スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
遅いけど新婚旅行!セイシェル日記 : マヘ島・Mahe
こんにちは~!

やっと Republic of Seychelles : セイシェル共和国 の旅日記です。<(_ _)> 

新婚旅行(といっても結婚して1年以上経っていますが)で行ってきました!


もともと新婚旅行でセイシェルに行く気は全く無く、(っていうかどこそれ?でした・汗)

ヤングの頃から行きたかった インド に行く予定でしたが、→テロ勃発。

だったらどこ行く? 白い砂浜のビーチがあって、バオバブの木とかもあってワイルドな
マダガスカル に決定! → デモ・暴動。

 どちらも大勢の方が亡くなられました・・・。

ということで、 なんやかんやと悩んだ末、

友達に持って来てもらったマダガスカルの本に一緒に載っていた別の国
ラグジョリー系 セーシェル共和国に決定したのです!
(ちなみに藤原紀香ちゃんが前夫と行ったのは、その近くのモーリシャスです。)

場所はアフリカなので、一応両腕に注射を打ってもらってから行きました。

ということで、日本人には馴染みの浅い、セイシェルのご紹介です!

sDSC_6217.jpg
セイシェルは沢山の島々からなっている国です。
パリからメインランドのマヘ島まで 確か・・・9か10時間のフライトでした。

写真はホテル ル・メリディアン・バルバロン : Le Meridien Barbarons
のエントランスを入ったところです。

今回の旅はいつもと違って、3 Oceans Travel という旅行代理店にお願いしました。

というのも

たまたまネットで見つけたので見積もりを出してもらったら、
自分達で計算したのより、晩御飯分お安かったからです。

それでも「もうちょっと安くならんかの~。」
と、地球の歩き方をパラパラ開いて、旅行会社に 「ここなんかは?」と
4泊するプララン島のよさげなホテルを 尋ねたりして。

そしたらあなた! 一人当たり200ユーロ(トータルで400だわよ!)下がったざますのよ!

しかも旅行会社を通しているので、いつものような自分達で頑張る 「自力旅」 
とは違い、既にアレンジが済んでいるという 「至れり尽くせりの旅」。
空港に着けば現地スタッフの方々が車でお出迎え、ホテルまで連れて行って下さり
その後島についての説明などをしてくれました。

この一枚目の写真の↑ずっと奥には・・・

sDSC_6216.jpg
プライベートビーチがあります。 
手前側は海藻がごちゃごちゃしていて汚いですが、
それでもピンクの辺りではスノーケリングでお魚さん達をめでる事が
出来るのです

sDSC_6215.jpg
綺麗なお花が水中に活けられて漂っています

sDSC_6229.jpg
お兄さんが毎朝のようにこうして作成して下さっているのです!!感激

ssDSC_6228.jpg
ため息の出るお花の芸術~!!

sDSC_6218.jpg
こちらが我々のお部屋で~す!
奥に見えるのがシャワーとバスです。

sDSC_6219.jpg
シャワーとバス。

sDSC_6220.jpg
一日目はこうしてお花が飾られます♪ 
こういうの、初めて! (ラグジョリー系ホテルが初めてですからね。)

一階の端のお部屋だったので、部屋を出たらすぐビーチ!

初日はまだ体調がおかしかったので、お昼寝をした後に
目の前にある海でスノーケリング! (ビーチの横で無料で借りれるんです。)
そのあとホテルにある大きなプールでひと泳ぎして一日が終わりました。

翌朝のごはんはバッフェ。 海の見えるお席で♪

sDSC_6230.jpg
落ち着いてご飯を頂きたいところでしたが・・・

sDSC_6233.jpg
鳥さんが落ち着き無くテーブルの周りをワッサワッサしてくれるから
我々も落ち着かないっス~。

この日はセイシェルの首都の町、ヴィクトリアへ行ってきました!

sDSC_6255.jpg
首都といっても信号が一つしかない島! (↑これがその一つしかない信号です。)
お店屋さんなんかがある通りも、500m内に固まっています。

sDSC_6242.jpg
通りはこんな感じです。

sDSC_6246.jpg
ふと見ると日本のステッカーが貼ってある中古車が!
こちらはイギリスや日本と同じで左側走行・右ハンドルなんです。
「キクオカ輸送さんの車、まだセイシェルで頑張ってますよ~!」

sDSC_6241.jpg
セイシェルは90%以上の皆さんがカトリックらしいのですが、
ヒンズー教のお寺さんもありました↑

sDSC_6234.jpg
サー・セルウィン・クラーク・マーケット : Sir Selwyn Clarke Market です。

上の階にはT-シャツや軽いサマードレスなどのお土産やレストランもあります。

sDSC_6236.jpg

ガンガンさばき中のお魚屋さんや野菜、フルーツ!

買う気満々だったマンゴーは、何だか小ぶりで青いものばかり
しかし!! 2日後には 「こちらのマンゴーは熟しても青い。」 と気付くのであった・・・。

sDSC_6237.jpg
香辛料やバニラ・バニラエッセンスなどが有名です♪

sDSC_6250.jpg
ランチは町の人全員が知っていそうでガイドブックにもある パイレーツ・アームズへ。

sDSC_6252.jpgsDSC_6253.jpg
セイシェルのビールと、現地ゴハンのクレオール料理です。
どちらもマイウー♪ 
なんと、このディッシュで約5ユーロです!セイシェルルピーで払いました。

スーパーで買ったお水も750mlのが3本で約1ユーロ! (ホテルだと1本3ユーロ)

帰りはタクシーの運転手さんと楽しく話をしながらホテルに戻りました。

ここで現地人とセイシェルという国についてご紹介!
(興味の無い方はの間をすっ飛ばして下さい!<(_ _)>)


この島に住むクレオール人は、色々な人種のミックスです♪
完全に黒人さんっぽい方もいれば、少ないですが完全に白人さんっぽい人も。

女性のイメージとして浮かぶのはゴーギャンの絵にありそうな女性でしょうか。
時に 「ハッ」 とする美人さんもいたりして!! ドキドキします(笑)

セイシェルは、フランス植民地→イギリス領 の後に独立しています。

・・・ ここからはタクシーの運転手さんなどから聞いた話なのですが
(なので私の勘違いだったり間違いだったりしたらごめんなさいね!)

もともとセイシェルは無人島で、あちこちから奴隷として黒人さんが連れてこられました。
その後貿易業者の白人さんや中国人が入ってきて・・・ 現在に至るため、
「いい感じにミックスされて、人種差別なんかも無いんだよ~。」
だそうです♪♪

あちこちの国からバラバラの言葉を話す皆さんが集まったということで
共通言語はフレンチが元となって出来た 「クレオール語」 です。

とはいえ、「どこがフレンチなんだろう?」 と、
うちの旦那さんにはよく分からなかったらしいので
(学生の頃はフランス語がそこそこ出来たらしいのですが)
ある程度流暢に話せるくらいの方でないとピンと来ないのかもしれません。

この国の主要産業は観光業で、観光客の集客に力を入れているため
歩いていて感じるほど治安もいいですし (油断は禁物ですが)
常夏の町にはトロピカルな花が植えられ、美しく手入れされています♪

一体何パーセントの島の人が観光に関わる仕事をしているのだろう??
と思ってしまうほどです。

それが理由なのか、それともフランス領、イギリス領だったということが
理由なのか分かりませんが、ほとんどの人が 普段はクレオール語、 
そして英語・フランス語もフツーに話します!!
(一度だけ英語が通じていそうで実は通じていなくって 「?」 ということも
 ありましたが、相手はお年寄りの女性でした。)

なんと、3歳児ですでに3つの言葉を自然に使い分けているという・・・
(またこれについてはそのうち書こうかと思います。)

又教育に関しても国のバックアップが凄く良いようで、

例えばイギリスの大学に行きたければ
1年間はセイシェルで通信教育のようなことをして、
成績がよければ無料でイギリスの大学に通えるとか。
(但し、卒業後何年かはセイシェルで働く などの条件が付きますが)

良い人材を育て、その成果がセイシェルの国に戻ってくるのであれば
よいということなのです!!

(でも薬剤の勉強をしにNZへ行った学生達がほとんど戻ってこなかったので、
 留学先をボンベイに変えたったら皆戻って来た なんて笑い話もありました。)

他にも 「ああ、この国は国民に優しい国なんだな~。」 と思える話を聞きました。



と 色々興味深い話を聞かせて頂きながらホテルに戻りました。

ビーチの前のホテルだっていうのに全然海の写真がありませんが・・・

sDSC_6256.jpg
夕暮れ前のビーチです。

sDSC_6258.jpg
ここのホテルは晩御飯が日替わりのバッフェスタイルなのですが、
一食はレストランでの食事に変更が可能ということだったので、
「朝はいいけど夜のバッフェはな~。」 な私たちは
一人35ユーロのバウチャーに変えてもらって(35じゃ済まんですが)
レストランで晩御飯にしました♪

sDSC_6259.jpg
sDSC_6262.jpgsDSC_6263.jpg
どちらもお魚!右側はクレオール料理です。
さんは魚が食べられない人なので、
普段同じように魚を食べていない私はここぞとばかりに魚攻め!!
sDSC_6264.jpg

トロピカルなアイス、まいうー

ということで今日の日記はお終い!
ああ、めっちゃ長い日記になってしまいましたね~(汗)

ちゃっちゃと終わらせたいという思いから、
写真もドばばばば~っと載せてしまい、重そう。
なのに肝心な?白い砂浜と青い海の画像がゼロっていう(汗)

次の日記は別の島に移動しまして、「極楽ホテル日記。」
その後に 「世界遺産日記。」 そして 「白い砂浜と青い海日記。」
(海最後かよ!)
という感じで終わらせたいと思います!! 

オランダ日記をお目当てで読んで下さっている方、ごめんなさい~。<(_ _)>
そしてそうでない方、
次からは文章短めでいけると思いますので、宜しければお付き合い下さいませ。

今日は長いことお疲れ様でございました。<(_ _)>
スポンサーサイト

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/03/29 07:30 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(8) | page top↑
ちょろりとパリ散策で→スイーツ+観光。
パリの続きです。 <(_ _)>

痒い足に耐えつつ、モンブランが有名な ANGELINA のカフェへ。

お友達が年末行ったと聞き、私も食べたい!と行ってきたのですが

こちらのお店、日本にもあるんですよね
名古屋なら栄、三越系のラシックにカフェが入っていて、ちょくちょく母とお茶しました♪

お店では列が出来ていたのですが、運良く2階が開いて、すぐ入る事が出来ました。

でもああどうしよう!

(ピスタチオのミルフィーユが食べたいのだけれど、でもせっかくだから
     定番のモンブランを食べて日本のと一緒か比較したいしっ・・・。)

と、悩んでいたら、 「じゃあ両方頼めばいいじゃない?」 と!
ご主人様のOKが出たので 
(↑実はそう言われるのをじぃ~っと待っていたのですが。)
両方オーダー。

pDSC_6159.jpg

狐さんは自分が食べたいカシスのケーキをオーダー。 
(↑それ甘すぎるんちゃう?←makui心の声

頂いたピスタチオのケーキ、美味しくってグー♪♪
狐さんのカシスはやっぱり甘過ぎた様子。

で、問題のモンブランなのですが・・・

もう私、ピスタチオのミルフィーユを完食した時点でお腹がいっぱい。
これ以上甘いものを食べたら気持ちが悪くなる感じ・・・

で、

うちの母とお茶する場合に母が言う 
「じゃあ3つ頼んじゃう?」 は、
「3つめを二人で半分こ」 という意味なのですが

「makui一人で食べてね。」 

と、言われ・・・

日本との比較どころか美味しいと感じるどころか無理して食べている状態。
なんて作り手に失礼な私!!!
気持ち悪くなりながらモンブランを無理やり完食。

お会計はコーヒー二人分とケーキ3つで30ユーロを越していた! し、
自分の ”食意地” を反省したのでした・・・

「私はラシックのお店で満足!モンブラン美味しいでっせー!」
とうのが ちゃんとモンブランを味わえなかった私の感想です・・・(^_^;)

pDSC_6160.jpg
この日はエトワール凱旋門↑にも行きました! 

チケットを買えば凱旋門を真下から見上げる事が出来、
中にある博物館も見る事が出来、(興味深かったですよ♪)
そして上へ登って街を見渡せます。

pDSC_6167.jpg
ヨーロッパに行って高い建物があったらとりあえず登っとけ! だと思うのですが
(上から見下ろす街並みが素敵だから。) ただ、大抵階段↑がキツいっス・・・。

実は私、チケットを買って凱旋門の中に入るのは初めてなんです!

前に来た時はバックパッカーでお金が無かったし、
ハイシーズンであれこれ待ち時間が長いので、エッフェル塔だけ登って
凱旋門には登らなかったのです! 今回は並ばずにすぐ入れました♪

pDSC_6165.jpg
凱旋門の上からです。 ここを中心に、道が放射線状に伸びています!
曇り空で残念!!

高い所が苦手な狐さんは、興味はあるから登ったものの、高さ的には限界!!
高い所が平気な方は、是非エッフェルタワーにも登ってみて下さい!
上から見る美しく並んだパリの街は圧巻です!!

pDSC_6170.jpg

甘いものが尾を引いていたのですが、そろそろ食べておかないとと晩御飯へ。

今度もラーメン! 味噌味! 味噌味が悪かったのか?味は二人してがっくり。

pDSC_6171.jpg

それでもお店の雰囲気と接客がよければ良かったのですが・・・

私達の隣に観光客のヤングなお姉ちゃん達が6人くらい入ってきましてね、
出入り口の前のテーブルに着いてビールを飲み始めていたのですが寒かったようで、 
お店のおばちゃんに「上の階の席へ変わってもいいですか」と聞いたところ・・・

「えっ、変わるの?(ここで嫌な顔。)あ、ビール自分達で持ってってくれるの?
      ならいいけど。 (ここで ふ~んって顔。)」

・・・って・・・・   あたし、引いちゃいましたよ。 

おばちゃんもそうだけど、若い女の子のスタッフも無愛想で終始笑顔無し。

ってか女性はとにかく愛想無いと可愛くないじゃないよね~←オッサン発言?
ちゃんと愛想いいのは日本人じゃなくってアジア系の女の子スタッフでした。

そして去って行くお客の背中に向かっての 「ありがとうございました。」
などの一声も無い・・・去るお客さんが見えているのに! 
これも結構なカルチャーショック。 

日本のラーメン屋とはいえ パリ。
日本のサービスを期待するべきではないということか~ と、しょんぼり。

翌日はシャルルドゴール空港に向うまでの時間、観光です。

朝安宿をチェックアウトし、またまた私の希望で ラデュレ へ。
このお店も日本の銀座三越にあるとか! 何でもあるな~日本は

朝の11時に着いたのですが、
マカロンは食べたいけれど、空腹で今それを食べると気持ち悪くなるし・・・ と、

pDSC_6177.jpg
クロワッサンとオムレツの朝食+マカロンを注文。 

したらばこれまた
マカロンを食す前にお腹がパンパンにぃぃぃ~オムレツデカイよ!

実は私、マカロン初挑戦だったんです!!
これだけ甘い物好きで、何で日本でマカロンを食べなかったのか???
・・・単に興味が無かったと言う。 ダッコワーズは好きで食べてましたが。

マカロンは 「この中から4種類選んでください。」 とあり、
そこにはアムスの暴君さんのブログにあった ”マンゴー味” が無いではないか!

試しに ”マンゴー味にすることも出来ます?” と聞いたらOKと言われ
「いや~聞いてみるもんだね~

4種類の中で、二人の一番人気はマンゴーでした!!
でも、この小さいマカロンちゃんズを、いらないっていっている狐さんに
いちいち味見させるほど、私のお腹はマンパンマン・・・
これまた 「次は朝食じゃなくってお茶で来ないとな・・・。」 と勉強。

それにしても・・・

pDSC_6179.jpg

こちらのお店、非常にアジアンチックな内装で (あれ??) なのですが
(左上にある漢字モドキっぽい文字やら、右側のやしの木風の柱とか ね。)
本店ではないってことですかね? 調べずに近いところへ行ったのですが。

この後 昼間のルーブルを通り抜けて・・・

pDSC_6182.jpg
(この方々↑水の中を歩いているわけではありませんよ。)

前回来た時は改装中か何かで閉まっていた オランジュリー美術館に行ってきました。
モネの睡蓮があることで有名です。

大抵の美術館で写真撮影がOKなのですが、フラッシュはダメです。

こちらの係りのおじさんが↓見回りをしつつ「ノーフラッシュ!」 と
フラッシュがあるたびに叫びます!!

pDSC_6184.jpg

そしたらツアーの添乗員っぽい日本人のおばさんが
「フラッシュ無しでしたら撮影が出来ますので、取りましょうか?」
と、言ってるそばからフラッシュたいて撮ってあげてるし~~~。
速攻「ノーフラッシュ!!」 と言われていました・・・
添乗員さんも、お願いする側もちゃんと確認しようよ~。

pDSC_6192.jpg

オランジュリー美術館ははもっと見る所が少ないかと思ったら、
そうでもありませんでした。
あまりお目にかかれなかったモディリアーニやローランサンがありました。

面白かったのは英語での表示が確か全然無かったような・・・??
美術館なのに!!! パリ自体めっちゃ観光の街なのに!
それってあれ?仏VS英 でフランス人が英語嫌いっていう それ??

ということで、完全に私の好みで周ったちょいパリ観光でしたが(汗)

時間のある方はちゃんとモンマルトルの方まで見て周ったり
美術館もオルセー!!に行ってきて下さいね~♪
あとちょっと遠いけれどパリからモンサンミッシェルへ!!←私は超オススメ。
そして南仏もいいし・・・ってきりが無い・・・。

私達も何度もパリに行く事は出来ないと思うので、
今度行く時は、ちゃんと時間を取って観光しようと思います。

そして夕方にはシャルルドゴール空港へ。 ここからセイシェルへ発ちます!

pDSC_6196.jpg
(あれ?空港って写真撮ってよかったっけ? と後で気付く私。)

ああ、長い日記にお付き合い頂きありがとうございました! <(_ _)>

次はやっと新婚旅行のセイシェル日記です!よろしければお付き合い下さい♪ 

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2009/03/25 01:39 】 | フランス :France | コメント(6) | page top↑
ちょろりとパリ散策で→ごはん(日本食)+観光。
pDSC_6138.jpg

こんにちは~! ↑パリです。

今日からは 2月23日から行ってきました新婚予行のお話です!

新婚旅行先はパリじゃなくってアフリカのセイシェルという島なのですが、

オランダの空港、ヨーロッパの外に出る場合の使用税?じゃなくって環境税?
がどどどーんと上がりましてね、
二人で往復すると180ユーロくらいするんです!
(でも高すぎるということで近々マシになるそうです。そりゃそうだよ!!)

「だったらパリ発着にして、パリでちょっと観光する?」 
という話になり、
寝るだけの安宿(一晩65ユーロ!)で2泊してきたということなのです。

pDSC_6136.jpg
8年ぶりのルーブルです!! 夜も綺麗だー!!
(・・・・思い返す年月が10年近くなると 年を取ったもんだと感じますな。

pDSC_6140.jpg

なぜか分かりませんが、荷物チェックしたあと無料で閉館後のピラミッドの中に入れました。
地下鉄があるからっていうわけでも無さそうですし・・・何故??

今回の私の目的は、観光と言うよりもご飯と甘いものを食す
しかもご飯は日本食オンリーin パリスっっっ!!!←凄い気合だ。
フランス料理は高いし、セイシェルで毎日食べる事になると思うので
せっかくだから日本食屋さんが沢山あるパリで、日本飯が食べたいのじゃ~~!!!

ということでこちら↓

pDSC_6126.jpg
ラーメン屋さん 「大勝軒」 です♪
わたし、実はヨーロッパのラーメン屋さんに一度も入った事が無いんです

お店に入ると日本人スタッフのお兄さんに笑顔で迎えられ、
「やっぱりフランス人は音を立てて召し上がらないのですか?」
という私の素朴な疑問にも
「音は立てないですね~!スープを先に飲んでから麺という方もいらっしゃいます。」
という興味深いお返事を頂き、

又スタッフの皆さんが 「ハ長調が・・・~~で・・・」 
なんていう私にはさっぱり意味がピーまんな話で盛り上がっているってのも非常に新鮮で♪ 
(音楽を学んでいらっしゃるのかな?)

お客さんも 「箸じゃなくってフォークあります?」 と聞いている方がいたり、
フランス人の男の子が日本の漫画を読みながらラーメンを食べていて、その隣で
ママも一緒にラーメンを食べていたりと、珍しいその場の様子に私は嬉しくってウキウキ♪

ラーメンの味も普通に美味しかったし
ほっこりいい気持ちでお店を後にしました~♪

pDSC_6127.jpg
(↑こちらの住所はわかりませんが、
  通りは rue sainte-anne×rue des petits champsの交差点です。)

まだまだ日本食続きます・・・
(観光とフレンチスイーツはちょっと待って~)

翌日のランチは ”焼肉 松ちゃん” 
ふふふ、アムスの暴君さんのブログで見つけたお店であります♪

ヨーロッパに長いこと住んでいらっしゃる方々の胸が痛くなる
日本の焼肉定食画像、こちら↓

pDSC_6146.jpg
(これ以上肉をアップにするとキツいっスよね。食べたくなっちゃってね。

なんと、このカルビやロースの ”定食” が、
ランチだと11ユーロくらいで頂けるんです!!

付いてくる春巻きやサラダも懐かしい味♪サービスもまるで日本にいるかのよう♪
これまた寒空の下、ほっこりとあったまってお店を出ました~♪

(詳しいお店の情報は、”パリ生活情報 焼肉 松ちゃん” と検索すると出てきます♪)

この日のパリ、曇り空で寒かったんです。 

pDSC_6147.jpg
狐さんが「パリはスルーしたことしかない。」 というので、
エッフェルタワーの真下まで行って来ました。
(高い所が恐くて登れない狐さんです。
真下から見る感じも非常に美しいのです~~♪


とはいえ・・・
初めて美しいパリの街を歩いた時、私も昔のフランス人が思ったように
「エッフェル塔、無い方がしっくりくる気が・・・。」 と思いました。今でも思います(汗)

この日は曇りだからそれが分かりにくいのですが↓
pDSC_615666.jpg

パリの街は日が照ると建物はめっちゃ白く輝きだし春は緑がキラキラ美しく
そこに ぽつんと 「鉄のタワーが浮いちゃってない?」 って変な感じなんです!
昔の人が怒ったのも、なんだか納得。

エッフェルタワー自体は本当に綺麗なんですけれどね
感じ方は人それぞれ、是非一度パリでご確認下さい♪♪

エッフェルタワーの後は川沿いにぼっちらぼっちらと歩きます。

「金の指輪を落としましたか?」 と、目の前で金の指輪を拾って見せる女性に
2度もあたりながら (多分スリとかじゃなくって指輪を売りたい人なんだと思います。)
スイーツを求めて歩きます。

寒い中を歩くと、子供の頃学校でマラソンをさせられた時のように
太ももを中心に足が痒くなってくる私!!!

身震いするほどの痒さと戦いながら(笑)スイーツを求めええええ~~~

お付き合い頂きましてありがとうございました!! 続きはまた今度。 <(_ _)>

テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

【2009/03/23 04:30 】 | フランス :France | コメント(6) | page top↑
婚約指輪 オランダ人の場合。
こんにちは~!!

前回の日記ではコメントを沢山頂きまして、ありがとうございます!<(_ _)>

そんな皆様へ!! 
「窓際で冷たい床に横になりつつ電話する狐画像」 を・・・
コレ

DSC_6568.jpg

面白くって写真を撮ったものの、流石にこれはブログに載せれんな~と思って
いたのですが、「いいよ。」と言うので載せちゃいました(汗)←酷い嫁。

おかげさまで
現在の狐さんの調子ですが、刺さるような激痛は少しは和らいだようで。
でも相変わらず座っていられない状態でございます。

狐さんが会社に行けないので、今日は昼過ぎから狐さんのボスがうちに来て
二人ともPCを開いて仕事中。
ボスの前でパジャマ姿のままソファーに寝っ転がって仕事です。(笑)


今年の末くらいまでには頭痛の結果報告が出来るといいです!

ところで

本当だったら新婚旅行のネタをUPするところなのですが
(そういえば昨夜、ニュースを見てたら新婚旅行候補だった
 マダガスカルで戦車が走ってました・・・。)

前々からお話したかった 「私がびっくりしたエンゲージリングの話
をさせて頂きたいと思います!!
(急になんのこっちゃっていうネタですよね。)

これまた興味の無い方にはどうでもいい話なんですが、
私のブログを読んでメールを下さる方は、オランダ人と
結婚を前提にお付き合いしていらっしゃる方も多いので参考程度に!

長くなりますので、興味がある方のみread moreで続きをご覧下さい!

read more...

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/03/18 02:02 】 | オランダ のあれこれ | コメント(12) | page top↑
狐さん 年中無休頭痛 で。
お久し振りですこんにちは~!!

3月4日の遅くにオランダに戻ってきたのですが、

先週はどうも胃腸の調子がおかしく(飛行機に乗ると、そうなりませんか?)
家でじっとしており、

今週は用事をしたり、バレエを見に行ったり、お友達と会ったりして
ブログは放置ぎみでした!

ところで

今日はめずらしく うちの狐どん(旦那様)の話です。

まあオランダとは全然関係ない、彼の ”頭痛” の話で、
いつもと違って画像も無しなので
興味の無い方はスルーでお願い致します!<(_ _)>

狐さん、今週の水・木、そして今日と
会社ではなく自宅で仕事をしておりました。

というのも

職場で仕事をしているとガンガン電話が掛かって来たり、
色々と質問されたりで、大量な自分の仕事がはかどらないからです。

なのに今日は仕事どころかソファーに寝そべり
ラップトップからサウスパークを鑑賞しておりました。

遊んでんじゃんよ!! どういうこっちゃ

・・・ と いうのもですね

昨日病院でちょっとありましてね。


前にちらっと 
「うちの狐は15歳くらいから年中無休で頭痛持ち」
である事を すご~くチラっと書いた覚えがあるのですが

彼は毎日起きている間中、強弱はあるものの常に頭痛です。

年とともにその頭痛が酷くなってきたようで
私と一緒に住みだし、そして仕事も段々と責任が増した今、
もう見て見ぬフリをしていられないくらい厄介になってきたのです。

ですから

昔一度は頭痛の原因解明を諦めた狐さんですが
(原因が見つけられなかったから)
今再び色々な検査を受けているところなのであります。

すでにMRIや色々な検査を受けているのですが特に異常は見つからず、
神経に働きかける薬(欝の人が飲む薬と同じ)を
処方してもらったりもしたのですが効かず、

昨日は脳みそに掛かる圧力を調べる検査のために
病院に行ってきていました。

その検査っていうのが

脊髄の骨と骨の間の部分(私のイメージ的には椎間板?)
に注射を刺して中の髄液を取ってその圧力=頭蓋骨内の圧力
を調べる とのこと。

で、

お医者さまからは

「まぁもしかしたら後で頭痛なんかがあるかもしれないけど
   大抵は大丈夫だよ~。 もしおかしかったら来週また来て!」

と、軽~く言われたので、その程度だと思っていたようなのですが

その日の夜から「頭痛が非常に酷い。」
と言い出し、翌日には治ると思っていたら

「頭痛が相変わらず集中出来ないほど酷い。背骨とその周辺がめっちゃ痛い。」
と、座って居られないほどの痛み!

どういうことか確認のため、朝からお医者に電話すると
「あ~まれに酷く痛いって人もいるのよね。10日間くらいね。
   そうなったらまた同じ所に注射しないといけないんだけど。」

と言われたらしい。 
「ってかそれ聞いてないし!先に聞いておきたかったし~!!

ということなんですね~。

後からマリアママにその事を話してわかったのですが、
どうやら狐どん、5歳くらいの頃にも同じように髄液を取っていて
その時は5日間ベッドで安静にしていろといわれたらしい・・・。

そんな強烈な痛みから、トイレの大にもビビって行けない哀れな狐どん、
会社への長~い電話も冷たいタイルの床に寝っ転がってしている状態。

なんでソファーで寝ながらじゃなくって、窓際の冷たい床に
寝っころがって電話をしているかといいますと

引っ越してきた現在の我が家、
鉄筋コンクリートだからか携帯の電波が窓際じゃないと繋がらないのです!!
(超気の毒よね。まあ私は電話もそんなに使わないからいいんだけど。)

で、

結局あまりの痛さに全然仕事に集中できないため、休みを取って
サウスパークを見ていたワケなのであります。

ああ。

週末は狐さんの同窓会のためにパパママの実家に行き、
そこでお友達カップルと久し振りに遊ぶ約束していたのにぃっ!!
っとにドタキャンとなってしまったのでございます・・・。

今は寝ていれば「ちょっと痛い」っていう程度らしいのですが、
立っていたり座ったりはまだめっちゃ痛いようで
見ていると立ったり座ったりの時間はmaxで10秒って感じでしょうか。

・・・まあ 狐どんの気の毒な話は置いといて、

検査以外に

”頭痛を治すことが出来るかもしれない” という
珍しいプチ機械も使っております。

脳みそに電流を流すプチ機械なのですがね。

新婚旅行にも持って行ったそのプチ機械 コレ↓
Alpha-Stim SCS

これは友人のお父さんがたまたま頭痛などの研究をしているお医者様で
(寝ている間に眼ん玉が動くのを発見したとか何ちゃらっていう凄い人らしい。)

その凄いのに感じの良い普通のパパ な先生の病院へ行ったら
このプチ機械を 「効くかもしれないから」 と、治療のために貸して下さったのです。

こんなナンチャッテウォークマンな顔をしていますが、
酸素マスクをしないと眠れなかった人がマスク無しで
眠れるようになったという例もある、スグレモノなのです!!!

値段をたまたまネットで見つけたのですが、何と500ユーロくらい!!(確か)
(それを知ってから急に大事に扱うようになりました・汗)

でですね

どんな機械で、どうして頭痛がなおるのかという説明を致しますと、
(うろ覚えだし私の英語で得た解釈なので怪しいのですが)


人の脳波はバランスが悪いと
頭に限らず体に痛みなどを感じやすいんだとか感じるんだとからしく、

この機械を耳たぶに付け、スイッチオンで微量の電流
(感じるか感じないかくらいの)を流すと

常に流れている脳みその電流が、その新しく入ってきた電流とバランスを取ろうとし
それによってもともと崩れていたバランスが良くなり、
最後にはプチ機械の使用をやめてもバランスの取れた脳波のまま保たれて
痛みを感じなくなるとか・・・

って感じの解釈で大体あっていると思います(汗)

で、このプチ

本当は頭痛向けらしいのですが、売りやすくするためかパッケージには
一日20分使用するだけで、薬を頼らずに不安な気持ちをコントロールできる
みたいなことが書いてあるんですよね。
ようは誰が使ってもOKなんです。
なので私も使っています(笑)

ところが 
「一日20分で治っちゃうなんて!ルンルン♪」
みたいな私らの勝手なイメージとはちよっと違って、

その20分間 
っていうより、スイッチをオンした途端に体調が悪くなるんです。

なんていうんでしょう、車に酔った様に気持ちが悪くなったり
頭がぐらぐらするんです。 時には横にならないといけないくらい。

私は慣れてきましたが、狐どんはまだまだなようで、
気持ち悪さも私より酷いようです。

これを使って車酔いの症状が出る人は、線維筋痛症
の人が多いとか。

でもとりあえず続けています(関係ない私も) タダですしね!!

大抵の人はこれで治ると、その凄いパパ先生から聞いていたので、
私の中では 「これで治る!!」 とイマジネーションランドで思っていたのですが
・・・これだけやっても治っていないって事は 治らないのかも。

もしこれで治らなければ、脳みその心電図みたいなのをとって
(よくテレビとかで見るアレですね。)
狐さんから取ったデータと、他の膨大な数のデータを照らし合わせ
色々と調べるらしいです。

でもそれはまだ膨大な数のデータを使っての”研究”の最中・・・ということなので
保険はどれだけ効くかわからないと言われました。

オランダでは通常、
健康保険を払っていればお医者にかかるのもお薬代も100%カバーされ、
MRIとかの検査でも医者の指示であれば余分にお金を払う必要がありません。

でも、オランダではその ”薬” がなかなか出してもらえません!!

というのも
オランダは 「免疫力を高め、自然治癒で!」 といった感じの国で、
38度の熱が続き、「日本人は平熱が低いから」 と言っても
何の薬も貰えないのです。 (・・・実際ほっときゃ治るんですが。)

ほっときゃ治るとはいえ
速攻薬を貰うなり注射や点滴をしてもらうなどして熱を下げて出勤!!
に慣れている日本人は、その慣れない対応に 「どうなってんだ~??」 と
ダラダラとしんどいもんだから文句が出たりするのであります。 

とはいえ、やっぱりヨーロッパ。

いざとなれば色々と検査をしてくれますし、
癌治療や出産費用なんかも保険で完全にカバーされるはずですし、
日本ではまだ使用を認められていない薬(例えば癌の末期でも治るような薬)
を処方してもらえる事もあるわけです。
日本では深刻な問題である”ドラッグラグ”も、日本より少ないはずです。 

・・・

なんだか思うがままに書いていたらまとまらなくなってきましたが(汗)

こんな感じで、今まで書く必要も無いので書いていなかった狐さんの頭痛、
結構色々やっているところなのであります!!

同じ感じで私の 「オランダゴ学校」
これがスムーズに行っていると思いきや、
ブログに書いていないだけで色々とおかしな事になっているんです!

ライデンやロッテのお友達はスムーズにオランダゴコースが進んでいるっぽいのに
何でハーグの私のクラスはこんなんなのっ???

これもまた気が向いた時に書こうと思います。

ああ、こんな今までに無いくらいに長い日記をを読んでくれた貴方は・・・ 
お友達?

日本のお友達の事を毎日のように 「そういえばあの子は・・・」
と思い出している私です。
思い出しているだけでメールはしてないんですけど(笑)

では皆様よい週末を!!

テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/03/14 08:11 】 | オランダ 日記 | コメント(16) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。