スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ホイリゲの夜→ベルヴェデーレ→びっくり晩御飯。
こんにちは~。

旦那さんがまだ仕事から帰ってきません。

スープを煮つつ、そのそばでオーストリアの続きを更新。


2-02092010 (1)

夜のホイリゲです。



2-02092010 (2)



2-02092010 (3)

ホイリゲ周辺を歩きつつ、もうひとつ先のバス停まで歩いたのですが、

しっとりと、とっても綺麗でした。


2-02092010 (4)

↑ここはクリキントン元大統領(←中学の頃誰かが学級日誌に書いてたシャレ。)
が入ったホイリゲ。


2-02092010 (5)

ほろ酔いでいい気持ちの狐さん。 

もう一軒入ろう!!と、うるさくなったり眠くなったり・・・。


この辺りにはベートーベンの家やベートーベンの散歩道なんかがあります。

散歩道についてお店の人に聞くと 夜に行ってもしょうがない・・・と言われ・・・
寄ると道がそれるし、その言葉を信じてスキップ。


2-02092010 (6)

↑歩き方によると、軒先にぶら下がる松の枝は、”新酒あり” の印だそうです。

それって高山の造り酒屋にぶら下がる、大きな杉玉と似てる~~☆


2-02092010 (7)

狐さん、もうすぐバス停だっていうのに飲みたくって最後の抵抗。

ホイリゲの中まで入っていってましたが↑
まだまだ明日もあるので無理やり首根っこつかんでバス停へ。 ごめんね。


2-02092010 (8)

シティーまで戻ってきて、夜のシュテファン寺院。

この後、どうしても気になった夜美しいと言われる路地にわざわざ行ってきたのですが、

ホイリゲの夜道の方がよ~~~っぽど綺麗でなんだったんだ?という感じ。



はい、翌日です。


03092010 (2)

ベルヴェデーレ宮殿:Belvedere に到着。

ここも10年振り。

有名なクリムトの”接吻” は、ここにあるのです。


03092010 (1)

狐さんと私は朝の行動開始時刻がゆっくりめなので、ここでスープのブランチ。

スープは再び細切りクレープ入りコンソメスープのFritattensuppe。


・・・それにしてもしっかしまあ驚いたのが、


03092010 (3)

↑この庭の荒れっぷり。



03092010 (4)

前はこんなんじゃあなかったですよ。

残念なことに、↑宮殿の反対側にある、大きな池が工事中で、水も抜かれていました。

庭は途中から一部綺麗になっていたので、まだ途中やりってことなのだと思います。


03092010 (5)

確か10年前もスフィンクスの前で写真を撮った覚えが。

今度実家に帰ったら、どんな様子だったか写真で見てみよう。



ここでもウィーンカード割引が使えて、私達は上宮と下宮のどちらも行ってきました。


下宮は、時間の無い方は飛ばすと思うのだけれど、
たまたまやっていた期間限定のSleeping Beauty展がよさそうなので行ってきました。

それがまた良かったんだ~~~!!! 

こんな感じでした。 展示の仕方も一部凝ってあって面白かったです。

クリムトの作品などももちろん良くって、結構時間が掛かりました。


03092010 (6)



さて、この日の晩御飯は、

ユリウス・マインルの上の階にある、レストランにしました。

ユリウス・マインルは、まあ私には縁のない高級スーパーなんですが、
(ここに売っていたインペリアルトルテは直営店のよりも高かった・・・。)

お友達のブログを見て食事がおいしそうだったので、ここへ~♪


03092010 (7)

私が頼んだ、確かロブスターか何かのスープ。

美味しい~~~☆☆ 
魚介系のスープは大抵美味しいですよね。(*^_^*)


狐さんも私もそんなにお腹が空いていなくって、
狐さんはコンソメスープを選んだのですが

そしたら勢いのあるベルギー人のウエイターが

「ここに来てコンソメスープ頼んでちゃあだめだよ~。」
って言うんですよね。

まあ、そりゃもっともだわ。 と、思ったのですが、
(ここは美味しいものを出すお店なので。)

でも狐さんはあまりお腹が空いていなかったんですよね。

メニューに軽い前菜が無かったし。(狐さん、魚介は食べられないしね。)

で、結局、そのベルギー人さんがお勧めしてくれた、

03092010 (8)

↑このフォアグラの前菜を注文。 お、重くない?

これを頼む前に、すかさずmakuiちゃんは
「これって無理やり餌を流し込んでるやつ?」
と、
ベルギー人さんに確認。

すると 「これは無理やり作ってないやつ。」
とな。

おお~ ぐっジョブ。
流石高級スーパーユリウス・マインルのレストラン。
↑それとも今日日は当たり前なのかな?

味はもちろん良かったですよ~~(*^_^*)


03092010 (9)

これは狐さんのメイン。

食事にあわせて色々と出して下さったワインがおいしかった・・・本当においしかった。

味見としてリキュールなんかをサービスで下さったり。 それもおいしかった~。


03092010 (10)

私のメイン。 これも普通に美味しかったです。


ところで、狐さんの食事に合わせて出して下さった白ワインがあったのですが、

それが今まで生きてきた中で、一番美味しい白ワインとなりました。

オーストリアのワインです。


・・・漫画、 神の雫・・・ってあるじゃないですか、

あれを読んでいて、
「あ~んな風にワイン飲んだ瞬間にイメ~ジが湧く事は私には一生無いな~~。」

なんて思っていましたが、

あ、ありました。

この時初めてありました。


飲んだ瞬間、 考える前に、 ぶわっ!! ・・・と、あちらからやってきました。


口に含んで飲むやいなや

花束のように隙間無く続く黄色いお花畑を、

目と鼻の先にぐぐっと突きつけられたようなイメージ
 が、 ぶわん!!!

・・・っと目の前に広がりました。


こ、こんな事があるんだ・・・

こんな旨いワインがあるんだ・・・ 

そりゃワインにハマる人や血はワインって方が出てくるわけだ・・・  (しばし呆然。)


・・・とにかく、 はじけるようなその美味しさに驚きまくり。

私は白より赤の方がどちらかというと好きなのですが、

こんなに美味しい白ワインは、生まれて初めて飲みました。

オランダに戻ってきてから醸造所をネットで調べてみたのだけれど、既に完売。

ここのお店で売っているはずだから、買って帰らなかった事を後悔・・・^_^;

まあ、時間も無かったんですけれどもね。


お値打ちなワインもそれなりに十分美味しいし、
いいワインは飲む機会がなかなか無いけれど、

こんなに美味しいワインがあるのなら、たまにご褒美で(狐さんへのね。笑)
買ってみるのもいいよな~ と、思ったのでした。


03092010 (11)

店内ではちょっと前までシェフが写真撮影を受けていました。

雑誌か何かに載るのかな。


そして、もうお腹がいっぱいなのにベルギー人さんがデザートを聞いてきました。

私はお腹がいっぱいだから・・・ と言うと、

まだ食べていなかったザルツブルグ名物の
Salzburger Nockerl が軽いからってお勧めされ~~


03092010 (12)

「・・・。」


03092010 (13)

「・・・だから誰がこんなデカいの食べるんだっちゅ~の。


どうやら狐さんは私が遠慮して頼まなかったと思ったらしく、
彼が注文してしまってからその事を知った私。

・・・私がいつ欲しそうな顔をしたよ?


03092010 (14)

でも、せっかくなので食べられるだけ食べました。

スフレなので軽く、美味しかったけれど半分は残すことに・・・勿体無い。

ちなみにこのデザートは二人からオーダー出来ます。

たしか、12か13ユーロか何かって書いてあったのですが、
あとでレシートを見てびっくり・・・

一人12ユーロってことだったようで、

二人では・・・ その倍でした。

・・・スフレって、 だってスフレッテ、 
た ・ た ・ た 卵じゃんよ~~~~(T_T) 卵に 24???(そいういう計算の仕方?)


結局お酒やらなんちゃらで、結構な金額になってしまった・・・

予定では、高級レストランよりも値打ちに食べられたはずだったのに・・・

とmakuiががっくりショックを受けていると、
「たま~にのことだから、いいじゃい。」
・・・そんな狐さんに救われます。(オーバーな。)


とはいえ、最初に行った高級レストランよりもここの方が良かったです。

またいつの日かウイーンに来る機会があったら、寄りたいお店です!

その時はしっかりお腹をすかせて、
あのベルギー人さんがいたらお勧めしてもらいたいな~。(*^_^*)


ユリウス・マインル:HP Julius Meinl


03092010 (15)

この後、もう無理・・・っていうくらいはちきれそうなお腹を抱え、

(↑でも綺麗だから途中で写真撮ったりして。)

足早に 楽友協会:Musikverein へ向かいました。

黄金ホールで有名な、のだめちゃんにも出てきたあそこですね。


その続きはまた今度。


・・・ところで、

私のふざけたブログとは全然関係ない話なのですが、

ご存知の通り

今、東アフリカは雨不足により、過去60年で最悪とされる干魃に見舞われ、
国連によると1100万人以上が食料危機にさらされています。

東アフリカ、過去60年で最悪の干ばつ 飢饉がせまる
http://www.afpbb.comより

結局狐さんは10時頃帰ってきて、それからテレビを見つつ晩御飯を食べたのですが、

ソマリアかどこかの大勢の皆さんが、日照りの中、食べ物を求めて移動し、

6人の子供たちを連れて移動していたはずの女性の手元には
二人の子供しか残っていませんでした。

他の4人は、既に亡くなってしまったのです。


オランダだと、 Giro555 から寄付が出来ます。
 
東アフリカ干ばつで子供200万人が栄養不足

【よくわかるニュース解説】ソマリアから飢餓逃れ隣国へ
http://www.iza.ne.jpより

私たちの少しのお小遣いから、一人でも多くの子供たちがどうか助かりますように・・・!!!




こちらも宜しくお願いします。 少しとはいえ、無いよりはあったほうがいいですよね!

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
 


テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

【2011/07/30 06:40 】 | オーストリア :Austria | コメント(0) | page top↑
<<キンキラ黄金ホールとオーバーラー。(完!!) | ホーム | 庶民の酒場 ”ホイリゲ” IN オーストリア。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。