スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
3度めはスルーできません。
こんにちは~!!

ところで!
”ヨーロッパで一番幸せなのはオランダの子供”
という調査結果が昨日朝のニュースでとやっていました!!

昨年も同じ事をお友達から聞きましたし、オランダでママをしている方には
心強いニュースですよね♪♪

そして夜のTV番組では女王がうとうとしている様子が放送されていたし・・・(笑)

不思議な国だ、オランダ。


さてさて

とっても晴れた18日土曜日、 

私達の3つめの結婚記念日の、一周年記念日でした。

keDSC_6669.jpg
オランダの車窓から・・・

keDSC_6671.jpg
でも窓ガラスが汚くって・・・。

国際結婚だと結婚記念日が二つ三つ出来ます。

一つ目の結婚記念日は オランダで式をした日。
 (オランダは婚姻届+お式をしないと結婚が成立しません。)
この一周年記念日はほぼスルー状態。

二つ目の結婚記念日は 日本大使館で婚姻届を出した日。
 (これで日本国でも結婚したという事になります。)
この記念日もスルー。(っていうか狐さんは日にちすら覚えていません・・・。)

そして三つ目は 披露宴・・・とまで大きくないけれど、パーティーをした日です。

オランダ的には結婚記念日とは呼べないのですが、
日本だと婚姻届の提出日ではなく
この日を結婚記念日と呼ぶ方も多いのでは?

で、この三つ目の記念日は・・・

スルーしませんでした!!
何故なら、パーティー会場にあるレストランで食事をするって
結婚した時に決めていたから

(でもレストランを予約した後も、二人して 「あれ、来週末って何かあったっけ?」
 って予約の事を一瞬だけど何度も忘れていましたが。 
 ・・・年くってから結婚すると こんなもん?

keDSC_6677.jpg

パーティー会場の周りにある森です。
ここの森でドレスになって写真を撮りました。

keDSC_6676.jpg

keDSC_6683.jpg

ここが私達がパーティーをした会場
・・・ではなくって、パーティーは夜だったので室内でしました。

keDSC_6681.jpg

お店のHPは → Landgoed Groenendaal


私は今日のランチメニューから♪

keDSC_6679.jpg
プリプリえびちゃん♪♪

keDSC_6689.jpg
お魚2段重ね♪♪ 下のリゾットにもチビエビちゃん♪

「狐さんが魚食べられないからここぞとばかりに食べてるな~。」 って?
違うんですよ~! 本当にこういうセットなんです! ルンルン♪

狐さんが頼んだ魚じゃない料理より、私の魚セットの方が美味しかったで~す☆ 

狐さんもエビちゃんと目を合わせないようにして魚を二口頑張って食し、
「パリパリでおいしい。」  と言っていました。 

も~お腹一杯だからデザートをスキップしたのですが・・・

keDSC_6690.jpg
コーヒーに付いてきたボンボンは二人とも2つずつ完食

こちらのレストランの周りは閑静な住宅街です。

keDSC_6696.jpg

のどかで美しく、シティーにも近いんですもの、いいな~!!
だからこそここで家を買うのは凄く高そうだわ・・・。

keDSC_6694.jpg
白鳥 VS わんわん。

犬が負けてました・・・。


ところで

思い返すと

結婚式当日、体調が悪くてヘロっヘロになりながら
happyさんからウエディングケーキをしっかと受け取った・・・   あれから1年。

色々な変化が周りにはあったけれど、私は特に一年前と変わらずです。

でも精神面が一年前よりずっ・・・と安定しました。

一年前は、

日本で好きな仕事をして、好きな趣味をして・・・っていう生活から
子無しだけど仕事も無しの「 超暇」 専業主婦生活へ
急に変わった事へのギャップや

最近無いですが、ぶっちゃけ楽しめないパーティーへの参加が多かった事
(皆で話す時はやっぱりオランダゴで私には分からないからつまらんのです。)

そして友達も今のようにいなかったし、そういったストレスから

気がついたらイラついてド==ン! と
気持ちが沈みまくったり、爆発する時もあったり、喧嘩しまくる時もあったり・・・。


でも、周りのお友達も皆同じような経験をしているようです。


今は こんな暇生活にも慣れ、お友達とちょくちょく会ったりして、
完全自由、野放し適当~主婦状態

なのに

狐さんはいまだこんな私の事がかわいくって仕方が無い様子。(笑)

彼のように素晴らしい、文句なしの男性が自分の旦那様になってくれたこと
本当にラッキーだと思います!!!
(って、↑くわばたりえさん並みのオノロケ?

これからまだまだ色々と喧嘩することも出てくると思いますが(笑)
その都度絆を深めつつ?

私の事を大切にしてくれている狐さんの事を私もまた大切にして、
お互い健康で次の結婚記念日へと死ぬまで続けられたら・・・ 最高だ!!!

と思うのでした。

そしてこの日の夜はお友達のお家で豪華なゴハンをよばれまして

も~~~ 幸せいっぱい、お腹もなんだかどえらいいっぱい状態で
家に帰りました~♪♪

超満足だったので、翌日の晩に行く予定だった”レストランしらさぎ”はまた今度♪

よくお友達から「どうなの?」と聞かれるお店なので、今度はカメラ持って行って
ブログでご紹介しますね~♪♪ 


オランダは緑が凄い勢いで成長中!!!
青空の下、眩しいくらいに美しく、オランダ絶好期を迎えようとしています
日本の皆、よかったら遊びにこや~ね♪
スポンサーサイト

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/04/23 23:05 】 | オランダ レストラン・カフェ・バー | コメント(14) | page top↑
オランダ 息子・姑・嫁 の関係。
こんにちは~!!

慌てて前回の日記の続きです!

イースター散歩から帰った後は・・・

DSC_6655.jpg
イースターゴハン。

また長時間にわたるゴハンのはじまりです。

マリアママはほんとうに料理を綺麗に出すのが好きで、
どの料理もさほど手間は掛かっていないのですが、(私も手伝ってま~す。)
オサレに出します

DSC_6657.jpg

そしてこれまた女性として「凄いな~。」 と思うのは、
皆でゴハンした後、散歩に出かける前にこぎれいな服に着替えるのです。

それにひきかえ、私のその時の格好っていったらあなた、
日・月と同じニットで、中のババシャツを変えるだけっていう・・・(爆)

これはイースターに限らず、日曜に彼女が良くすることで、
「何で着替えるの?」 と聞くと、「日曜のお洋服に着替える。」 と
日本人の私には良く分からない答えが・・・ 宗教か何かの名残?

DSC_6659.jpg

これ↑はサーモンにハーブなどを巻いて冷凍してカットしているので
結構な手間が掛かっているのですが、

上にペロ~ンとのっかっている ↑この白いの!
(これ、料理本を見ると本当はもうちょっと突き刺さってないといけないのですが。)

こういう飾りまでも本のとおりにちゃんと再現しようとするマリアママ・・・ 
貴女は凄いです!!
(私なら省いてるわ・・・ その白いのも美味しかったんだけれど。)

DSC_6660.jpg
スープの後にまだメイン・デザートがくるのですが、
写真を撮るのをすっかり忘れていました。

こんな上品めなマリアママですが、
彼女の前で私、ほぼ地丸出し90%です!!(汗)
(残りの10%? 酷くて狐さんにしか見せられません・・・ガクッ。)

じゃあパパはも上品かっていうとそうじゃなくって、何にも気にしないタイプ♪

そんな上品なママと私の関係は、

がママをからかって、ママにバシッと頭を突っ込まれるという
非常にゆる~~い 楽ちんな間柄。

(とはいえ私は神経質な長女A型なので羽目は外しませんから大丈夫!)

ママは、
「パパの頭をはたき過ぎて、頭のてっぺんがヤバくなってきてるわ~。」
と笑っています(笑)


オランダのような遠くに嫁いでしまいましたが、
私の事を理解して、より理解しようとしてくれているママの存在は大きいです。

ママは狐さんの他に娘のヤナケちゃんもいるので、
「息子はいいけど娘が遠くに嫁ぐなんてなったら・・・
と、私の母の気持ちもすごくよく察し、理解しようとしてくれます。

うちは女系なので、もしママの子供が息子のみだったら・・・と想像すると
私の母はもっと色々と心配しただろうな~と思います。

やっぱり娘を持つ親の気持ちは娘を持つ親じゃないと分からんですもんね。
その逆も然り!

私としても、私と年が近い娘を持つママの元は楽ですよね~やっぱり(笑)
なぜならば!! 女の子の実体をしっているから(笑)


(そういえば昔、同い年の職場の男の子(男兄弟の長男)が、
 「女の子がうんちやおならするなんて信じたくない!!っていうか信じない!!」
 なんて言っていて 「そんだけ女癖悪いのに・・・ロマンチストすぎる・・・。」 
 とびっくりしましたが、妹がいたら全然違ったんだろうな~って思います。 )


ところで
私から見た ” オランダ人の母さんと息子との関係 ” ですが

非常~~に 近いです。 日本の母と息子より確実に近いと思います。

男性は恥ずかしがらずに 「ママラブ!」 という気持ちを人に話すし、
家族を大切にしていて気にかけている っていうのが話を聞いてもよくわかります。
すんごいイカつくってどんだけタトゥー入れてるの?って男性もそうでした。

日本では、男性は心では思っていてもあまり口には出さないですものね。

私の周りのダッチくん達の話を聞く限り、進学のために上京した男の子なんかでも
片道2時間かかる実家に定期的に帰ったりと、まめに顔を出します。
そして家族と仲良く時を過ごします。 

オランダのママ達は遠くに住んでいる息子にちょくちょく電話もするし、
日本人の女性から見たら 「マザコン?」 と思う程の場合もあるみたい。

そうなると、
「母親って言うのは息子が可愛くってしょうがないんだから、
言葉には気をつけないと・・・。」

と神経質になりそうですが、

そうではなくって、オランダの母親はもっと・・・ あっさりしているのです。

息子に対する執着 というのは無さそうな感じ。
(じゃあそんなに日本の母親が息子に執着があるか?って言われると??
 なのですが。)


親子のあり方も育て方も文化レベルから根本的に違うからか、
何だか言い表せられないけれど日本の母と息子の関係とは違った印象です。

例えば 中村江里子さんがおっしゃっていた、
夫婦の寝室で子供と添い寝したかったのに、”夫婦の寝室”に子供が入る事を
旦那様が許さなかった というお話、

そういった文化レベルの違いから来ているのかも?

オランダの母親はさっさと子離れが出来ているというか、
独立した、そして個のプライバシーを持った一人の大人 
としても息子を見ているという感じです。

ま、これら↑はあくまで私が感じて思った事なので言い切れませんし、
他にも違った見解があると思うのですがね。
それに私は子供もいませんし。


しかし、ですね。
ということは、私の見解からいきますと・・・・

オランダは、日本よりも嫁姑の付き合いが楽? ということだと思うのです!

(昨夜ハーグにある小さい映画館(シネマスコーレよりは大きいけど)で、
 邦画 「歩いても 歩いても」 を見たから余計そう思っちゃったかも・・・。
 見ていたオランダ人はその日本人家族の言動に???だったはず。)

ということで、何だかまとまりませんが~~


こんなどこの馬の骨ともわからんかったアジアン娘(私)を
皆笑顔で受け入れてくれて、
今こうして気兼ねなくお付き合いさせてもらっている事に、本当に感謝しています。


だから、有り難いと思ったら、その気持ちはその時に、又は気付いた時に
口に出すようにしています。

やっぱりですね~、 「言わんでも分かる。」 とかよく言いますが、

言った方がより分かるし、
言われないと ”確定!” ではないし、
それに言われた側は素直に嬉しいですし。 
わたしは言った方がいいかと!思うのです。


だから狐さんに対しても、その家族に対しても、感謝の気持ちは言うようにしているし
自分の考えもちゃんと伝えるようにしています。

これも、相手が私の意見を受け止めて、ちゃんと意見を言ってくれる間柄と
分かっているから出来るんですよね!


こんな感じで、

日本と違ってオランダは、身内、親戚付き合いが楽というメリットがありますが

その代わり肝心な自分の家族にはなかなか会えないっていうデメリットが~~~。

こんな風に私が狐さん家族と仲良くしている様子をブログに載せると、
欠かさずこのブログをチェクっている母が焼きもちを焼きそうでちょっと心配(笑)

ああ、
母と母の妹のおばちゃんと従妹と、
そして耳が遠くなったからか話について来れなくなっちゃってるおばあちゃんとで(笑)
なんてことない話がしたいわ~~。
(↑妹はいつも家に居ないのよね~。)


な~んか、何もかもうまいことは行かんですな~~。
でも皆元気だから、よし!!としないと ですかね!!

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/04/18 05:33 】 | オランダ のあれこれ | コメント(6) | page top↑
子供を遊ばしときつつ 大人はビール。 
こんにちは~!!

昨日はハーグの天気は絶好調で私でも半袖でイケるほどで、
ライデンのお友達とスケベニンゲンビーチへ行ったら皆水着で焼いてました~!!

ところで

なんだかこのままセイシェル日記をUPすると、イースターの続き日記が
大~~分後になりそうだったので、

狐さんの家族と過ごしたイースター連休の日記をとりあえず先にUPです!
急いでどんどんUPしていきます! (といいつついつも溜まってしまうのですが・・・。)

イースターの日曜日。 お店はどこも閉まっています。

DSC_6631.jpg

のんびりとランチをお庭で取った後、パパママと我々4人で散歩に出かけました。

今回のお散歩コースは、車でちょっと行ったところで、
ヤンパパとマリアママがよくいく、半分野生みたいな馬のいるコースだそうです。

iDSC_6636.jpg
すごく田舎でしょ?

ちょっと行くと池?があって、野鳥の観察小屋みたいなのがありました↓

iDSC_6635.jpg

そしてここが半野生の馬がいるお散歩コース。↓

iDSC_6637.jpg

注意事項が看板に書かれていて、矢印の迷路のような入り口から入ります。

sDSC_6639.jpg
馬、遠いです。

DSC_6642.jpg
この写真よりは近く感じる所に半野生の馬はいました。

なんで ”半”野生 なのかというと、ちょっとは人間がお世話しているそうなので。
でも皆は ”野生” と呼んでいました。

1時間ちょっと歩く散歩が終わり、そしたら狐さんの希望で
一杯飲みに行く事に。

場所は 修道院のビール工場、Achelのカフェです→ こんなところ。

「っていうかイースターの日に修道院のカフェがやっているの??」
というママと私の疑問に、「やってるやってる、ベルギーだしやってるよ!」
ってパパは言っていたけれど やってなく・・・
周りには同じように思って来た人たちが結構いました(笑)

なので、別の所へ↓

DSC_6644.jpg
ハンプティダンプティのようなのがのっかったこのお店へ。

iDSC_6653.jpg
オランダで有名な妖精ちゃんもお出迎え。

DSC_6645.jpg

DSC_6647.jpg
すぐ酔ってしまう私はコーヒーです。

カフェはイースターで皆暇だからかかなり賑わっていました!

ここのカフェ、敷地が広くって遊具やらこんなんやらがあります!↓

DSC_6646.jpg

狐さんが最後にここに来たのは大親友とだとか。早速一緒に登ってみました!

てっぺんから左を見ると・・・・

DSC_6651.jpg
癒し~~。

右を見ると・・・

DSC_6650.jpg

子供がサッカーをしているのが見えますか~?

その横でよちよち歩きの子がふらふらしていたり(笑) 子供がいっぱい!!

遊具も色々とあって、見えない右の奥にもまだ大型の遊具が!


こうして 「大人は昼真っからビール、そして子供は遊ばせとく。」
っていうことが出来るカフェ、ヨーロッパだな~って思います。

DSC_6652.jpg

大人としては楽ですよね!(笑)
 

ところで

イースターといえばキリストの復活祭ですが、

オランダではイースターといえばイースターバニーで、

子供がいる家庭ではイースターバニーが隠したチョコエッグやペイントされた卵を
子供達が探して見つけて大興奮!!

・・・ なのですが

ほとんどの若者がイースターがキリストの復活祭であることを知らない・・・
という、ちょっとびっくりな調査結果が出たそうです。 
それってホント~??

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/04/17 01:03 】 | オランダ 日記 | コメント(8) | page top↑
ヤンパパ ワインの瓶詰め作業 と 夢の庭
こんにちは~!!

ずっとセイシェルのネタを載せていたので (しかも今放置気味・・・)
今日はセイシェルネタは置いておいて、久し振りにオランダネタを!

週末はイースター連休でパパママの実家に遊びに行っていました。

土曜は朝から天気が良かったので、
ヤンパパさんがワインの瓶詰め作業をしていました。

iDSC_6585.jpg

オランダでは美味しいワインが日本より安く手に入ります♪

日本でワインというとちょっとオサレなイメージ?で、
川島なおみさんの血?でもあるということですが

ここではもっと気軽に楽しめるのです♪

なので本帰国される駐在さんの中には、
美味しいワインをがっ・・・つりと買って、日本へ戻られる方もいらっしゃるそうです!!


しかし!

狐さんのパパ、ヤンパパのように 
フランスでお気に入りのワインを袋買い?してきて

このように↓自分でせっせと瓶詰めすれば・・・

iDSC_6584.jpg

一本5とか7ユーロするワインが、
一本2ユーロくらいの 激安ワインになっちゃうのです!!

今回はお友達がフランスへ行ってきた際に袋で買ってきてくれたワインをボトル詰め。


iDSC_6586.jpg
こんな↑ワインボトル洗い機? みたいなものを使い

こんな感じのコルク入れ機? みたいなのも使って↓

iDSC_6587.jpgiDSC_6588.jpg

こんな風にコルクを入れて・・・

レバーを引いていくとコルクがぐんぐん締まってきて・・・

iDSC_6590.jpg

もっとレバーを引いて~

コルクを押し込むのです~。

iDSC_6591.jpg

完了。

他にもヤンパパさん、フランスの田舎へ遊びに行った旅行帰りに
ワインの元となるグレープを沢山買ってきて、
ぐっちゃぐっちゃと足で潰して自宅でのワイン作りもしちゃうのです。

どこまでアルコホリック!! じゃなくって(笑) ワイン好き!!

日本のおしゃれなイメージとは違って、
手軽な趣味として楽しんじゃっているという感じです♪

せっかくオランダにいるのに、
ワインのことなんてさーぱり分からないし、興味も無いわたし。

「美味しい美味しい」 と飲んでいるだけではなんなので、
お友達が持っている日本で大人気のワインの漫画、 「神の雫」 を借りて
ちょっとはお勉強しないとね!

おやつには マリアママが職場のボスから頂いた↓

iDSC_6602.jpgiDSC_6603.jpg
 イースターチョコエッグを          いただきま~す♪♪

iDSC_6604.jpg

いいお天気だったのでお外で晩御飯。

iDSC_6609.jpg

iDSC_6620.jpg
ソースがなみなみでこぼれている私のメイン。ふふ。

iDSC_6621.jpg
そしてマリアママにとって欠かす事は出来ない、
気合の 「蘭) トゥーチェ」=デザート。


ヤンパパ、最近庭の木をばっさり切り倒しました。 
凄く背が高い木なので、プロに頼んで切ってもらったんですって。

ビデオで見せてもらったのですが、こんな感じ↓
iDSC_6614.jpgiDSC_6618.jpg
さいしょに枝を切っていって、それからばっさり倒すようです。

iDSC_6606.jpg

そしたらまあ、よく太陽の光が入るようになって明るいし視界が広いし!

iDSC_6582.jpg

葉っぱも取っ払っちゃってすっきり・・・。

切る前の庭画像は →こんな感じ。

どうやらヤンパパの夢はここをイングリッシュガーデン風にすることらしいのです。

前の画像を見てもお分かり頂けるように、
もともと イングリッシュガーデン風だなあ~ とは思っていたのですが

今度はちゃんとプロに聞いて、
なんちゃってイングリッシュガーデンじゃなくって、
ちゃんとしたイングリッシュガーデンにしたいらしい!

iDSC_6597.jpg
池の掃除中のヤンパパ。 池は大変だから私には絶対無理だな~。
(本当は海パン一丁での作業でありました。)


お金持ちじゃなくっても自分の庭が持てて、希望のガーデンが作れることとか、

お天気の中、自分のお気に入りのお庭でお食事が出来ることとかは
オランダのいい所だと思います!

日本のいいところがこっちでは無い分、
オランダの良いところをしっかり満喫しないと!!ですね♪

・・・ということで

我々も引っ越してきて出来た小さなお庭用にと
机とソファーのセットを買ってきたのであります! 

こんな↓ ガーデンテーブルセット屋さんがあるんですよ~♪

iDSC_6599.jpg
これを買ったわけじゃないんですけれどね↑

iDSC_6097.jpg
コレ↑でもないですよ。 こんな大きいの小さな庭には入りませんから。


ケチってお値打ちなのをとりあえず買うか、
ずっと長く使えるいいものを買うか迷ったのですが

名古屋方面の人間らしく?ケチらずに長く使える素敵なのを買ったので、
お友達の皆さん、くつろぎに来てね~♪♪


iDSC_6629.jpg
狐さんが子供の頃使ったイースター用の飾り。

iDSC_6627.jpg
・・・ちょっと怖いかも。 (くわっ って感じで。)

今日もお付き合い頂きありがとうございました♪<(_ _)>
イースターネタの続きはまた今度!

だって次はセイシェルネタだから!! 
(いい加減に終わらせないと・・・ですね。
 

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/04/15 06:35 】 | オランダ 日記 | コメント(2) | page top↑
お尻な実 @世界遺産ヴァレ・ド・メ
こんにちは~!!

今日もセイシェル観光日記です!

ホテルからタクシーで、世界遺産のヴァレ・ド・メ自然保護区へ行ってきました!

本当は滞在しているプララン島から別の島への観光を考えていたのですが
この日は日曜日。

日曜日は島ごと閉鎖でお休みだそうです!(笑)

SDSC_6402.jpg

なので朝からヴァレ・ド・メ観光です!
見逃しそうな表示の奥に、エントランスがあります。

タクシーのおじさんから「1時間半くらいあれば十分見られるから。」 と言われ、
旅行会社のおじさんにも「あはは~どこまで行っても同じ様な景色だから!」
と言われたので、タクシーのおじさんとの待ち合わせは1時間半後。

SDSC_6400.jpg

こちらがエントランスです。 非常に地味です!!
カフェとかも何にも無く、この奥はひたすら自然保護区!

そして入場料がななななんと 20ユーロ!!
高い・・・これはびっくりどっきり価格です。

SDSC_6393.jpg
こちらがエントランスのすぐ後ろ。
写真右上になっているヤシの実がここのメインであり今回の日記のタイトル↓

sDSC_6396.jpg

お尻の形をした実 ・・・ココ・デ・メール であります

なっている緑色の実を割ると、これが出てくるのであります。

sDSC_6397.jpg

重さは20kgくらい。 世界最大のヤシの実です。

女性のお尻の形をしているから女性のシンボルらしい。

お土産物屋さんではこの置物を沢山目にするのですが、
ご丁寧に割れ目に毛を生やしてあるものも売っていて
「・・・(苦笑)」 なmakuiです!!

せっかくなので、私はチビ ココ・ド・メール、
そして狐さんは雄株の方(これも男性のシンボルね。)を持って・・・

sDSC_6338.jpg
夫婦で記念の一枚。 (・・・苦笑。

sDSC_6339.jpg

ということで、早速奥の自然保護区を覗いてみましょう!!
世界遺産です!!! ←世界遺産ラブな日本人ワタシ。


sDSC_6340.jpg
こんな不思議な根っこのようなものや。

sDSC_6357.jpg
ジャックフルーツ。

sDSC_6391.jpg
開きだした葉っぱや

sDSC_6349.jpg
小さなハリネズミ?や鳥さん。

sDSC_6352.jpg
でも何より私を興奮させたのは・・・


sDSC_6341.jpg

何だかやたらデカイ植物、ココ・デ・メール!

sDSC_6378.jpg

自分がホビットになったかのよう!!

sDSC_6367.jpg

もともとはシダ植物のような普通サイズなのですが、これがこんなんになり、

sDSC_6355.jpg

そしてこんなん↑になって お尻な実を付けたりするわけです!

地球の歩き方によると、実がある程度の大きさになるまでは15年から40年かかり、
高さは30m、寿命は200~400年と全てにおいて大きい!

sDSC_6353.jpg
空を見上げるとキラキラと木漏れ日が美しくって胸いっぱい

SDSC_6375.jpg
そして 「この実が落ちてきたら・・・ 即死だな。」 と、ちょっとこの辺は急ぎ足。

SDSC_6401.jpg
花をつけているが男性のシンボルです!

SDSC_6379.jpg

と、こんな感じでいくつかあるコースから選んで歩いて行くのですが、
「時間をもっと取って約束をしていたらこちらのコースも行けたのにな~。」
と思うものの、おじさん達に言われたとおり、景色は同じようなジャングルなので
1時間半でも満足でした! あっというまの1時間半!

でももしももしも また行くチャンスがあったら・・・気が済むまで歩くかもしれません(笑)

ということでホテルの側まで戻り・・・

ビーチを歩きつつ、軽食を取るためレストランへ。

SDSC_6404.jpg

ホテルの側のビーチです。 
ずっと後ろに歩いているお姉さん達を見てください! とっても遠浅!!

SDSC_6407.jpg

この透明度、 どーだー!! (笑)

これ、これが私の求めていた ”白い砂浜と青い海” デス

SDSC_6409.jpg

そしてビーチ沿いにあったピザがメインのレストランへ。

sDSC_6410.jpg

狐さんはピザ、私はお魚のスープを頼んだのですが、
オランダより高いぞ~!(笑)

現地の皆さん用の価格と、旅行者用の価格と二種類あるのです。

確か・・・ですが、旅行者価格は現地価格の二倍以上。
確かに、旅行者価格のみにしてしまったら現地の方が来られないですもの~納得!

このあとビーチをもう少し歩いてホテルに戻りました。

sDSC_6418.jpg

オーストラリア振りの美しい海です。

sDSC_6412.jpg

私も狐さんもオーストラリア、ウィットサンデー諸島にあるホワイトヘブンビーチへ
バラバラに行った事があるのですが、

そこの砂は海の中で手に取ると、とろ~りととろけて消えていくのです。

なんとここの砂もそんな感じ!! 
ホワイトへイブンまでは行きませんが、とろりんな砂にまた会うことが出来ました

sDSC_6421.jpg

その後、ホテルの前の海で遊びました。

ホテルの前のビーチにはホテル経営のカフェレストランがあり、
そこでリクライニングのビーチ用の椅子(名前なんていうんでしょう?)を
無料で借りることが出来ました。

ということで 今日も長い日記にお付き合い頂きありがとうございました!<(_ _)>

セイシェル旅行記は多分あと1回で終われると思いま~す♪
宜しければお付き合い下さいませ!<(_ _)>

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/04/06 02:14 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(8) | page top↑
遅いけど新婚旅行!セイシェル日記 : プララン島・Praslin
こんにちは~!!

火曜日の今日は、
私が住む町デンハーグで アフガニスタンに関する大きな国際会議があり
日本からも中曽根さんがいらっしゃったそうですが 
日本の皆さん、TVでやっていましたか~? 

さてさて

しかし私は前回に引き続き、オランダとは全然関係ないセイシェル日記です。

メインランドのマヘ島で2泊した後はプララン島へ

プララン島は世界遺産もある島で、フェリーのcatで約1時間で着きます。

旅行会社のお兄さんが我々のピックアップ、
そしてフェリーのチケットの引き換えまでフェリー乗り場でして下さって、
個人旅行に慣れている我々はその至れり尽くせりな対応に・・・
(な、なんか申し訳ない程だねぇ・・・ボソ。)
と 完全に恐縮状態!!(笑)


ということで、プララン島に到着!!

こちらのホテルでで4泊しました↓

ル・デュック・ド・プララン:Le Duc de Praslin

DSC_6309.jpg
綺麗に手入れされたお庭!

sDSC_6269.jpg
ホテルのロビー? のような所へ

sDSC_6312.jpg
腰掛けると・・・

sDSC_6271.jpg
マンゴーベース味のウエルカムドリンクがっっ!!

これ、フレッシュミックスジュースらしいのですが、め・・・っちゃ美味しかったです!!
ディナー時に2回注文しました(笑)
彫りがほどこされているテーブル、ガラスの下の貝殻も素敵ですよね♪

DSC_6310.jpg

そのままディナーを頂くレストランに繋がっています。

DSC_6311.jpg

セイシェルは常夏。 ダブルグラスどころか壁が無いっす!!
(近場の国でもマダガスカルやモーリシャスは20度以下の季節もあります。)

DSC_6313.jpg
その奥にはプールが。 画像で見るよりも実際は小さなプールです。

プールの横にはオーナーの奥様と従業員の方
そしてプールの石の後ろにぽこっと頭が見えているのが3歳の息子ちゃんです。
可愛い息子ちゃんに我々遊んでもらいました~しゃべってくれんかったけど!(汗)
持っていたボールはピカチュウでした☆

ではでは、お部屋に行ってみましょう

sDSC_6274.jpg

どーだー!!
(ってそうでもない?そうでもない??

ホテルって言ったら東京ディズニーランドの隣接ホテルレベル以上には泊まった事が無い私、
大興奮です

右奥のお部屋に行きますと・・・

sDSC_6292.jpg
バスが♪ そして広いスペース。

sDSC_6291.jpg
石鹸の受け皿がすごくトロピカル!可愛い~
(その後ろに見えるのは・・・日本にあるおしぼりの受け皿??)

sDSC_6288.jpg
トイレとシャワールーム。
こちらも凄く余裕のスペース
小さなお子さんがいても家族全員で浴びれそう!!

sDSC_6286.jpg
トイレは・・・

sDSC_6278.jpg
トートージャパンだし!!

sDSC_6280.jpg
程よい暑さに冷たいビールでご機嫌な狐さん♪
こんな眩しいくらいの青色を壁にもってこられるのは、やっぱり暑い国だからですよね~!!

sDSC_6298.jpg  sDSC_6295.jpg

・・・ あれもこれも、いちいちステキ

sDSC_6273.jpg

そして気になるお部屋の左側・・・
(気にならないって?わたし一人で盛り上がり過ぎ?

sDSC_6281.jpg
これまた十分な広さのバルコニー。
狐さんが寝そべっているのは幅が広く、二人してくつろげます!
(二人してくつろがなかったけど!)

sDSC_6302.jpg

ふと見るとバルコニーにトカゲが! 日本のと似てるのに、色が綺麗だ~~

sDSC_6334.jpg

前回のホテルで貰ったウエルカムシャンパン、飲めなくってわざわざ持って来ました(汗)
冷やして乾杯!

さてこのホテル、 
旅費を下げるため、地球の歩き方で見つけて旅行会社に提案したホテルなのですが
セイシェル観光局が主催する”スモールホテルアワード” でグランプリを受賞だとか。

確かまだリニューアルして2年くらいしか経っていなくて非常に綺麗です。

HPがあんまりイケてなかったので、さほど期待はしていなかったのですが
前のホテルより安い上に、お部屋は凄く良かったです。

大抵こういうホテルって、写真とかパンフレットの方が実物より良く見えるのですが
ここのお部屋は・・・ 実物の方がもっといいです。 (←お、言いきっちゃったね。

そして小さいホテルだからこそ、オーナーの心配りがホテルに見られて
大~~変気持ちが良い滞在でした。 

プールも前のホテルと比べると断然小さいですが、
滞在できる客数が限られているからか我々の滞在中は混まず、ほとんど貸切状態。 

観光から帰ってきた後、ホテルのプールとジャグジーでリラックス。
それからシャワーを浴びてお部屋で本を読みつつリラックス。
その後ディナー ・・・の繰り返しでした

では続いて晩御飯

DSC_6317.jpg
レセプション付近も夜の照明に照らされて、昼間とは違ったまたいい感じです♪

DSC_6320.jpg
お庭の池には鯉が・・・

DSC_6541.jpg
沢山!! 
鯉を見つめるちっちゃなお子様のゲストに、オーナーが餌を取ってきてくれていました。
(そういった小さな心遣いがね~見ているこちらまで嬉しい気持ちに!

こちらでの晩御飯は前回のホテルとは違い、毎日コースで出てきます。
週に一度はバーベキューで、バッフェ式でした。

DSC_6321.jpg DSC_6323.jpg
カクテルが安い!! と思ったら、お味は 「・・・。」でした(汗)↑

DSC_6325.jpg DSC_6326.jpg
 
毎回、 前菜・スープ・メイン・デザートで、メインのみ選べます。
お味はこれなら悪くない といった感じで合格点です!

ここのホテルから、眩しい白砂ビーチまで徒歩1、2分なのですが、
そのビーチ沿いにこちらのホテルが経営しているレストランがあり、
ホテルでいくらかのバウチャーをもらってそこでもお食事が出来ます。

我々はここでのんびり・・・という気分でそちらには行きませんでした。

DSC_6329.jpg

夜のプールです。 イルカさんたちが浮かび上がって綺麗・・・♪

今日の日記は「makuiホテル満足日記!!」 みたいな感じになってしまいましたが(汗)

次はちゃんと観光の日記を載せることが出来ます!
世界遺産の自然保護区へ行ってきた日記です。

超熱心なこのブログの読者であるうちの母が続きを楽しみにしているので(笑)
出来るだけ早めに次のネタもUPしようと思っております。

まだまだ続きますが、オケーな方、お付き合い下さいませ。<(_ _)>

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/04/01 03:52 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(10) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。