スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
星型の町・続き→ユトレヒト オルゴール博物館。
こんにちは~☆

ちょっと間があいてしまいましたが、病気とかじゃないですよ~!

わたしなりにバタバタしていて、ブログに手を付けなかっただけです。(*^_^*)


いつの話だよ? って感じですが、3つ前の日記、ナールデン旅行日記
の続きがまだ一回残っているのです~~。 でも今回で終わり。


04062011 (65)

ナールデンの案内チラシ。
こんなこんぺいとう型の歴史ある城砦都市です。



04062011 (66)

ところで、こんなぺらりんと一枚の案内チラシでも、
オランダではお金を取るんですよ~

日本人からしたら有り得ないですよね。^_^; 1.5ユーロなんですけれどね。


04062011 (37)

ネールデンのメインストリート。 マーケットストリートだったかな?


04062011 (40)

Bastion Oud Molenです。

ここは昔、軍需品貯蔵庫としてや、病院として使われていたそうです。
1000人もの兵士を収容し、寝泊りもしていたそうです。

でも今はお洋服などのショップが入っていました。


04062011 (41)

ここも土手を上がると同じような景色が。


04062011 (42)


ナールデンからは二つ橋が架かっていて、
一つはユトレヒトに続く道、もう一つはアムスに続く道だそうです。

アムスに続く門は壊されてしまい、残っているのはこのユトレヒト方面の門。

04062011 (45)


04062011 (46)

門のサイドからも銃で狙われたりしたのだろうか。


04062011 (47)

あちこちに貼ってあったフォトフェスティバルの宣伝。

時間が無くって全ては見きれず、この女の子の写真は見ることが出来ませんでした。


観光地とはいえどこでも美味しいものが食べられるわけではないオランダなので
晩御飯には現地人お勧めのレストランへ。

04062011 (48)

イタリアンです。

04062011 (49)

前菜。 これは何だ?キッシュ?

04062011 (50)

私は生ハムメロン。


04062011 (51)

狐さんはラム。 私は何かのパスタ。

味はこれなら合格点・・・ではないでしょうか。

ウエイターの方にどこから来たか聞かれて、ハーグだと言ったら
ワッセナー(オランダの隣町。)にお住まいでハーグ生まれの方でした。

04062011 (52)

お店の名前はこちら↑

デザートも食べずにユトレヒトのホテルへ帰ります。

・・・というのも、

実はこの旅の間、お腹がゆるくって~~^_^;

しっかり食事をした後は、確か心配でゆっくりしていられなかった・・・。


04062011 (53)


04062011 (54)

上手に撮れていないけれど、とても綺麗な通りがいくつもありました。 

そして車がいつも残念なくらいそれを邪魔していました。(笑)
指で写真の車を隠すと、ちょっと綺麗なのが分かるかな?


04062011 (55)

よく斜めに歪んでいる窓を見るけれど、これは奥の方に歪んでいた。


04062011 (56)

新しいビートルと、昔のビートル。


04062011 (57)

大きな葉が壁に這うのも綺麗でした。


04062011 (59)

帰り道、金平糖方の要塞を抜けると、鹿?


04062011 (60)

そのまま歩いて駅に向かったのですが、
茅葺屋根の家など、立派な家が沢山ありました。


04062011 (61)

これはオランダでは珍しい木のおうちです。

オランダの家は、大抵三匹の子豚を思い出させるようなレンガの家ですが、

まだ戦があった頃、この辺りの家はみんな木造で、
その理由は敵が来たら家を燃やして視界を良くし、
敵を撃ちやすくするためだったようです。

もちろん当時は今よりももっと少しの家しか建っていなかったと思うけれど。


04062011 (62)

既に木の家が建っていたから、戦後もその周りに木の家を建てたのでしょうか。


ユトレヒトに着き・・・

04062011 (63)

甘いものが食べたくなったので、
プラットホームの端からからすぐの所にホテルがあるというのに、
わざわざ駅構内まで戻ってクッキーとラテを購入。

狐さんはフラペチーノを頼んだのだけれど、

04062011 (64)

↑フラペチーノってこんな風に氷の砕けたのが残りましたっけ??


その夜、隣からすんっ・・ごい大きな声が聞こえてきて、
「こんな事前にもあった気が・・・。」
と話しながら眠りにつき・・・
(こういう事、書くなって?^_^;)


翌朝、
荷物をホテルに預けてちょっとユトレヒトの町中へ。


ところが、


お腹がゆるくてmakui緊急事態になり、

もうちょっと離れた所にある美術館に入ることも確か考えていたんだけれど、
急遽そばにあったこのミュージアムに入ることに。(とりあえずトイレのために!)


日本語の紹介では ”オルゴール博物館” なのですが、


05062011 (1)

例えばこういった↑音楽を奏でる仕掛け時計だったり、

ハーグの町中で見るストリートオルガンだったりが展示されています。


たとえば↑これは、オランダのDordrechtで作られた
イングリッシュオルガンクロック。

05062011 (2)

パーツはイギリスから取り寄せたようです。

仕掛けがあって、絵のようなものが部分的に動きます。

博物館のサイトからこの動画を見つけたので、後で貼り付けますね。


05062011 (4)

これは・・・ 赤ちゃんを食べようとしている仕掛けではありません。


05062011 (5)

こちらはお土産売り場にあったコーヒーを飲む仕掛け時計。

凄く古いものだけれど、ボタンを押すとちゃんと動きます。

コーヒーは実際に注がれないけれど、
カップを見ると液体がこぼれないようになっているので、
昔は実際に注がれたんだと思います。


これだけ見るとパッとしませんが、このミュージアムはガイドツアーが凄かったんです。

ガイドのお姉さんがオラ語と英語で案内して下さったのですが、


100年前に作られたという大きなクローゼットのようなものの上部を開くと
バイオリン3つが現れ、

今度は下を開けるとピアノが現れ、 

それが自動演奏を始めるのです!!


又、同じように温かみのある木箱を開けると、

中から一列に並んだ小さなお人形たちが現れ、
それらが細かい仕掛けによりちょこちょこと音楽にあわせて動き出したり。


ストリートオルガンのハンドルをまわす作業を体験させてもらったり。
(凄くハンドルが重かったです!)


そして最後の大広間では、どどど~~んとダンスホール用の大きなストリートオルガン
みたいなのが何台もあって、

男の子のリクエストにより、確かマイケルジャクソンのBeat itが演奏されました。

その演奏のドラマチックなことといったら!!!

パイプオルガンって、こんなにいくつもの音色が一度に出るのですね~~。


音楽の事を何も知らない私は、ホール中に響く幅のある音色を
まるでオーケストラのようだな~と思って聞いていました。


他にも興味深いものが色々ありました。

又、ツアーで見学した所を、再度じっくり見直すことも可能でした。


日本のガイドブックを見ると”オルゴール博物館”と書いてあって、
その詳細を見ずにこの博物館へ来たものですから、

スイスで見た、可愛らしい小さくてキラキラした宝物箱みたいな
オルゴールの博物館を想像していたのですが

それとは全く違っていて、

何百年も前に作られた自動演奏の仕掛けが
今も昔と変わらず当時の人が聞いた音色を奏でるということに感動する美術館でした。


どうしても気になって、
一体何人の方がこれらの古い仕掛けのメンテナンスをする事が出来るのか
聞いてみたのですが、

6人くらいいらっしゃるようです! 結構いらっしゃるんですね~(*^_^*)


ということで、意外に楽しめたオルゴール博物館でした。
人も結構入っていました。

ホームページにいくつもの動画があったので、貼っておきますね。

Museum Speelklok 動画。

(でも実際に行く予定の人は、おたのしみで行ってから見たほうがいいかも。)

ちなみに、写真で載せた仕掛け時計の動画が右の上から六つ目にあります。

オランダ政府観光局での紹介は こちら


05062011 (6)

ドム教会。

写真つきの幕が垂れていますが、

このドム教会が昔の姿のまま今に残っていたら、
ここからはこう見えた・・・ということを表しているのではないかと思います。


05062011 (7)


どういう事かと言うと、

隣にあるドム塔とこの教会は繋がっていたのに、
昔、落雷で壊れ、別々になったのです。

修復して繋げる話が出たり、又壊れたことも歴史の一つだから、
このままにしておけばいい・・・という意見もあったりで、
結局どっちにするんでしょう。


05062011 (8)

お天気もまあまあで、二人とも結構疲れてしまっていたので
(お腹もまだ心配だったし)
結局この後ハーグへ戻りました。 電車で45分くらいです。



次の日記はもっと早く更新できると思います。(*^_^*)

パパママの家にお友達の日本人夫婦とお泊りした日記です。

だらだらと長いのに読んで頂き、有難うございました!<(_ _)>



クリック募金です。 <(_ _)> <(_ _)>

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
 

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2011/07/13 23:02 】 | オランダ 観光 | コメント(0) | page top↑
<<パパママの家へお泊り with 日本人ご夫婦。 | ホーム | 双子ちゃん再び。そしてチャリティーイベント。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。