

ふふふ、ちょっと面白くないです? 面白くないって?(汗)

この説明プレートの内容がどれだけ事実かは別として
(私は事実だと思っているのですが・笑)

絶滅した動物の事や、人間がしてきた事などを大声で訴えるアートではなく

見る側に柔らかく伝え、事実をしんみりとした気持ちで受け止めさせられるアート。

熊さんの思いの通りのアートであるといいです。

これ以上同じ事が繰り返されぬよう
そして未来の人間の子供たちの将来のためにも
小さい事から出来ることはしないと です。

DSC_6026.jpg
はじめて見た火が付きっ放しの像。

とういうことで、 私としては「観光と言うより散歩になっちゃったな~。」
だったマーストリヒト。

しかしどうやら狐さんの実家からは車で一時間も掛からず、
狐さんも昔ここの大きな病院に2週間入院した事があるとか(なんじゃそら)

なので
またいつか来たいと思います!!

次の日記は
マーストリヒトでのレストランの話と
マーストリヒトからすぐの場所にある人の手で作られた洞窟と
同じくその側にある初めて行ってみたオランダ式サウナ(混浴風呂。)
のお話です。

気が向かれたらお付き合い下さい。<(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/27 23:58 】 | オランダ 観光 | コメント(18) | page top↑
ちょっと笑えたお城ホテル。
こんにちは~!

今週は夫婦で微妙に風邪気味で、ずっと家におりました。

ブログに書きたいネタは沢山溜まっていくのに、全然進まないわたし。


しょうがないので古いネタはとりあえず置いておいて、

リンバ~グ: リンブルフLimburg州 にある
マーストリヒト Maastrichtという町へ週末遊びに行ってきたお話しを

出来るだけサラ~ッ としたいと思います!! 終わらないから!

まずはちょっと笑えたマーストリヒトのお城っぽいホテル。

DSC_6039.jpg
コレなんですがね。

DSC_6038.jpg
旦那さんの携帯のポイントが溜まってタダで泊まれるってんで行ってきたのですが

DSC_5987.jpg
お城っぽいホテル じゃなくって、 昔本当にお城だったようです。

DSC_5988.jpg
昔はこんな感じだったらしい。
お城についての説明も書いてあります。

DSC_5990.jpg

と、かなりお城!してるホテルなのですが、
これらの写真を撮ったのは翌日の朝で、我々がマーストリヒトに着いたのは夜。

マーストリヒト駅からタクシーにちょっと乗って、
暗い中着いたお城ホテルの受付がこれ




DSC_6037.jpg
・・・。
実際はもっと暗くって、ピンクのライトがパ~ッとしていました。
ある意味お城ホテルしてます。

DSC_6035.jpg
ずずっと行ったロビーっぽいところも

お城ホテルって言うよりかなりモダンなホテルですよね。

そして翌朝、ホテルをちょっと見てまわりますと・・・

DSC_5982.jpg
こんな感じ。 緑が美しいです。
ここの奥では夜お酒が飲めました。

DSC_5984.jpg
お城っぽい昔ながらの装飾と、モダンのコラボでしょうか。

DSC_5985.jpg

ということで、ここのお城ホテルはモダンでした!(笑)

特に客室がそうで、
壁が赤、別の面の壁がグレー、そして天井が真っ白っていうモンドリアン状態。

そしてお城ホテルなのに(?)バスタブが無しっていうね。
それには私、ちょっとがっくり。 2泊だし。
・・・でもタダですしね!!←そればっかり。

ちなみに外から見た客室は・・・

DSC_5989.jpg
ココです。 

DSC_5992.jpg
外から見ても最近な作りですよね。
一番外の面の壁だけ昔のまま残っているのでしょうか。

客室は清潔なビジネスホテルといった感じでしたが、(実際ビジネスでの利用も多そう)
朝食はそれ以上に良いと感じました。(自家製ヨーグルトのお味がグー!)


あとここのレストランでディナーが頂けるのですが、
(これまたモダンなデザインのプラスチックみたいな椅子で笑えたのですが)

一人29、5ユーロで、前菜・メイン・デザートのコースです。
これはオランダにしては非常に安い!!

そして味も普通においしく、盛り付けも綺麗にしてあったので
価格を考えると非常にラッキーでした


ということで、 私としてはちょっと笑えるビジネスホテルのような
お城ホテルのご紹介でした~!

お城ビジネスホテルのHP→ KASTEEL VAESHARTELT HOTEL

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/23 08:01 】 | オランダ お城ホテル | コメント(10) | page top↑
あったよ! ポニーテールの信号機っ。
もう 

ほんとうにどうでもいいじゃんよと言われそうな話ですが


たまたまミッフィーちゃん信号機を探していた時に見つけた

「ポニーテールでぽっちゃりめの女性の信号機。」


またまた発見っっ!!!

コレ↓


DSC_5993.jpg

「おおお~~~っ。」 ←と皆さんが言っているといいなあ。言わないって?(笑)

DSC_5994.jpg


しかも前回と同様にアムスで見たわけではなく、

オランダのどどど~んと南の端にある町、マーストリヒトの大きな通りで見ました。

アムスの時と同じく一つだけ。 


・・・これってあちこちの町にあるのでしょうかね??

誰かが遊び心で作ったのか、ちゃんと理由があるのか・・・不思議だ!

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/20 23:58 】 | オランダ 日記 | コメント(8) | page top↑
オランダ人が知らない ミッフィー信号とキンデルダイク。
こんにちは~!
最近ちょっと気温が温かくなってきて、氷が溶けちゃっています。


今日は年末にお友達と行った、
キンデルダイクの画像 と ユトレヒト:Utrechtのお話を。

まずは冬のキンデルダイク。

DSC_5835.jpg

DSC_5839.jpg

冬は冬でまた美しい、世界遺産のキンデルダイク。
キンデルダイクとはこの地名で、19基の風車が建っています。

DSC_5840.jpg

でもキンデルダイクが世界遺産いうことも
又キンデルダイクという地名すら忘れてしまって知らないオランダ人も多いんですよ~!

画像 → 春のキンデルダイクへ。
画像 → 夏のキンデルダイクへ。


次はミッフィーちゃんの ユトレヒト:Utrecht。 

とういのも、ミッフィーちゃんことうさこちゃんの生みの親のディック・ブルーナさんは
ユトレヒトに住んでいらっしゃるのです。

となると日本人。

やっぱりミッフィーちゃん関係の物をこのユトレヒトで見たい!! 


ということで

初めて見てきました!
オランダ在住日本人には有名?なミッフィーちゃん信号を!!


しかし、わたくしその信号機の場所を前もって調べていなくってですね、
というのもユトレヒトに住んでいる人に聞けば分かるだろうと思ったわけですよ。

そしてパンケーキ屋のお姉さんに聞いたら
やっぱり日本人に聞かれるのかご存知でしてね、

その教えて頂いた場所へ行ったら・・・

十字路に歩行者信号はいくつもあるのに、
何故かほとんど全部電気が点いていないんですよ。

夜、電気のついていない暗い信号をいっこずつ眺めてみるものの・・・

「ん~これみんなミッフィーちゃんっぽくないよね~?」
ということで、他にあるんじゃ?? と、この辺りのオランダ人に聞いてみたものの・・・

狐さん:
「あの~すみません、この辺にナインチェのストップリクトはありませんか?」
※ ナインチェ=オランダゴでミッフィー。ストップリクトは信号機。

聞かれたオランダ人:
「・・・・ はっ?? ナインチェ??」
「あっ、はい、ナインチェのストップリクトなんですが・・・・。」


他のオランダ人に聞いても
「ナ、ナインチェのストップリクト?? ナ、ナインチェの??」

と、皆さんご存知無い!! 
ユトレヒトに住んでいらっしゃっても、 「な、何のこと???」 という反応!
二人連れの方3組くらいに聞きましたが全滅。


そこで私、どうしたかというと・・・

場所を聞くためにお友達のzebraさんの携帯に電話してしまった・・・
↑も~こんな事で電話して、ワタシってばホントだめね~!!(T_T)

というのもzebraさんは以前、
彼女のブログにミッフィー信号の事を書いていらっしゃったのです。

したらば優しいzebraさん、しっかりばっちり教えて下さいましたよ~!!!
も~!!! 
「ありがとうございましたっ!!!<(_ _)>!!」
今年はもっと遊ぼうね♪

そしてその教えてもらった場所、 バイエンコルフ百貨店の前の交差点に行くと・・・

DSC_5847.jpg

あ、あ、あ、あった~!!! ちょっと感動っっ!!!

と共に・・・

DSC_5843.jpg

ユトレヒトの皆さんが知らないの、 納得っ!!

だって、小さいんだもの~!! 

これは知っていないとなかなか気付かない!!
だって赤か青かだけでしょ、信号待ちの人が見てるのって!

その後ナインチェの広場にも行ってきて、

DSC_5851.jpg


DSC_5848.jpg
丸で囲ったのがその広場にいる友達と狐さんとナインチェ像です。

これもちっさい!!

でも、春になったらこの公園を囲む丸裸の木々もわっさわさ緑になって
きっと可愛らしい広場になるんだろうな~♪

とうことで、色々な人に迷惑を掛けながらミッフィーちゃんの信号機を拝んだのでした!!

ちなみにこの後、バイエンコルフから駅に向うまでの道で
ポニーテールをしたぽっちゃりめの女性の信号も見たんです。これホント。



最近過去の内容の日記ばかりで最近どうしているかを書いていませんが
お友達と会ったりして元気にやっとります

今日から週末まるっと南部に出かけて(実家じゃないよ。)
思いっきり気分転換してきまーす!!!

とうのも、
「狐さんの溜まった携帯のポイントを使って、ホテル代がタダなんですっ!!」

タダタダ!ルンルン!!

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/16 20:27 】 | オランダ 観光 | コメント(10) | page top↑
デン・ハーグ 寒中水泳大会。
こんにちは~!! 

寒中水泳大会!! ・・・とまでは言えないと思うのですが

今日は元日に見てきた
ハーグのスケベニンゲン(地名です)のビーチでやっている
毎年恒例の真冬の海へのダイブ! のご報告をしようと思います。


年末年始、せっかく日本からお友達が来てくれたけれど
元旦は行く所もやることもないね~~ ってことで

唯一のイベント??
お昼の12時から始まる冬の海へのダイブを見に行って来たので~す!


どんなもんか? と思って行ったら・・・

DSC_5949.jpg
バンドなんか出ちゃったりしてるし。

DSC_5954.jpg
そして結構な人!

お子さん連れがやたら多いのは、子供が朝ゆっくり寝かせてくれないからかしら(笑)


私の寒中水泳大会のイメージは、 ”地味に寒さに挑む!!” だったのですが

DSC_5955.jpg
ビーチをみるとダイブする予定の人たちが
奥の黒いテントの中のおねえちゃん達に合わせて音楽にノリノリ踊りながら準備体操中!!

そんな皆さんを見ているだけで ぷぷぷっ!!って笑えてくるし!
なんだか思いの他盛り上がってるし!!

そしてUNOXの出店でエルテンスープやホットドックを買うと・・・


DSC_5953.jpg
こんな帽子が貰えたりして、なんだか楽しいし!
皆で被っときました~!


そして12時間近になり・・・

皆脱ぎますっっっ。 このくっそ寒い中!!

DSC_5956.jpg
あれ?皆が皆脱いでいるわけではないのかしら??
皆脱げ~!!!

DSC_5959.jpg
皆様地味~に軽くビーチへダッシュして行き、
多分海にある程度入ったら速攻戻る!! みたいな感じかしら??

もちろん泳いだ人もいるけれど、大抵の人は膝までとか??(笑)

といった感じで実際どうかわかりませんが

皆が脱ぎだすまでの方が盛り上がった感がありました!!

結構若い女性なんかも参加していましたよ 
なんでする気になるんだろうか? 思い出作り??


その後・・・

DSC_5962.jpg
スケベニンゲンビーチにある童話の像なんかを見て回って・・・

平和宮へ。

DSC_5963.jpg
この平和宮、国際司法裁判所として使われています!! ここでです!凄いでしょ!!

そして横に目をやると、よくわからないのですが世界から集められた石が。

ちなみに日本からの石は・・・
DSC_5964.jpg
コレです!

いや、その白いのじゃなくってその上の!
すっごく小さいのですが 火山岩でしょうか??


と、私が住む街デンハーグをちょっとご紹介する事が出来ました。

ところで今年は

DSC_5917.jpg
同じくハーグにあるビネンホフの氷が張っています。

DSC_5921.jpg
これは年末年始に撮ったちょっと前の画像なのですが

その後また冷え込んだので凍りも厚くなり
週末にはここでスケートを楽しんでいる大勢の皆さんが!!

この建物で総理がお仕事したりするんですけれど、
その前でスケート! なんて乙!!

今年は凄く寒いので、長いこと見られなかったという
オランダの風物詩、水路でのスケートも見る事が出来ました

今年の冬は冬らしく寒くなったという事で、夏も通常の夏らしく今年は暑くなりますよ~うに!!

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/14 08:14 】 | オランダ イベント | コメント(4) | page top↑
ロッテルダムで 年越し花火。 
12月の27日から翌月3日まで、
AUS繋がりの神戸のお友達が日本から遊びに来てくれました!

なので、

年越しは

ハーグにあるスケベニンゲンのビーチへ行って
キャンプファイヤーみたいなのやら、各自好き勝手花火をしている様子を
見に行こうと思ったのですが

ロッテルダムに住むダッチ友達が
「オランダで一番大きな花火を見に来たら?」
というのでロッテに行って来ました。


DSC_5936.jpg
そのロッテのお友達のお宅です。

男性の一人暮らしなのに綺麗にしていらっしゃる。

本物のもみの木は、彼の地元 (狐さんとジモッティーです。)
で買うと10ユーロ。
しかしこっちで買うと都会だからか50ユーロ!!するので、
ご両親が買ってえっちら車で持って来てくれたらしい。

そんな彼のお宅には・・・
DSC_5935.jpg
道着の後ろにちらりと稲中卓球部がっっっ。 
くーーー懐かしいっ!!

彼、コレが流行っていた頃に学生として日本に住んでいたのです。
だから剣道もやっているみたいです。

「私も剣道やっていたけど、防具はもうお母さん捨てちゃったかも・・・。」
と言ったらびっくりされました。 やっぱ勿体無かったかな~。
お母さん、アレやっぱ捨てた??」 ←今更!!

その後くそ寒い中、

お友達4人と我々3人で、チャリで2ケツして花火を行って来ましたよ~。

DSC_5937.jpg
DSC_5939.jpg

ここで花火を見ながらボトルごと皆で回し飲みしたシャンパンが・・・

狐さんが家から持ってきた
”ドイツのお友達ご家族が我々の結婚のお祝いに下さった” シャンパンでした。

それって私的には  ・・・??

小声で↓
 「よっとこのシャンパン、あれじゃないよ??何で皆に振舞ってんのよ??」
「ええっ。ボク、makuiに聞かなかったっけ?持って行っていいかって。」


・・・聞いてましぇ~ん。 あなた私に言ってましぇ~ん。

というのも私の中ではそのシャンパン、いつ飲むのか決まっていて・・・

狐さんの携帯のポイントが溜まって、
お城っぽいホテルでタダで二泊出来る事になったので
その時にこのシャンパンでまだしていない結婚一周年のお祝いを
落ち着いてしようと思っていたのに・・・

皆で仲良く回し飲みしました~~あはは~美味じゃった。


DSC_59433.jpg

オランダでは以前花火貯蔵庫で大爆発があったからか
年末年始しか個人で花火をすることが許されていません。

DSC_5946.jpg
なので、こんな感じで路上とかのあちこちで
爆竹やら花火やら皆やりたい放題で遊んでいます。


そして毎回、大勢のはしゃぎすぎちゃった若者が
おまわりさんにしょっぴかれて行くのです。


でもここは人が多いからか、皆パーティーに行っちゃうからか
あまり路上で花火をしている人はいませんでした。

DSC_5947.jpg
キラキラ紙吹雪まみれの路上。


ちなみに昨年の年末は自宅で花火を見ましたがこんな感じでした。
非常に地味なのに、めっちゃくちゃ爆竹と花火でやかましかったです。

・・・オランダでの年越し2回目。

しっぽりな日本の年越しを恋しく思うのでした~!!

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/09 03:07 】 | オランダ イベント | コメント(10) | page top↑
狐家の食っちゃ寝クリスマス。
さて

今日から今まで通りな感じの日記に戻ります!

ちょっと前のネタになりますが、日本の家族に報告がてらのクリスマスの日記を。

24日にハーグセントラル駅から狐さんの実家のある南部へ向います。

DSC_5797.jpg
上の柵ではトラムが走り、下は電車が走っています。


夜に実家に到着!

DSC_5799.jpg DSC_5800.jpg
マリアママが既にこちらのディッシュを完成させていました!
魚がまだ苦手な狐さんだけが肉料理。

DSC_5801.jpgDSC_5802.jpg 

オランダは料理が旨くないというので有名ですが
マリアママはお料理が好きなので私はラッキーです。

DSC_5806.jpg
デザートもまいう。

こうしてお上品に出された食事の写真を載せていると、
なんかお上品な家庭?? と勘違いしそうですが

実際はそんな事無いです。

ヤンパパと狐さんは親子でポロッポロ食べ物をこぼします!!

特にヤンパパ、ソースに限ってシャツに落ちる~。
ヤンパパのテーブルクロスの周りだけいつも華やかな色彩に彩られるので
すぐ彼の座った席だと分かります。(オーバーな!!)

狐さんも常にこぼすのですが、ヤンパパから狐さんの将来が見えるので
私もマリアママのように早めに諦めるしかないな・・・(なんて大げさ!!)

我が家では、濃い色のソースの晩御飯の時にさんが
淡い色のシャツを着ていた場合、脱がせます。

そして遅くまでぐーたらして朝も遅めに起きて・・・

DSC_5807.jpgDSC_5808.jpgDSC_5809.jpg

昼からこんな風にだらだら食べっぱなしです。(笑)

日本のお正月と同じでどこのお店も開いていませんし、
家族揃ってぼ~~っと過ごす辺り、ほんと日本のお正月に似ていますよね。


日が暮れて、晩御飯の前に家族で近所をお散歩。
パパママはよく二人でその辺にお散歩へ出かけます。

DSC_5812.jpg
ショーウインドウのマネキン。

こんなに寒いのに、何もショーウインドウの中のマネキンの肩に雪積もらさんでも・・・
さ、さぶっっ。

イエス様が生まれた馬小屋もあちこちで見られます。
DSC_5810.jpg
「・・・ ベイビージーザスはいつまでたっても大きくならないねぇ。」
「・・・ そうね。」

DSC_5811.jpg
去年は私達の結婚式があったので、私の両親も一緒にこの馬小屋を見ました。

そして実家に戻り、また食べます。

クリスマスディナーです。
こちらでは24日のイブじゃなくって、25日がクリスマスのメインです。

DSC_5817.jpgDSC_5819.jpg

DSC_5822.jpg
今年はパパもママも病院で 「念のために」 という検査をした年でした。

特にママはクリスマスのちょっと前に
「麻酔をかけて細い管のカメラを血管に通し、そのまま心臓まで通して見る。」
という、それはぞぞぞっとするような検査だったので 
何も無くて本当によかったです
DSC_5824.jpg DSC_5827.jpg
DSC_5828.jpgDSC_5829.jpg
さんにはやっぱり肉。

こんな感じで何時間もかけて、
一品と一品の間に調理もして、ゆ~~~っくり晩御飯を食べます。


そして翌日。

ママの妹の所へクリスマスディナーを食べに出かけました。
母よ、あのね、あの可愛いヤングな兄弟のいるお宅です。)

また食べっぱなしでス。

PC260007.jpg
こちらのお宅では綺麗なクリスマスツリーが。

PC260008.jpg
こちらでは本物の木を使っているお宅が多いです。
葉が落ちるからマメに掃除をしないといけませんね。

PC260013.jpg
こんなふうにBBQっぽく晩御飯を頂きました。

鉄板の下に入っている小さなフライパンのようなものには
チーズが入っているんです。

とろけた所をパンにつけて頂きます。

と、こんな感じのクリスマスでした。

日本のお正月と同じで、特にどってことはないのですが
こうして皆で元気で温かい食事が出来ることのありがたさ。

今年も皆元気で過ごせますように・・・。

この翌日、私たちはハーグに戻って夕方には日本から遊びに来てくれたお友達を
空港までピックアップに行きました。

なので次はオランダの年末年始の様子を日記にしたいとます。

長い日記にお付き合い頂きありがとうございました!!<(_ _)> 

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/08 01:33 】 | オランダ イベント | コメント(8) | page top↑
そっちでも元気でね!! 愛犬の話。
前回の日記でチラッと書いた、
実家で飼っていた愛犬のお話をさせて下さい。

この子です。 柴犬で千夢、チムといいます。↓
2006 nengajyo- 008
先月、12月の16日に亡くなってしまいました。


これは戌年の年賀状用に撮った画像なのでまだ若いですが、
私が17歳の頃から飼いだした犬だったので
人間の年齢でいうともう80歳以上。

私がオランダに居る間に肝臓癌になってしまい、
見た目はそこそこ元気そうにしているものの食欲が無く
猛暑を乗り越えられるか分からないということだったので
私はオランダでハラハラしていました。

11月の里帰りで再度チムを抱きしめる事が出来た時は本当にほっとし、
同時に来年はもう会えないのだと心の底から思いました。


・・・あ~なんだか思い出して泣きそう~~~。

これは11月の時の画像です↓ 痩せてますでしょ。

DSC_5603.jpg

放し飼いだったのですが
玄関のここまでは入ってきてもOK!と躾けていました。

chimu.jpg
こんな感じに。

でも雷が鳴るとビビって玄関の中まで
忍び足で入ってきちゃったりしていました!

ですが11月に会った時は痴呆が入って躾けなんて忘れちゃったのか
堂々と家の中を徘徊!!
うろうろ歩く姿がまた可愛過ぎて~~~笑えました!!!

その後、我々がオランダに戻ってから調子がより悪くなって
亡くなってしまったのです。


・・・この子は

お座り! とか 伏せ! とか出来たし、
「ワンは?」 と言うとワンと言ったり、一通り出来る子でしたが
おやつとかチラつかせないと芸をしなかったり(笑)

普通犬って飼い主の元へ喜んで飛んで来そうなものなのに
この子は身内に対しては気が向いたら行く・・・っていう具合に
飼い主に媚びない猫のような子で、
「・・・我々、舐められてる??(笑)」 と、
その愛想の無さがまた可愛いかった!のですが。


・・・なので実際どれだけ私という存在を理解していたのか
よく分からん犬だったのですが(笑)


でも

我々がオランダに帰るまではちゃんと徘徊出来る位に歩けたこととか

我々が帰国してからより悪くなって行った事とか

私がぼーっと 
「どんどんこれから寒くなって、チムのお腹に溜まっている水も冷たいだろうから
 あんまり本人が辛いようだったら可哀想だし、長い冬の前に楽にしてあげたいなぁ。」
 なんて事を長いこと考えていた翌日に亡くなったこととか

丁度チムが亡くなった時間の数時間前から
私の胸がずっとしめつけられるように痛かったり、
ドキドキしっぱなしだった事とかを考えると

偶然じゃなくって

ちゃんとチムは私が来るのを待ってくれていたんだ・・・と
思えたりもして・・・。 

というか、そう信じたいです!!!


・・・呼んでも来ない犬だったから、ほんとのところ分からんけど(笑)



ところで 

母がご近所さんから聞いた話なのですが


その方は飼い犬が死にそうになった時、
「死なないで・・・」 という気持ちで犬を見ていたそうです。

すると獣医さんが

「そういう飼い主の気持ちが犬に伝わるから、犬もなかなか逝くにいけないんだよ。」
というような事を言われたそうです。

そこでお友達は 「もうよく頑張ってくれたからいいんだよ。」
と心の中で思ったそうです。

すると犬は息を引き取ったそうです。


チムは母と妹に夜見取られたのですが、
つらそうなチムに頑張ってなんて言えない母は

「辛かったらもういいんだよ。」 という気持ちでチムを見ていたそうです。

そしたら気持ちが通じて安心したのか、息を引き取ったそうです。


最後さほど辛くなく息を引き取ったんだと思うと
私の気持ちもほっとなります。


海外なんかに住んでいると自分の身内が病気をしたら・・・と考えて恐くなります。

この前の里帰りで母に

「なにも里帰りは年に一度と決めず、遊びに帰ってくればいいんだよ。
 お母さんもあと何回あなたに会えるか分からないのだから・・・。」

と言われました。 本当にそうです。

私は日本にいるとき、桜や藤、蛍、紅葉など
季節の美しい物を見に行くのが好きでした。

もし自分の人生が90年だったとしたらあと60回、
何か病気をして、自分の人生が40年だったとしたらあと10回しか見られないと
思っていたからです。

まあ オランダに来ちゃったからもっと見られなくなっちゃったわけですが~~。

それどころか

自分の親にもあと何回会えるのかなんて考えなくてはいけなくなっちゃったなんて。

・・・なんちゅう親不孝なんでしょう。

でも側に住んでいて私が幸せでなかったら親はもっと悲しいわけで・・・

こりゃ 狐さんと幸せでいる事をキープし続けるしかないな!!


と、話がそれましたが・・・



チム、あなたなかなか良い一生だったね。

次の里帰りでは、いつもあるあなたの姿は無いけれど

wagaya 001

きっとあっちの世界で若返って、
再度ムキになってボールを追っかけたりしていることと私は思っています(笑)


あなたが死んだという 母からの留守電のメッセージを聞いたとき、
私はゴーダのキャンドルナイトに向かうところでした。

DSC_5774.jpg  DSC_5776.jpg

今のチムには、
日本から遠く離れたこの綺麗なキャンドルの光が見えるのかしら。

・・・そんな事を思いながら、
涙でぼやける目で暖かい色の光を見ていました。

今まで長いこと我が家の三女として皆を幸せな気持ちにしてくれて有難う。


ほんとうにありがとう。


そっちでも 元気でね~~!!!

そしてまだまだ元気な 白よ!
寂しい気持ちのお母さんを、しっかり癒すんだぞ~~!!


ということで

なんだかどえらい長い日記になってしまいました!!<(_ _)>

次からはちゃんとオランダネタに戻りますね~!!

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/06 19:31 】 | じぶんの気持ち。 | コメント(11) | page top↑
ご無沙汰してました!! 
お久し振りです!! まっくぃです!


今年もどうぞ宜しくお願い致します!!<(_ _)>

ブログも、相変わらず地味~に続けて行きたいと思います。 えへ。


DSC_5971.jpg
お友達から頂いた注連縄!!!


どうやらこのブログ、一ヶ月間も放置していたようです。

というのも、


12月5日の引越しを始めた日に既に繋がっているはずのインターネットが
未だ繋がっていないという・・・。


今どうやってこのブログを書いているのかといいますと、

お隣のワイヤレスを拝借している状態なのでございます・・・。
(ちゃんと 「スミマセン、お借りしています。」 と言って来ました。


お借りしている状態なのでネットの接続状態はかなり悪く、

繋がったかと思ったら数時間繋がらなかったり・・・という状態で
時にメールの返信すら出来ません。

通常ネットを通してする支払いも一ヶ月間出来ていない状態です。

ちなみに・・・

DSC_5943.jpg
ロッテルダムでのニューイヤー画像

このニューイヤーのメッセージ送っているのが
我々のネットを一ヶ月経っても繋げてくれない困ったちゃん会社です~。
「こんなんしてる時間があったらうちのネットを繋げろや!!」
と、
狐さんはカンカカンカ(オランダゴです。)言っていましたが。


さて
この一ヶ月間、私はどうしていたかといいますと
(まあどうでもいい事なのですが)


11月30日まで日本に里帰りしていて、

一年振りの日本、そして久し振りの家族、友達との再会だったからか
その後オランダに戻ってからのホームシックがちょっときつかったです・・・。


そこそこ荒れましてね。
物を投げたり(壊れないものね。)
理由はよく分からないのだけれど、連日情緒不安定で大泣き。
プラス落ち込み・・・。

日本に居た時はこんな風に泣かなかったのにな~。

そしたら16日に実家の愛犬が死んでしまったという連絡が家族から入り・・・

なのでその後もどどど~~~んんとしばらくは落ち込んでいました。

そうしている間にクリスマス。

こちらのクリスマスは日本のお正月のような感じで
実家に集まって皆で食事をします。
我々も狐さんの実家に行き、お正月のように食べてはぼ~っとしていました。

27日の朝にハーグに戻ってきて、
その日の夕方に日本から遊びに来てくれた友達のピックアップでスキポール空港へ。

そして一昨日彼女が帰国するまで、オランダ&ベルギー観光。

ニューイヤーは上の写真のとおり、ロッテルダムで花火を見て、

元旦の昼はハーグの恒例行事、冬の海へのダイブ?を見に行きました。↓
DSC_5957.jpg

その時のお話はまたぼちぼちと書くとして・・・


昨日は狐さんと二人で寝正月をし、

これからが私の新しい年・・・

という感じです。

お引越しも無事終わり!

こちらが我々の新居の玄関です↓
DSC_5975.jpg



前のうちに遊びに来て下さったお友達はご存知ですが
写真のとおり、新居は前の家とは正反対の最近のアパートです。

前の家はオランダらしくてなかなか珍しい家だったと思うので、
またそのうち画像をupしますね~!


ということで。


皆さんは素敵なクリスマスとお正月を迎えられましたか~?


うちは先月愛犬が死んでしまったので、
「あけましておめでとうございます!!!」

という気分では無いのですが

今年は目標を持って、充実した明るい一年にしたいっっ!!

という、気合の入った気持ちはもりもりです!!!

・・・問題はこの気持ちをちゃんとキープ出来るかだな。

今年、厄年ですしね。(関係ナイ?)
「お母さん、そのうち御札送ってねえええ~~。」

とうことで

今年一発目の長~い日記はなんだか暗い内容になってしまいました!
もっと明るい日記になるよう、充実させて行くぞ~~オー!!!


こんな私ですが、今年も宜しくお願い致します。 <(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/01/05 21:09 】 | じぶんの気持ち。 | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。