スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
地味~に行ってきま~す!
こんにちは~!

日曜から約一週間、南仏に旅行に行ってきます!

狐どんのパパママが一週間先に行っています。

南仏というと、日本の皆さんには
「なんだかラグジョリ~でおしゃれな感じ!!」 とか思われそうですが
実際はそうでもないです。 イメージの見せ方ですよね。

こちらではよくあるのですが、
パパママが一週間ずつ、キッチン付きの小屋を借りたのです。
値段も普通のホテルのように高くはありません。

日本のホテルでは人数分のお金を払う必要がありますが、
こちらでは人数ではなく、一部屋分です。

パパママが借りた小屋は寝室が二つあるのですが、
同じく何人入っても金額は同じなので、遊びにおいでと誘われたのです。


セイシェルで散財したので、実はあんまり乗り気ではなかったのですが、

オランダのアイントホーベンにある空港から南仏まで
往復一人75ユーロ(1万円くらい!)という、
電車で行くより安いエアーチケットをママが見つけたので、

狐さんもここんところ仕事帰りがずいぶん遅く、本当にストレスが溜まっていそうだったし、
パパママも我々がジョインすると喜んでくれるので、行く事にしました!

今日の会話。
「旅行、楽しみ??」
「そうでもない。」 
と、素直に言ったらびっくりされました(笑) でも楽しんでこようと思います!

南仏には24歳の頃、バックパッカーで行ったのですが
3ヶ月間のヨーロッパ周遊で、一気に旅行したもんですから
南仏の地名を聞いても、「行ったんだか・通り過ぎたんだか・地図で見ただけか」
非常に記憶が怪しい状態です・・・。

マルセイユも「絶対行ってない。」 と思って地球の歩き方を開いたら、
”イフ城” が載っていて「あ・・・行っていた・・・。」状態。
結構落ち込んだのですが、狐さんに「それで普通だよ」といわれホッ。
旅は一気に行くと新鮮ではなくなるし、忘れるし(笑)勿体無い気がします~。 
とはいえ、安上がりですけれどね~♪♪

ということで、
写真を見る限り、周りに民家が見えないような場所にある小屋の外で、
本を読んだり、てくてく散歩をしたりして過ごすんだと思います。

明日土曜日は、狐の幼馴染の独身最後パーティーがあるので朝から出かけます。
パーティーはアイントの近くであるので、そのままアイント泊で飛行場へ向います。

初めて行った独身最後パーティーは→わたしの独身最後パーティーだったので、
人のに行くのは初めてです!!
ちょっとどんな感じか写真撮ってきますね~!

と、こんな感じで旅行やらパーティーやらがあるので、
連続更新でセイシェル日記を終わらせようと思ったのですが、終わらなかったです~。

とはいえ書き残したいので、ぼちぼち書きます~~。

ではまた今度~~☆☆

まくぃ。
スポンサーサイト
【2009/05/30 08:03 】 | オランダ 日記 | コメント(8) | page top↑
ラ・ディーグ島:La Digue Is  惜しい!ビューティフルビーチ。
こんにちは~!!

非常に慌てて更新です!!

い・今頃ですが、またまたセイシェル共和国 :seyshelles
ネタの続き、行かせて頂きます・・・ 
(まだ終わってなかったの?って声が聞こえてきそう・・・。)

今までのセイシェルネタは→こちらから

もはやいつに行ったのかすら思いだせず、なんと2月末でした!!

わたしのことですから、
このまま途中やりのセイシェルネタを放置・・・ってのも有りですが、

セイシェルの情報ってあんまり見つからないので
ちょっとでも雰囲気が分かればと・・・。
ちゃっちゃと最後まで書こうと思います!!


はい!この日は連泊しているプララン島:praslin から、
皆必ず行くであろう、美しいことで有名なラ・ディーグ島:La Digue
に、フェリーで行ってきました!

片道30分も掛からないくらいの近さだったと思います。

ご覧下さい、フェリー代を!
6eursDSC_6427.jpg

この運賃表を見ると、”Local” と”VISITORS”に
分かれていますよね。

旅行者は、往復 30ユーロ。 
ローカルの皆さんは現地通貨でお支払いの 125セイシェルルピー。

この125ルピーは、ユーロになおすと6ユーロ!!
旅行者はその5倍を支払っていると言うわけであります!!

でもね~、そりゃアリだ。 と思えるんですよね、ここに来ると。


ラ・ディーグアイランドに到着したら、自転車をレンタルして周ります。

自転車で周れるような、超ちいさな島(5km×3km)なのです。

自転車に鍵は付いていません。誰も盗まないからだそうです。


チャリを借りて・・・

sDSC_6435_20090529021156.jpg
海、綺麗です・・・
(※ 私が自分の写真に狐どんをいつも入れるのは、狐どんラブゥっちゅ~
  理由では決っ・・・して無く、人が入ると雰囲気やサイズが分かりやすいからですよ♪)
↑ちょっと気になって書いてみた・笑

sDSC_6430_20090529021202.jpg
ここを入ると レ・ユニオン・イステイト。

す~~っと入って行っちゃいそうな気持ちになりますが、
 ちゃ~んとここで入場料を払わないといけませんよ~!

この奥に色々あって、メインのビーチ、アンス・スース・ダルジャンもあります。

入っていくと・・・

sDSC_6447_20090529021208.jpg

sDSC_6442_20090529021215.jpg

モ~モ~ちゃんがココナッツ入りのバニラを引いています。

sDSC_6441_20090529021221.jpg

バニラエッセンスが下から。
マダガスカルもそうですが、セイシェルもバニラの産地です。

sDSC_6443.jpg

「あなた、大丈夫?疲れてない??」

sDSC_6448.jpg

ああ、くるくる回るモーモーが気の毒な気がして胸が痛いです。

ところで

オランダに来ると、動物が身近すぎて(牛・羊・馬があちこちにいるのよ!)
肉類は一切食べないベジタリアンの方々が結構いらっしゃるのにも納得。


もうちょっと行くと・・・

sDSC_6449.jpg
囲われた中に、リクガメ。 多分ゾウガメだと思うんです。

sDSC_6450.jpg

めっちゃ大きいです。 
そして彼らの周りには蚊がたっくさんつきまとっています。 かわいそう!! 
見ているだけで痒くなってきます。

sDSC_6452.jpg

馬が半分野生のようにいたり・・・


自転車をこいでいると、ふわっと鼻をくすぐった香りで気が付いた・・・

sDSC_6456.jpg
バニラ農園。 その一瞬だけいいにおいでした~~

sDSC_6459.jpg
海賊船マークを見ちゃったら私の鼻歌はパイレーツオブカリビアンの曲に・・・
パイレーツカリビアンの曲といえば!!
コレ懐かしくないです?見たことあります?? →Youtube エレクトーン少女vsジョニーデップ
皆超可愛くてとろける~ 
オーランドの方がよい方はコチラ→ youtube 少女達にとろけるオーラント・゙ブルーム

自転車を降りて、徒歩でずっとすすんで、
有名なビーチ、 アンス・スース・ダルジャンへ。

sDSC_6461.jpg

sDSC_6470.jpg

こんな感じです! この岩の美しさでも有名。

でもね~ 海藻が多すぎて海がまだらに見えます。

なので美しいビーチを求め、もっと奥まで歩いてみます。 
奥へ行くほど人も少なくなってきます。

sDSC_6469.jpg

ジャングルのような所を抜け・・・

sDSC_6464.jpg

蜘蛛なんかもいたりして・・・

sDSC_6466.jpg

結局どこまで行っても海藻まるけだあああ~~!
これが海藻なしだったらどんだけ美しいか・・・ 惜しい。

ということで、泳ぐ気にはなれず・・・

sDSC_6473.jpg

しばし美しい岩を鑑賞。

sDSC_6476.jpg

この写真の右端の狐さんが見えますか~?↑これらの岩、大きいんです。

sDSC_6482.jpg

しゃがんでいると、一生懸命砂を巣穴から出している蟹、発見。

sDSC_6483.jpg

小さい。

sDSC_6488.jpg

暑さになんだかぐったりしてきて、
しかも お腹が空いて力が出ないよ~~~。 な私↑

このビーチへの入り口の自転車置き場付近に
屋根だけで壁なしのワイルド?な雰囲気のレストランがあったのですが、

ホテルの受付のおねえさんから
「泳げないけど海の美しいビューティフルなレストランがある。」
と聞いていたので、頑張ってそこまでチャリで行っちゃう事に!!

それが・・・ 間違いのはじまり だったのですが。(汗)


ということで、今日はこれでおしまい。 お付き合い頂き有難うございます!<(_ _)>

あ~お腹が空きました・・・ 
だって狐さん、もう11時なのに仕事から帰ってこないよ~!
ここんところいつも帰りが遅いのです。オランダ人じゃないね!(笑)

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

【2009/05/29 06:21 】 | セイシェル :Seychelles | コメント(4) | page top↑
出会いで感じるご縁。
こんにちは~!!

先週からひしひし感じる出会いとご縁。

日本にいる時からもちろん出会いとそれからの繋がりに喜びを感じてはいましたが

オランダでの出会いは、出会い方が出会い系みたいだったりと日本とは違うから?か
ますます不思議に感じてしまいます。

例えば先週の金曜日。

ブログを通して一年ほど前からメールのやり取りをしている女性が、
私の住むハーグの大使館にいらっしゃるということでとうとう会うことになりまして。


初めてお会いするその女性はとっても可愛らしい方で、
そして私と同じく、時に困ったちゃんな長女気質。 話が合う合う(笑) 
おっとり系なのにガンガンと話しまくる彼女に共感しまくりでうんうん頷く私。

そんな彼女とランチしたのは前から気になっていたインドネシア料理 屋??

そのお店?? を教えてくれたのは、今はサウジアラビア駐在中のお友達。
遠くに行ってしまった彼女を思い出しつつ、初めてあった別の女性とランチ。


それから二人で大使館辺りからシティーまで散歩がてら喋り倒そうとしていた際、

向こうから絶対見たことがある親子さんが歩いてきて・・・

その方々、
どどどどっきりしちゃったのですが、私がよくチェックし、コメントもしている
お気に入りブログのブロガーであるお母様と、お嬢様だったのです!!

しかも、先日じ~~んとくるメッセージを頂いたばかり!!

お嬢様のお顔をブログで拝見していたから分かったのですが、
思っていたよりお嬢様が小柄だし、(写真じゃ身長は分かりにくいですよね。)
しかも
お二人のお住まいはうちの狐さんの実家よりももっともっとめっちゃ南部!!
なので、
(間違いない!!でも100%じゃない・・・。でも絶対そう!でも・・・どうよ??)
と、瞬時にそんな気持ちが頭の中を猛烈ダッシュで横切り

結局、超怪しい人状態で「すっすっすっすみません!!」 と声を掛けました。
↑実際には何を言ったかわからないくらい興奮状態・・・汗

相当怪しかったですが気付いてもらえて良かったです!!

びっくりな偶然を喜んだ後、親子さんは大使館へ、私たちはシティーへ向いました。

何だか神様か仏様からのご褒美のように、急に南部のお会いしたい方が
目の前にポンとワープしていらっしゃったような瞬間でした。
(実際はワープじゃなくって遠い道のりをいらっしゃったのですが。)

シティーに着いた後もお茶をしつつ、引き続きその初対面の彼女とおしゃべりしまくりまくり。

駅でお別れするときは、 
「ああ、もっと近くにお互いが住んでいたらどれだけいいか・・・。」
と、しみじみと感じずにはいられない出会いでした。


その後夜からは狐さんと二人でモダン・コンテンポラリーバレエを見に行きました。
NDT(Netherlands Dans Theater)というカンパニーです。

このブログのカテゴリーに ”バレエ・オペラ” の欄を作ったわりには
書いていませんが、オランダでは日本とは比べられないくらいお値打ちな価格で
見ることが出来るので、実はちょくちょくと見に行っているのです。

そして、「オランダに住んでいるから」 という理由だけで?お知り合いになれてしまった
オランダで活躍する日本人のプロのバレエダンサーの皆さま。

どなたも気さくな方過ぎて、普通~に堂々とお喋りしてもらっていますが
よくよく考えたら選び抜かれた凄い方々なんですよね。(汗)

もともと子供の頃からずっと同級生のバレエを見に行っていたり、
ジャズダンスを10年やっていたりと踊りを見るのもするのも好きなのですが

当然ながら踊りの世界とは全っ・・・然 関わりの無いわたし。 
ダンスのプロを目指している方々にとっては、と~~~~っても
お会いしたいであろう皆様だと言うのに。 

(↑そんなどうしても会いたい皆さんも、普段触れる機会の無い世界を覗いてみたい皆さんも、
 ”konoyubi ART 2009”で検索すると、そんな機会が東京でありますよ~♪)
 ↑勝手に宣伝しちゃったデス。


そしてダンスの衣装をお勉強しつつ担当もしていらっしゃる、
日本から期間限定でいらっしゃった女性ともそこで再会。

そしたら彼女の周りに、女性のお友達?という日本人の皆さんが
何人もいらっしゃるではありませんか!
「おお~~!日本人って、やっぱりいることはいるのね!」
と、
普段全然日本人を見ないので馴れ馴れしく話をさせてもらい(汗)

うっとりなダンスも見て、気分すっきり!!(←変な感想。)で帰りました。


翌日土曜は髪の毛を切ってもらいにアムステルフェーンのFUJI hair さんへ。

行きの電車の中では、
昨日初対面のお友達から頂いたバナナブレッドとコーヒーをおいしく頂きました
afDSC_6833.jpg
↑その翌日にも朝食で頂きました♪

さてさて、2度目のフェーンです!! 

(日本の皆さんに解説しよう。
 フェーンは日本人駐在の皆様が沢山住んでいらっしゃるので、
 日本食材や日本食レストラン、日本の本屋さんなどが充実した町なのだ~!)

afDSC_6829.jpg
↑フェーンのちょい手前、アムスにある面白いデザインのビルディングたち。


予約の際、初めてなので美容師さんの指名はしなかったのですが、
たまたま切ってもらった方は、一年前くらいから噂では聞いていた
「デジパーの機械を担いでオランダにやってきた男」 でした(笑)
フェーンから遠いハーグでもそんな噂は広まっちゃうのよ!狭いの日本人社会(笑)

その美容師さんに、オランダでの生活はどうかとか
デジパー機械を担いで持ってくるのはどうだったかとか、そんな他のお客さんとも
よく話していそうな話をず~~っとしていたのですが、

そんな風にたまたまオランダにいらっしゃった方の話を短時間聞くだけでも
非常に興味深くって、またちょっとした出会いだと感じてしまうのです。

狐さんもたまたま手が空いた美容師さんに切ってもらい、
(↑日本の美容院なのに、AUSとかと違って現地の美容院の値段と変わらないんです!)

二人してすっきりしてから 遅めのランチ。

afDSC_6831.jpg
もうランチの時間は終わっていたのに、「いいよ~!」と食べさせてくれました!

このランチも食べられる韓国スーパーでたまたま会った、韓国人女性との世間話では

お子さんが幼い頃に一家でのオランダ駐在生活が始まり、
滞在が凄く長くなってしまったため、いざソウルに戻れる事になっても
ずっとこちらで育った娘さんには言語・文化の違いの点で不自由が出ると分かり
結局一家でオランダに滞在し続ける決断をして今に至るという話を聞きました。

とはいえ、ご夫婦で韓国人なわけですから、とっ・・・てもソウルに帰りたいそうです。 
そりゃそうですよね。

ご夫婦共に英語のみで、オランダゴは習っていないそうです。
いつか帰るつもりでいれば、あんまり学ぶ気にはならない言語、オランダゴ・・・。
でもオランダゴが話せないっていうのも時に不便だったするんですよね、うんうん。

と、 またまた一瞬でしたが、色々な事を考えさせられる出会い。

そして美術館に行ったあと、ハーグに戻り・・・

この日の夜は、狐どんをほっといて
ご近所さんの駐在ご夫婦の所へ夜8時集合し、

日本人6人でJSTV(海外在住者向け日本語衛星放送チャンネル)でやっていた映画、 
「アフタースクール」 を、お菓子を囲みつつ、横ではスルメが焼かれつつ、鑑賞。

(集まったお友達もわたしも、パートナーがダッチだし、JSTVは付けてないのです・・・。)

そんな彼女がまったりと言った一言、確か・・・
「(JSTVって) まさに ”暮らしに、プラス” ですね~。」
「!! ほんとだよ~、ほんとプラスだよ~!!」 
と、必要以上に熱く同意してしまいました。

ということで、 超~~~~~まーーーたり。 な時間。
もうほとんど ”遠慮” とか、”気遣い” とかがいらない、ゆる~い間柄。
とってもとっても貴重なご近所さんズ。 なんです!

そして日曜は急に狐さんと思い立って、約1ヶ月前に生まれた赤ちゃんを見に行きました。
夫婦で仲良くしている蘭×日ご夫婦です♪♪

ママになったお友達は、ほぼ一時間毎にお泣きになるお坊ちゃまに、へっとへとのご様子。
 ・・・ほんと、ママって凄いよ!!!

そして一ヶ月に見る赤ちゃん、もう人間らしくなってるし!!←前はどんなんだったかって?
その成長っぷりにはびっくり。

オランダでは生まれてすぐ色々な人が赤ちゃんを見に来ます。
そう思うと、なんで日本は逆に見に行くのを控えるのだろう・・・
とりあえず産んだ翌日から見に来られても体がしんど過ぎますよね(汗)

けど、そのお友達は生まれて4日目なのに、それを内緒にして我々を家に呼んでいたし!
↑それアリ?!ですよね、オランダならではのびっくりです(笑)

日本の外に出ると、常識だと思っていた事やあたりまえだったことが
そうでもなくなっちゃって、
自分の考え方も知らんうちに変わってきちゃうから不思議。

特にオランダは、「答えは一つ!」 というよりも、 
「あれもそれもアリ。」という感じでは?

へとへとな彼女ですが、人が来るのは気晴らしになるのかほぼ常にウエルカム状態。
今回も彼女を疲れさせたんじゃなくって、
気晴らしになってたらいいな・・・と思いつつ、帰宅。

月曜は朝から夕方までオランダゴ学校へ行き、

その日の夜は、有り得ないくらいの雷と土砂降りの雨。

そしてその翌日(昨)は片道一時間の友達のうちに初めて遊びに行き、
久々に会う彼女とこれまた止まる事無くしゃべるしゃべる(笑)

彼女も私と同じ日×蘭夫婦だから、「むッカー」 とくるポイントが
同じで笑えます。
彼女の愚痴を聞く気満々で行ったのに、自分も負けじと愚痴っておりました。オホホ・・・。

ランチもお手製おやつも頂いて、その上おやつのお土産まで頂いて
「ああ、こうして楽しくお話が出来るお友達がいて、良かった~~!!」

自分がすっきりするだけじゃなくって、彼女もすっきりしているといいな・・・と思いつつ、
満足して(笑)家に帰りましたとさ♪


と、いうことで

いつもの日記とは違って
ずら~~~~~~~~~~~っと、どうでもいい私の最近の話を書きましたが
(誰もここまで読んでないって?)

ここんところ と~~っても 出会いとそのご縁を感じずにはいられず、

なんて私は幸せなんだろう・・・ と思ったので、
(とはいえ、そうかと思えば大泣きしたりもしているのですが、それとこれとは話が別。)
そんな最近の事をあれこれ全部書いちゃいました。

普段、お友達と会ったりしても あんまりブログには書いていないんですよね。


思えば私の事を心配している母親や、お友達に近況を伝えるために始めたこのブログ。

それからしばらくして、
「ハーグでは日本人を見ないし、もっと人と繋がれたらな・・・。」
と思って ”オランダ情報 ブログ村” に参加。

そしたらコメントのやり取りを続けているうちに、
そのブログ村に参加している(いた)ブログ村村民の皆さんと個別で
お会いする機会があり、

その人数を勘定すると、なんと、トータルで11人!! と会っていました。
・・・凄い人数ですよね、数字にすると。

又、ブログ村メンバー以外でもブログを通して知り合った方々が何人もいらっしゃいます。

そんな事も手伝って、今こうして皆で笑う機会があるんだな・・・と、
なんとなくヘタッピに書いているこんなブログでも、続けてよかったと思うのです。

↑でも、今年に入ってから更新回数が週1回ペースだとさっき気付きました・・・汗

なんだかまとまりのないだらだら文章にまたなってしまいましたが、

これはわたしのような者が書くブログなので、しょうがない!!

今後も、
今まで機会を頂いた出会いに感謝し、そしてこれからの出会いを楽しみに
たまたま?なようでたまたまじゃない?嬉しいご縁を大切にしていきたいと思ったのでした。

まくぃ。<(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/05/28 01:48 】 | じぶんの気持ち。 | コメント(12) | page top↑
駐車場の下に住む男。
こんにちは~!!

何だか色々していて相変わらずなブログ放置ぎみですが、
私は元気です!!(汗) <(_ _)>

そしてちょっと前の話になってしまいますが、
前回お話したEindhovenに現在住んでいる、狐さんの幼馴染の家をご紹介!

こちら↓

tDSC_6795.jpg

・・・ 何だかおかしいの、わかります?

tDSC_6796.jpg

バスの座席らしきものがあったり。

tDSC_6794.jpg

インフォメーションデスクもあります(笑)
ちなみにこのインフォメーションデスクの裏がキッチンなのです。


実はここ、もともとはどこかの会社のオフィス&作業場 だったんです。

tDSC_6797.jpg

なので、こんな小部屋もいくつもありました。 寝室沢山!!

オランダではこういった使わなくなったオフィスを空き家にしておくと
貧乏学生さんなどがこっそり入り込んで住みだしてしまう可能性があるので
そうならないように安く人に貸して、住んでおいてもらう?のです。

tDSC_6792.jpg

ここには狐さんの幼馴染と、そのお友達が二人で住んでいます。

イカツいマッチョの刺青たっぷりなその幼馴染
(↑母よ、おばさんよ、結婚パーティーにTシャツで来ていたあの人だよ!)
のお仕事は、
ライブの大きなステージや、バックの照明などを建てるお仕事です。

現在はなななななんと!!(笑)

ローリングストーンズだったかU2だったか忘れましたが、
そんな皆さんとワールドツアーを周っているのです~~!

「エアロスミスと仕事する時は教えてね。」←ヤングな頃ファンでした。

なのでミックと仲良くお酒を飲んでいる写真を見せてもらったり。
ミックはもう長いこと有名人過ぎて騒がれても何とも感じないらしい。

そしてスペイン?でライブしていたのに夜のアムスのクラブのパーティーか何かに行くために
自家用ジェットに皆を乗せて遊びに行っちゃったりするらしい。

アムステルダムはクラブとDJで有名なんですよ~!
ほら。→DJ Tiest  私は全くこういうの詳しくないんですがね。

ということで、

彼はワールドツアーに行ってしまうものですから、あまりオランダにはおらず
通常はお友達の一人暮らし状態。

ワールドツアー中はいいホテルに泊まれるらしく、

一度一泊20万くらいするホテルに泊まった際、部屋に沢山ドアがあるからって
間違って素っ裸のまま入り口のドアを開けて出てしまい、
オートロックで閉まっちゃったので手で大事な所を隠しながら助けを求めたなんていう
Mr.ビーン状態だった話も聞きました。 本当なのか??


そんなお仕事の合間の2週間、こちらにいるということだったので
こうして会いに行ったのです。

せっかくなので、その変わったお家を探検です!

tDSC_6791.jpg

ダンサーによさげな長~い鏡の通路?を過ぎると・・・


え~~ 左に見えますのが~~

tDSC_6783.jpg
こんな感じです。 
右側にサンドバックがぶら下がっていて・・・

tDSC_6790.jpg
猿・・・いえ狐もぶら下がっております。

tDSC_6787.jpg
サンドバックは日光でした。


右に見えますのは~~

tDSC_6786.jpg

こんな感じです。 左奥に2台ある洗濯機が寂しく回っておりました。
上は駐車場のようで、時々車が通る音が どどどどん とします。

ちなみにソファーの奥の扉を開けると、作業場のようなところがまたどどーん。

ということで、一通り見せて頂きました。

tDSC_6785.jpg
一番奥の灯りが皆がいる場所です。 ひ、広い!

せっかく久し振りに会ったんだし、狐さんとお友達には私のことは気にせず
お互いの近況などを話して欲しいので、会話はオランダゴ。

何だか部屋が臭いし
(なんていうんでしょうか、ヤングな男子の部屋の臭い+タバコ臭が染み付いた感じ?)
ど~も居心地悪いな~ と思ったら・・・

ヤーー!!!!
tDSC_6805.jpg
「ね・ね・ね・ねずみ!!!」
絵が描いてある辺りに。↑

そこで幼馴染の友達が
「あっ、ルーク?」
「ル・・・(名前付けてんのかよ!)一匹だけなの?」
「全部で3匹だと思う。」
「じゃあどれがルークかわからんじゃんよ!」

し、し、し、しかも、ねずみが出た場所はインフォメーションデスクのそば!!
ってことはキッチンの裏だし・・・

注※ オランダのねずみ?は小さく、ハツカネズミだと思うんです。
   →wikiハツカネズミ画像
  ↑可愛いもんでしょ? でも私はハムスターもダメなんです。ブルッ

「ねずみが出る所で ね、寝れるわけ??」
(タトゥー幼馴染)
「うん。 あいつ恐がらないんだよ。 オレの目の前にある食べ残しの
 ポテトを普通に食べたりするんだよ。 払ってもめげないの(笑)」
(恐がらないねずみといっしょに寝てるんだ・・・


ということで・・・
フレッシュエアーを吸いに 
(というか暇だったから) 一人でアイントホーベンの街を散策。

でも時間が夜7時くらい?だったからか
tDSC_6799.jpg
し~~ん。

ショッピングストリートは閉まると静かです。

tDSC_6801.jpg

立派な教会。

アイントはフィリップスのお膝元。
第二次世界大戦で古い建物が残っていないと聞きましたが、
これは古そうに見えます。 戦火を逃れたのでしょうか?

と、ぶらぶら歩いて 狐さんに電話。
「ねえねえ、私外でケバブでも食べようかな?皆外で食べるんでしょ?」
「あ、それがね、友達がごはん作ってくれているんだよ、今。」
「えっ・・・作ってくれているの?(ねずみの出た裏のキッチンで・・・)
   やっぱり私も食べないと悪いよねぇ。←私最低(汗)」
「う~ん、僕らのために作ってくれてるわけだからねえ。」

と、いうことで、
もうご飯が出来るからと言われ 戻りまして。

tDSC_6802.jpg

お友達が料理をしている最中で嬉しかったのですが

tDSC_6804.jpg

トマト on まな板 じゃなくって直テーブルっす。
ねずみが出た場所の裏がこのテーブルだっちゅ~に。←しつこい?

tDSC_6806.jpg

ということで、ねずみの事はしっかり頭から消去し、
お友達が作って下さったごはんを美味しく頂いたとさ♪♪

オランダで矢場とんのT-シャツを着ているイカツい男性がいたら
そのタトゥー幼馴染です。 
イカツイけれど、とっても優しくって信頼できる人柄! 皆、声を掛けてみよう!(笑)

この後、狐さんの実家に帰ってからはもちろん・・・
「ちょっと聞いてよマリアママ!!」
「なになに??うぇ~~ねずみ?まな板無しで??うぇ~~。」

と、 こんなおかしな週末でした♪♪ <(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/05/21 07:15 】 | オランダ 住宅 | コメント(10) | page top↑
明るい気持ちと、その裏と。
こんにちは~!!

週末は母の日でしたね!

でもこの週狐さんは毎日帰りが遅く、仕事でくたくただったので
とても実家まで行く気にはなれなかったようで

ママから電話で
「今週末は来るの~?」
「今週は行かないよ。」
「あ、そうなの、・・・え~っと   ・・・今週末は来るの~?」
↑来て欲しいのである(笑)
「だから行かないって!」

という会話を電話でしていたようなのですが、(わたしがじゃないわよ

たまたま金曜の夜に友達との電話で、
普段仕事でなかなか国内に居ないアイントホーベンのこが
2週間だけこっちに戻ってきていると知ると、
急に土曜からアイント経由で実家に帰ることに決まりました。

なら最初っから行くってママに言ってあげようよ!!(汗)


ということで、
アイントホーベンの倉庫のような家に住む友達に会った後実家へ。
(そのねずみも出ちゃった倉庫な家の話はまた次回。)


実家のリビングに行くと・・・

前回Wiiの勢いで確か狐が割っちゃった置物が復活していました。↓

gDSC_6808.jpg

新しいのを買ってきたようです。 

しかも ヤンパパの 「店にあるの全部買ってしまえ。」
という男前な意見から・・・

gDSC_6807.jpg

ふとっちょ女だらけに。

なぜならば、一個89セント(100円くらい)だから(笑) 
これでまた割っても大丈夫。 (おい。)


そして全然お腹が空いていないのに、3時から晩御飯??
がスタート(汗)

gDSC_6814.jpg

スーパーAHでよく見るチキンスモーク(なの?)です。
よくママはサラダに使います。

後ろに見えるワイン、シャブリはママ曰く、
「自分はアッパーだと思っているタイプの人たちが好んで飲むワインだけれど、
    他にも美味しい白ワンはあるのよ。」 
と言っていました。 
ま、わたしは神の雫もまだ読んでいないしわかりませんが~。

ちなみにこのワイン、ドイツ系スーパーで6ユーロ(千円以下?)
で売っていたそうです。

gDSC_6815.jpg

パパがお昼寝をしている間に
ママの妹から「何してんの~?」と電話が有って、
「食べたり飲んだりしている。」
と言ったら 食べたり飲んだりが好きな妹夫婦も遊びに来ました(笑) 

そしたら今度はママの姉夫婦もアポ無しで遊びに来て・・・

gDSC_6817.jpg
↑奥さんはママの姉、旦那さんはパパの弟なんです。 パパママに似てる?
 
gDSC_6816.jpg
せっせと晩御飯の仕度をする我々(笑)

gDSC_6818.jpg

4人分のごはんを皆で仲良くわけわけして食べる私たち。

gDSC_6819.jpg

晩御飯はオランダで今が旬のホワイトアスパラです。

gDSC_6822.jpg

チーズとパンも足したらお腹が一杯に。

日本のオサレなバーと値段を比べてはいけないけれど、
こちらのチーズは安いし、美味しいです!! 
日本のお友達、カモ~ン!(笑)

gDSC_6823.jpg
デザートの後ろにもいました、太っちょさん。↑


「息子(←ティーンです。)が別れた彼女を連れてうちの風呂場を使うから 
 ここは売春宿じゃないんだから他でやっとくれ! って言っているのよ~!」
なんていう、女3姉妹のワイワイした下世話な話を聞いていると(笑)

私も日本の実家で集まった時に皆で話していたのを懐かしく、
羨ましく思うのです。
そしてオランダゴを覚えて、こっちで私も加わりたい!とも思います。

この週末は小さな悲しい事や不安に思う事が重なって。

重なるとそれが知らぬ間に大きくなり、辛くなって、
アッ という間に自分のキャパを超えてしまうのです。

そうなるとパパママの実家から自分の母親に母の日の電話をしても、
楽しく話しているのに電話を切った後は 母の事を

「もしかしたら電話をする事で私がこちらにいることを辛く思うのではないか
 私がこちらにいることに焼きもちを焼いたりしていないだろうか。」

と、実際のところどう思っているかなどわからないのに、
そう思わせているかも知れないということに酷く後ろめたさを感じ、

ただでさえ私の気持ちの容量はいっぱいいっぱいなのに、
そこで母の気持ちを勝手に想像するともう私にはどうしようもなくキャパオーバオー。
母の事まで考えている心の場所が無いくらい、いっぱいいっぱいだと気付くのです。

なんなんでしょう、「ここんところ情緒不安定じゃないかも。」
とか思っているのは気のせいで、騙し騙し来ているだけなのか?
と思ってしまいます。

パパママの実家へは電車の中で泣きながら向かい、
その後普通にアイントホーベンに居て、
パパママとも普通に過ごして、
ハーグへの帰りの電車では、
めっちゃくちゃ大音量の音漏れを出しつつ音楽を聴いている斜め後ろの
青年の所まで行き、
青年の顔に自分の顔を近づけ、片方のイヤープラグを掴んで外し、
「私、今日気分が悪いんです、申し訳ないけれどその大きすぎる音のボリューム、
 下げてくれません??」
と、訴えてみたりして。(恐すぎるわたし。)

普段はオランダで音漏れなんていつもの事だから気にしないように出来るのに。
それにそのヤングな男の子は「はい。」と言ったけれど当然音量下げないし。

結局「ボクが言いに行く」という狐さんを黙らせて席を変え、
また情緒不安定により泣いて家に帰り、
そのまま家でもこれでもかというほど鼻水を流しつつ涙が出てくるのです。
とにかく、とにかく、理由がはっきりしないけれど辛いのです。

こんなこと、日本に居る時は無かったのに。

オランダで情緒不安定にならずに、
楽しく過ごしている方も沢山いるのに 私はなんでこうなっているのだろう。

と、思ったりするのです。

でもまた次の日は次の日で普通に過ごすし、
友達とも楽しく過ごしているし、順調に行っていると思っていたのに。

なんだかそんな事の繰り返しをしているような気がしてなりません。
気長に落ち着くのを待つしかないのですが。

もうちょっと、今自分があれしたい、これしたいと思っている事に
集中してみようと思います。

次回は汚い?けど明るい?倉庫ネタで行きます! <(_ _)>

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/05/13 00:14 】 | じぶんの気持ち。 | コメント(22) | page top↑
超ウマ焼きたてパンと お友達の作り方?
こんにちは~!

先日はパン作りをしにお友達のお家へ遊びに行っていました~♪♪

参加メンバーは、同じ ”オランダ情報ブログ村” に属している
ZEBRAさん、えるモモさん、
そして初めてお会いするcrocusさんに、
ハーグで知り合ったライデンのお友達です♪

場所はzebra邸!
前から話していたパンの計画が叶ってとっても嬉しい♪
HBを買う予定だったので勉強にもなるし!!

おしゃべりしながらゆるゆる~っと パンの丸め作業などを皆でして、

DSC_6778.jpg

どーだー!!! アンパンです

なんですが、我々ゆるゆる喋り続け、 焼き上がり時間のタイマーがなるまで
誰一人オーブンを覗きに行かなかったために・・・



DSC_6779.jpg
真っ黒なアンパンちゃんも!(笑) でもでも美味しかったんです~~!!

今回は主催のzebraさんを合わせ5人だったので、
焼いたパンの数もなんと22個!!

22個もあったのかΣ(゜Д゜;)!←zebraさんのマネ♪

初のオーブン二段焼きだったので、上の段だったアンパンちゃんが
ちょっと焼けすぎちゃったのです!


そして何よりも私が熱く求めていたのはこれ↓

DSC_6780.jpg
どーだーー!!!

ツナコーンマヨパンです

大体日本に居た時なんてツナコーンマヨを年に一度も食べた??
って程度なのに、(それどころかマヨネーズを使わなかった私。)

なんなんでしょう、私のこの異常な欲し方は。

そしてなんなんだこの旨さはっっ、ツナコーンマヨ超旨いし~~~!!!
焼きたて最高でした

こんなに美味しいんだもの、私もHBを買ってわりとご近所な日本人と
この喜びを分かち合わなくてはっっ・・・。 と思うのでした(笑)


気がつくと夕方まで皆でわいわい話し、また会いましょうねとバイバイしました♪
ほんと、また遊んで下さいね~♪♪

ところで

ここの所色々なお友達と話すとたまたま出てくる共通ネタが

「どのようにしてオランダで日本人の友達を作るか。」 です。

zebra邸ではこの話はチラッとしか出なかったのですが、

その前に初めて会ったアイントホーベンのお友達は、
もう2年こちらに住んでいるのに近場にお友達が出来ないと悩んでいました。

そういう話を聞くと、過去の自分を思い出してしまいます。

ストレスが溜まったりした時など、そんな気持ちを紛らわしてくれるのは
たわいの無い話が出来るお友達なんですよね。


でも、彼女に限らず 「こちらにきて1、2年は日本人の友達は居なかった。」
っていう方、実は話を聞くと多いんですよね。

結局オランダって日本人のお友達が欲しかったら地元の日本人サークルに入るか、

たまたま街で見かけた日本人らしき人に 「すっ、すみません日本人ですか??」
と、声を掛けるか、

それらが無ければ

mixiでオランダ在住の日本人を見つけてメールを送るか、
mixiのコミュで会う機会を作るか、

近場に住んでいるブロガーを見つけてメールを送るか・・・っていう

出会い系みたいな方法でないとお友達が作れない?のでしょうか?


駐在さんは大抵前任の方がお友達を紹介してくれたり
お子さんがいらっしゃる方は子供つながりで自然と日本人のお友達が
出来たりするのですが

私のお友達の駐在ご夫婦さん達は、決まって 「前任無し」 の方々ばかり(笑)
私と同じように自力でお友達を探していくしか無い・・・ っていう方ばかりでした。


出会い系のようにして出会うのって、
「もしその人が自分と合わないタイプの方だったら・・・。」
と思うとなかなか連絡する勇気が湧かないのですよね。


私に出会い系のごとく連絡を下さった2人めの女性に
「私が怪しい人(合わない人)だったらどうしていたのですか?(笑)」
と聞いた事があるのですが、
「そしたら会わなければいいと思って。会って見ないとわからないじゃない?」
とおっしゃいました。

そ、その合わなかったら会わないってのもかなりドキドキすることですが、
そんな感じでしかお友達って出来ないのかな~~。

ただ、オランダでは一人お友達が出来ると芋づる式に友達が増える・・・ 
ような気がします。

例えば私も最初は一人から始まってお友達が徐々に増えていったのですが
(といってもそんなに沢山はいませんが)
そのお友達を新しいお友達に紹介する事が出来るからです。

ありがたい事に私の周りのお友達は気が合う皆いい人ばっかりで、

皆もともと一匹狼タイプ?で一人でも平気な子ばっかりだからか
時に皆で一斉に会ったりもしますが、
紹介した後は「皆勝手に個人で会っていいよ~。」というノリです。


と、こんな事を書いてみたのは、私のブログを読んで下さっている大半の方は

パートナーがオランダ人であるためにオランダ在住の方だったり、
オランダ人の彼と遠距離恋愛中でオランダでの生活はどうなるのか
気になっている方だったり・・・ 

だということが
いくつか頂いたメールなどから分かっているからです。


まだオランダに来ていらっしゃらない方は
「もしかしたら友達が出来るのに時間かかるかもな~。」
と、知らないよりは最初からわかっていた方がいいと私は思いますし、

思いの他早くお友達が出来ればラッキー♪ということでいいですし。

又なかなかお友達が出来なくって悩んでいる方は
「皆そんなもんなんだ。」 と分かるとほっとすると思いますしね。


こちらにきて特に悩みも落ち込むこともなく過ごしていらっしゃる方も
もちろんいらっしゃいますが、

気持ちに波が出来たり、悩んだりするのも普通の事で
皆同じような事で悩んでいたりするのだと思います。

でもほとんどの事は時間が解決してくれるので大丈夫!

私よりももっと先にオランダに来ている先輩のお友達を見て、
また自分の気持ちの変化を見ていても心からそう思います。

現に私のオランダ生活はどんどんいいものになってきていると思います!!

もっともっと自分らしくこちらで生活出来るように、
今の状況で出来る楽しい事や、興味のあることを探して行きたいと思います♪♪

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/05/09 04:40 】 | オランダ のあれこれ | コメント(8) | page top↑
GW中、オランダは日本でいう8月状態でした。
こんにちは~!!

ところで

ここオランダでは、一昨日の4日が 戦没者追悼日で、
昨日の子供の日が ナチスからの解放記念日でした。

一昨日はアムスのダム広場での追悼式の様子がテレビ中継され、
午後8時、一斉に2分間の黙祷がありました。

私も一人でテレビをつけて、黙祷しました。

まだ会社にいた狐さんから8時ちょっと前に電話がかかってきて、
「黙祷があるから気をつけてね!」 とわざわざ連絡してくれました。

というのも、あらゆるものがストップして一斉に黙祷が始まるので、
私だけ動いていないように・・・とのことです。 ・・・確かに。

色々考えてしまってうるうる黙祷しながらも、
「何でオランダ人は目を瞑って黙祷しないんだろう。」
などとも考えていました。(汗)

それにしても正直引いてしまったのは、

この二日間で立て続けにやっているアンネの映画とナチスの映画です。

一昨日も、昨日も、違うアンネやヒットラーが出てくる映画。 

昨日ちらっと見たらヒットラーが自害した後だった映画なんて
ドイツ語だったので、(ドイツの映画かドイツ語圏の映画か分かりませんが)

なんだかあまりの迫力に引いてしまうほどでした・・・。


そんな昨日の晩御飯は・・・

DSC_6781.jpg

今年初に食べるホワイトアスパラ。 
Cpicon ホワイトアスパラをおいしく食べるために… by クミンchan
↑参考にしました。

昨日は狐さんが日本人並に遅く仕事から帰ってきて、
アスパラ+チーズソースを夜23時に食す我々・・・。
彼にもそんな遅くに帰る予定はなかったので。

DSC_6762.jpg
He cooked for me.↑ 
(せっかくだから全然関係ないけど先日私の体調が悪い時に
狐さんが作ってくれた肉団子入りスパ画像も載せてしまいましょう。)


そしてごはん中にテレビをつけるとアンネが強制収容所にいるシーン。
ちょっとこれでは食べられないねとチャンネルを変えました。

日本でゴールデンウィークの間、こちらは日本でいう8月前半の雰囲気でした。


過去の過ちを忘れないように、こういったテレビ特集は必要だと強く思うのですが、
その間ドイツの人たちは肩身が相当狭いだろうな・・・ と、
複雑な気持ちになるのでした・・・。

そう思ってしまうのは、自分も敗戦国日本の国民だからでしょうか。

日本軍はインドネシアでオランダ軍を降伏させ、多くの人を殺しているし、
従軍慰安婦にはオランダ人も含まれているし、
お年寄りの一部には日本を憎んでいる人がやっぱりいます。
(でもほんの一部だと思います。)

日本の事を許せるという方もいらっしゃいましたが、
今でも許せないと言う男性は、父親の首を日本人に切られたという方でした。
・・・それは許せなくって当然ですよね。

週末にはそんなテレビ番組もやっていました。


難しい事はよく分からない私が思うのは

敗戦国日本人のしたことと、日本人がされた事、
他の国がしたことと、されたこと。
立場によって、見方によって、色々違ってきますし、

私はとにかく、 ”戦争” がいけないんだって 思います。

ところで

有色人種、日本人である私の旦那さんは白人。

未だ ”二つの祖国” の(下)巻 の終わりら辺を読んでいるところなのですが
主人公が在米日系人で、今東京裁判中の所を読んでいるので・・・

ストーリーに深く入っちゃうたんびに
「ああ、何で私は白人と結婚してんだろ?」 
と そんなつもりも予定もさらさら無かった私は思ってしまうのです(笑)

しかも、 「白人め・・・」 
とまで思っている自分に気付いたりして!!(こ、恐・・・。)

いやいや、ほんの一瞬ですよ、本を読んだ後にね。

にしたって・・・人間(あ、私ですか)って恐いですね。


ああ、今日もまったくまとまらない日記の書き方・・・ ごめんなさい<(_ _)>

有色人種に妙に親近感を感じてしまう私、 in オランダ より。

P.S. 一部のご存知のお友達に・・・ 今日も学校に先生が来ませんでした(汗)

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/05/06 06:03 】 | オランダ のあれこれ | コメント(8) | page top↑
クイーンズデイ in デンハーグ
昨日、
木曜日はオランダで皆が楽しむ日、祝日のクイーンズデイでした。

DSC_6756.jpg


しかし、
クイーンズデイの様子を見に行こうと思った矢先、
テレビで恐ろしいクイーンズデーのパレードでの事故を見ました。

王室の皆さんを乗せ、宮殿に向うオープンカーのバスを目指して
一台の車がパレードを見に集まった群衆を凄いスピードで跳ね飛ばしながら突き進み

王室のバスではなく、その少し離れた横にある
モニュメントの柵に凄い勢いで突っ込んで止まりました。

その様子を多くの王室の皆さんもオープンカーバスから目撃されていました。

それはほんの一瞬で起こり、現場を目撃してしまった子供の泣き叫ぶ声が
一斉にテレビから聞こえてきました。

楽しいはずのクイーンズデイなのに、5人もの方が亡くなり、
多くの負傷者が出てしまったのです。

それは本当にショックで悲惨な光景でした。

車で突っ込んだ犯人は有色人種ではなく、
職を失い、翌日には家を出て行かなくてはならないという状況であった
38歳のオランダ人男性でした。

話を聞く限り、孤独で人生を投げてしまったかのように思えるその男性は
この日を楽しんでいた何の罪も無い人々を次々と身勝手に殺し、
そして本人も脳に大きなダメージを受け、亡くなったのです。


こんな状況だったので、クイーンズデイはどうなるのだろうと思ったのですが
私は一人でハーグの町をぶらぶらしようとずっと考えていました。

というのも、この日の前夜から理由も無く情緒不安定で、
暗く悲しい気持ちだったので、とにかく外の空気を吸って気分転換したかったのです。

そしたら頭痛レベル最高である狐さんも、
一緒に気分転換になればと思ったのか行くというので、一緒に出かけてきました。

悲しいお話の後になんですが、地元ハーグの様子をご報告します。


GROTE MARKTのそばに、二つほどマーケットをやっている通りがあるので
行ってきました。

DSC_6720.jpg

一つ目の通りはこちら。 非常に地味でした(笑)

DSC_6717.jpg

クイーンズデイは誰でも物を売ってよい日。
小さな子供達も要らなくなったおもちゃなんかを売って、お小遣い稼ぎ?

DSC_6721.jpg

もちろん大人も売っていいので、ハーグのお友達はアムスの
日本人が集まる所へ行き、着なくなったお洋服を売る! と言っていました♪

DSC_6725.jpg

・・・ それにしても・・・

DSC_6726.jpg

商品というより・・・ ほぼがらくた?(失礼!)

DSC_6722.jpg

演奏をしていらっしゃる皆さんがいたりもするのですが、
「もっと賑やかだと思ったんだけどな~。」

そしてもう一本のストリートに入ると・・・

そこには賑やかなマーケットがありました!

DSC_6728.jpg

ストリートの奥には前住んでいた家の窓からいつも見えていた教会が見えます。

有色人種率95%?? 音楽も陽気にかかって賑やかです。

ブースには、普通にお店で売られているような商品が並んでいました。

食べ物も、同じものばかりでしたが沢山売られていました。

DSC_6729.jpg

何年か振りに食べる綿菓子。
1ユーロ50セントだったので買ってもらいました! 日本だと高いですよね。

DSC_6730.jpg

こちらがあちこちでやたら売られていたおやつ。
狐さんが辛いソースをかけて食べていました。

DSC_6731.jpg

名前はBARAというので調べたのですが、どこの国のおやつかわからないまま。

DSC_6733.jpg

そしてピスタチオのアイスも! 
味は・・・中華街にあるオーストラリアンアイスショップの方がグー(笑)

DSC_6734.jpg

王室カラーのオレンジに身を包み、ブッシュさんが乗っていた乗り物で遊ぶ人。

DSC_6736.jpg

百貨店、バイエンコルフの前辺りです。
馬車はクイーンズデイでなくても、陽気が良くなってくると目にします。


クイーンズデイは女王の誕生日を祝う日なのですが、
現在のクイーン、ベアトリックスのお誕生日は冬。

ベアトリックスのママ、ユリアナ前女王の誕生日は春で陽気が良かったので、
だったらこのままユリアナ女王のお誕生日をクイーンズデイとしましょう!

ということで現在でもこの日にお祝いしてます。

今年はそのユリアナ前女王の生誕100年記念だったので、
クイーンズデイの中でもより特別な日!

だったのに こんな事件が起こってしまい・・・。


DSC_6737.jpg

マーケットを見た後、デンハーグ セントラルステーションの横にある、
Malieveldに行って来ました。

DSC_6738.jpg

ここでは子供用のものが売られていると聞き、
赤ちゃんの予定は無いのですが、沢山集まってきている子供達を見て
癒されようと、お散歩がてら来たのですが、もう店じまいの後でした~~。

DSC_6741.jpg

オランダでよく目にする子供が乗れるBOX付き自転車。
今日はオレンジ色におめかしです♪

セントラルステーションからこの広場までの間には
動物や池などもあって非常に気持ちがいいです。 お散歩にグー♪

それから 
行きに通りかかったカフェまで戻ってお茶をしました。

DSC_6745.jpg

この真ん中のおじさん、行きもこの状態だったのですが・・・
(おじさんのケーキが気になって覚えていた。)

もうかれこれ1時間眠ったまんまということですが、よかったかしら??

このお店の名前、ウイーンとあるので気になっていたのですが
初めて来ました。

ハーグに住んでいる方なら皆通りかかったことのあるお店では?

DSC_6743.jpg

なのにケーキが、バタークリーム(だと思う)が凄く甘くって、がっくり・・・。
狐さんにも甘すぎたようです。 
狐よ、あなたの味覚はだんだん日本人化してきているのか・・・?

DSC_6746.jpg

カフェの側にはPLEIN。 沢山の人で賑わっていました。
皆今日のニュースは見たのかな・・・。

人で賑わっている楽しい様子を見ると、
同時にこの日身内やお友達を亡くした人々や、怪我を負った人々の
大きな大きな悲しみを考えてしまいます。


そしてPLEINの側にはマウリッツハイス美術館。

DSC_6749.jpg

そこに飾られている「真珠の耳飾の少女」 は、なんとここハーグにあるのです!

そしてその横には国旗が半旗で掲げられています。
本当はてっぺんまで揚げられていたはずだったのに・・・。

テレビで何度も映し出されていた、事件の現場にいた女の子が泣いている様子を
思い出しました。

女の子の髪には、オランダ国旗の柄とオレンジ色のリボンが結ってありました。
きっとこの日を楽しみにしていたでしょうに・・・。

DSC_6752.jpg

ビネンホフです。
このように半旗があちこちで見られ、その度にはっと胸が痛くなります。

ビネンホフの側では移動遊園地が来ていて、沢山の子供達が楽しんでいました。

DSC_6753.jpg

私のクイーンズデイはこんな感じでした。

お天気もよくって本当に良い気分転換になり、
私のどよ~~ん な気持ちもすっきり笑顔になりました。

外に出て本当によかった~~と思いました。


家についてテレビをつけると、

事件が起こる前のロイヤルファミリーが楽しそうに催しに参加する様子や、
プリンセスマクシマ(雅子さまと仲良しの)が足こぎボートをされている様子などが
映し出されて、本当に和やかな雰囲気だったのですが

その後に映し出されたのは、もちろんあの事件でした。

こういう事件が起こるたびに、

人はどんな経緯、心境からこういう事件を起こしてしまうのかと妙に考えてしまいます。

私は見かけによらず、(私の事を良く知っている方はご存知ですが)

子供の頃から精神的に弱く、自分自身に自信があんまり無く、
色々な事が周りよりちょっと劣っていると感じているタイプです。

(もちろん全てにおいて劣っているとは思ってはいませんが・・・)

なので、もし自分が生まれてきた環境が今と違っていて、
私を取り囲む人間が今と違っていたら、
私も無差別殺人をしてしまう可能性があるのだろうか・・・と、毎度思ってしまうのです。

全ては日々の積み重ねだと心から思います。
どんな風に生きてきたかの積み重ねで道が分かれてしまうのではないかと思うのです。


とはいえ、 私は人は殺せないだろうと強く思います。


オランダに住む皆が楽しめるはずだったクイーンズデイ。

この日起きた事件はとっても悲惨だったけれど、
皆を幸せにするクイーンズデイがなくなりませんように・・・と思うのでした。

テーマ:オランダ - ジャンル:海外情報

【2009/05/02 02:48 】 | オランダ イベント | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。