FC2ブログ
狐さんの大親友の4回目の命日。
こんにちは~☆

今回はオランダのお話。

今月に入ってから毎週末 みんなでごはん をしています。

一週目は木曜日から実家へ。 狐さんの大親友の命日だからです。


ouchigo 02 2011 ouchigo 02 2011 (1)

実家でみんなで晩御飯。

ママはまだ片手にギプスが付いている状態なので、
皮が緑の南瓜をハーグから持って行ってスープを作りました。 

狐さんが友達と外で食べるってんで、
「・・それだったら♪」 
とママが冷凍庫から海老ちゃんをルンルンで出してきました。

一匹のロブスターをはさみで半分にカットする役を仰せつかったのですが、
それが非常~にむごい作業でした~^_^; 
狐さんが食べられないの、ちょっと分かるわ。


ouchigo 02 2011 (2)

茹でてある冷凍ロブスターが売っているので、それを解凍して
半分に切ってバターなどをのせて焼くだけ。

簡単で美味しい晩御飯でした♪


木曜の命日には亡くなった親友の両親に個人的に会いに行きました。

リビングに入ると、
すぐ目に入る真正面に飾られた、大きな新しい絵に気づきました。

親友の肖像画でした。

私はその親友に会った事が無いのだけれど、
多くの写真よりも彼の雰囲気が伝わってくるような絵でした。

本当に絵とは不思議なものです。

毎日リビングに入るたびにこの絵と顔を合わせるのは、
両親にとって逆に辛くないのかな・・・
と思ったのですが、
それよりも毎日 「ただいま・・・」と顔を合わせる喜びのほうが大きいようです。


しばらくお喋りしてから、夜の10時くらいに自転車で墓地へ行く事に。

「今日じゃないとダメなの?寒いわよ?」 と親友の両親は
笑って言っていたけれど、
狐さんが「今日じゃなきゃ・・・」
と言うんだから、行きますよ私も寒い中夜の墓地へ!(笑)


墓地では狐さんが日本人がお参りするみたいに手を合わせていたので、
横で私は笑ってしまいました。

私が思うに、(+オランダ人に聞くと、)
オランダ人って日本人のようにお墓に行く事も、”お参り”する習慣もあまり無く、

心の中で故人に向かって話しかけるようなこともあまりしないみたいで
大抵の人はただ立ってお墓を眺めているだけらしいのですが、

狐さんは日本の里帰りで散々神社やらお寺やらお墓に行って、私から
「しっかりお参りしやあよ!」 と、いちいち言われていたので
日本人みたいに手を合わせる方が今やしっくり来るらしい。(笑)


そして土曜日は親友の家に多くのお友達が集まり、
久し振りに会う友達もいたりして色々と話しをしました。

めったに会わないお友達が、話しには聞いていた赤ちゃんを連れてきていたりして、
時の流れる速さにびっくりしました。


話しが変わりますが、

日本の里帰り前に、色々な方が亡くなった事を日本の母や友達から聞きました。

「お姉ちゃん」と読んでいたまだ若い近所の人だったり、同級生のお父さんだったり、
そして最後に働いていた職場の人だったり。。。

それは凄くショックで・・・
ただその一方でどんどん新しい命が私の周りで生まれています。

生と死の不思議を漠然と考えてしまいます。

私と狐さんを含む周りの家族は、まだ生かされています。


今同じ地球上で起こっている中東の混乱と殺戮、
そして、
私もお母さんもおばさんも・・・多くの人が訪れたクライストチャーチでの地震、

海で繋がっている、すぐそばの同じ地球人がこんなことになっているのに
私はどうしてこんなに平和に毎日をただ暮らせているのだろう・・・と、
また漠然と悲しくなります。

NZには日本の救助隊が行かれたということで、どうか多くの命を救って
そして救助で行かれた方を含め皆さん全員が無事日本へ戻られますように・・・


何だか長くなってしまったので、今日はここでお終い。

その次の週末の ”みんなでごはん。” 日記は、
明日か明後日にもup出来そうです!

珍しく早いね。(笑)

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2011/02/24 22:08 】 | オランダ 日記 | コメント(4) | page top↑
<<お誕生日でおうちランチ ☆ | ホーム | 妹の結婚式、後編~☆ 狐、日本の結婚式にびっくり。>>
コメント

私の主人は、その当時21歳だった親友を事故で亡くしまして・・・
毎年、彼の命日には同じようにお墓参りに行っています。
なので、なんだか境遇が似ているなぁ・・と、思ってコメントさせていただきました。

オットは、命日以外にも行けるときは、お墓を訪れてお話しているようです。
もう、かれこれ7年くらいになるでしょうか・・・
親友の時は21歳で止まってしまっているのに、私たちは結婚し、子供に恵まれ・・・と、想うと何だかさみしさを覚えます。

加えて、義父を昨年亡くしたのですが、当時1歳だったうちの娘は、今2歳になり、寝る前にいつもOpaの写真に「おやすみ」のチュッをしています。

亡くなる人もいれば新しい命も生まれる・・・自然の流れではありますが、のど元苦しくなるような気持ちを覚えさせられることありますね・・・

なーんて、ちょっと暗くなってしまいましたが!
ご実家のお料理おいしそうですね☆

また、ブログのぞかせていただきます♪
【2011/02/26 01:30】| URL | ふたりのママ #-[ 編集] |
ふたりのママさんへ
はじめまして!

ふたりのママさんは、ブログ村の可愛い二人のママさんですよね♪♪
こんにちは~!!

ママさんの旦那様も親友を亡くしていらっしゃるのですね。
よくお墓に行ってお話もしていらっしゃるということで・・・。

私のお友達の日蘭カップルも、昨年親友を病気で亡くしています。
若くても亡くなられている方は、意外と多くいらっしゃるのですよね。
自分が元気であることが当たり前でもあり、不思議でもあると思えてきます・・・。

私の旦那さんと親友の関係も、本当に兄弟のように仲が良かったのもですから、
亡くなった後の彼はしばらく仕事も手につかず大変辛かったようです。

私たちには子供がおらず、あまり生活に変化はありませんが、
それでも時間の流れと共に写真に写る親友の顔がどんどん若く見えるようになり、
なんとも言えない寂しい気持になります。

旦那さんの家族が早く日本に遊びに行きたいと言っているのも、
もちろん単純に遊びに行きたい!という気持と、
元気なうちに早く行きたいという気持ちがあるんじゃないかな~と思います。
パパは昨年手術をしましたし、周りの親戚も病気が色々と出たりもしたのですから。

出来る時に親孝行はしておかないと・・・と心から思います。
本当に健康が一番ですね!!

そして新しい命のパワーを目の当たりにすると、
生も死も、自然の摂理として受け止めるしかないんだな・・・と思えてきます。
【2011/02/26 02:13】| URL | ふたりのママさんへ ☆makuiより #qDfdtOiE[ 編集] |

コメントバック(って、言うんですかね?)、ありがとうございました。
私のブログ、読んでくださるのですね?
ありがとうございます!
(くだらないことばかりで・・・恐縮なブログですが・・・汗)

義理のご両親、是非、日本に元気なうちに連れて行って差し上げてください!!
私、義父を連れて行ってあげられなかったことが悔やまれていますので・・・
どうか、そうなりませんように・・・と、思いまして再度コメントさせていただきました。

良い週末をお過ごしください!


【2011/02/26 08:35】| URL | ふたりのママ #-[ 編集] |
ふたりのママさんへ
ご丁寧に、有難うございます!!<(_ _)>

ふたりのママさんのブログ、拝見した事ありますよ~♪
愛らしいお子さんたちですよね♪♪ (*^。^*)

旦那さんの両親の日本への旅の予定ですが

実は行く時期やシーズンなど、ほぼ決まっています♪
訳あってはっきり決める事はまだできないのですが
今年~来年の間に行きますよ~♪♪

優しいコメント、有難うございました!!
【2011/03/01 03:10】| URL | ふたりのママさんへ ☆makuiより #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |