スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
分不相応?(笑)なレストラン Calla's
こんにちは~!

前回の日記で我々のしょぼい外食事情をだらだらと書きましたが、

今日は前回書こうとしていた、ハーグの一つ星レストラン、Callas:カラスのお話。

有名なレストランなので、どなたかの参考になるかな?



我々からしたら高級レストランなので、二人の体調が良い時に食べに行こうと思っていたら

なかなか行けませんでした。  狐さん、頭痛は毎日だけれど胃腸もデリケートなの。



お店の雰囲気は普通に良かったです。 

コースメニューを見てみると・・・ 4品のコースと7品のコース。

(あっれ、こんなに高かったっけ?

とメニューを見て思っちゃったのですが、

「これが食べたい。」

と狐さんが言うのは7品のコースの方。

げげっ・・・と思った自分は 「こんなに量食べられるのかな~。」

と言ってみましたが、数が増えれば1ポーションが小さくなるので、大丈夫らしい。


まあ貴方がそう言うんならいいですよ、私もそれを頂きますとも。(笑)



ということで、まずシャンパンを頼んだら、美しい4種のチーズ系クラッカーが付いてきました。

それが美しく、美味しくって~~~  期待出来ちゃうって思ったのでした。(写真撮り忘れ。)


2403 2012 (1)


ということでまずは一品目。 携帯で撮ったので見辛いですね。^_^;


↑ 料理の説明で「エビシュリンプ。」 

と、日本語で エビ と言われたので、

(何それ。それじゃあエビエビじゃん。 エビエビじゃなくって甘エビでしょ。
    ”えび” という言葉でレア感を出してみた感じ? 適当~~。笑)

↑ makuiおばさんのどうでもいい心の声。(性格悪いって?)

でもこれ凄く美味しかったです。 先月の話であんまり覚えていないんですけれど。


2403 2012 (2)

次はこちら。

中に (生クリームか何か??)
と思われる、ふわふわのクリーム状のものが入っていて、

周りはホタテのお刺身、トリュフ、あと何か忘れたけれどチーズ で覆われています。

そんな内容なので、この量は多かった。。。三分の二を食べたら気分が悪くなりそうでした。

体調が100%バッチリじゃなくって90%だったからダメだったのか? 

とても淡白な味で美味しかったんですけれどね。 ほんと、オランダ人には淡白過ぎない?ってくらい。



ちなみに、オランダ人で保守的な食事しかしない人は、淡白な味が分からない人も多いです。

例えばハーグ・グローテマルクトにある中国系日本食屋は、

オランダ人のお客さんに「味がしない。」と言われ、オランダ人のお客の方が多いので

味付けをメニューによっては濃く変えちゃっています。(また戻したって話も聞くけれど。)

友達が牛丼を頼んだら、味が濃過ぎて牛丼の味じゃなく、知人の店員さんにそれを伝えたら、

作り直さなくっていいよ!って言ったのに素早く新しいのを持ってきてくれたんです。薄味にして。 

そしたらちゃんと牛丼っぽい味がしたんですよね・・・。^_^;



三皿目。

2403 2012 (3)

上手に味付けされたカリフラワーなど。

ふわふわしているのは、ムースよりは重いけれど、マッシュポテトよりも軽いポテトです。

その味がまた良かったのですが、一皿目、二皿目、そしてこれもふわふわ・・・。

コースはこうやって内容をちょっとまとめる必要があるとか??


2403 2012 (4)

白身魚。 貝の良い出汁が濃く出ているソースが美味しかった~。


ところで、全てのディッシュに合うワインも狐さんは出してもらいました。

私からしたら高いけれど、でもそれぞれの皿に合うワインが一杯ずつ出るのはお徳かも。

ただ全てが美味しいと思えるわけではなかったのがとても残念。




そして4つめ。


2403 2012 (5)

鴨のレバーです。

私はブタ女なので内臓系だろうが何だろうが全然平気で食べれてしまうのですが、

これは噛んだ感触がか~なり内臓・・・って感じで、繊維を舌で感じちゃったくらいで

フォアグラのようなとろける感じも特に無く、全然それとは違っていました。 


先に食べたたふわふわクリームのホタテで、気分がうっ・・・となっていたのに、

これは・・・これは・・・ 
「何か気持ち悪いね・・・。」 

この食感でこの量は、またしても多すぎる・・・・分厚過ぎる・・・。



そして5皿目! メインです。


2403 2012 (6)


WAGYU。 

最近こういうレストランでよく見る WAGYU:和牛 です。

やっぱり和牛は美味しいのだけれど、もうお腹が一杯だし、気持ちもちょっと悪いし・・・

しかしながら、しっかり美味しく頂きました!



この内容でこの量は多いな。。。というのも有りましたが、

確かに全てのポーションが小さく、オランダ人男性なら丁度いい感じの量なのかも。


そして狐さんの大好きな・・・


2403 2012 (8)

チーズです♪

プレートには、小さなパンと、ジャムやはちみつ、
あと今まで食べた中で一番美味しかったデーツなどがのっていました。

後ろに見える↑BOXの中のチーズの説明を受けて、好きなものを選びます。


2403 2012 (7)

こういうのって私ひとりだったら良く分からないだろうな~。


2403 2012 (9)

狐さんとチーズ。

豚な私はこういう臭かったりカビが生えたりしているチーズも平気なので、美味しく頂きました。

プレートのジャムがスパイシーな味がして、珍しくって本当に美味しかった。


そして最後、7品目!

2403 2012 (10)

デザートです~~~♪

左のが、またしてもふわっふわなスフレだよ~~ ^_^;(笑)

とにかく、もうお腹がいっぱいなので軽いデザートでよかった。。。


2403 2012 (11)

美味しかったです!(*^_^*)


2403 2012 (12)


そして食後にカプチーノを頼みました。

日本だと、コースにはデザート+コーヒーか紅茶が付いてきますが、

こっちだと飲み物が付いた事は無いように思います。


そのかわり飲み物を頼むと、こうして↑ちょっとしたスイーツが付いてくるけれど。

お腹が一杯過ぎて無理でしたが、美味しくって完食してしまった。。。



ということで このお店の感想ですが、

・・・たまたま当たった今回のメニューが良くなかった気がします・・・

確かに美味しかったのですが、感動はあまり無かったです。

食感がふわふわゆるゆるしているものが多過ぎて、早いうちから夫婦で気分が悪くなったし。。。

それにいくつかのワインが、本当~にまあまあだったのです。

とはいえこのお店は、グルメなお友達二人が美味しいと言っていたお店なので

やっぱりたまたまハズレたのだと思います。


あと庶民の我々にはお値段もびっくりしました~~。

リッチな駐在さんとかならこれくらい普通なのかもしれませんが、

チップで払った金額が、あのお値打ちな中華料理(前のブログで書いた)

を食べた時の二人前の値段だったので、流石にそれには引きましたね・・・。

チップの習慣が無くてもサービスが良い国・日本 から来た私は、

ここまで払うほどのものなのか・・・って思っちゃうので。 あはは~。^_^;


客層は年配の方ばかりで、それこそ50代とか親世代より上だったり。

男性はちゃんとスーツだったり、ジャケットを羽織っていて、

女性はオペラなどを見に行った時、たま~に見るようなゴージャスな服装の方も結構いました。

オランダ人はあまり着飾らないので、そんな服装の女性は富裕層なのでしょうね。


狐さんは 「やっぱりスーツとか着てくるべきだったかな。」

と言っていましたが、

私からすると、こういう店でご飯を食べるってだけでスーツまで着て来ちゃうのって、

なんか昭和の頃の名古屋の ”デパートに行く時は小奇麗な格好で・・・” といった

一昔前の感覚のように私は感じてしまう・・・笑。 年配の人はそれでも変じゃないけれど。

「我々世代がわざわざスーツ着る方が恥ずかしい気が・・・いいんじゃんこの程度で?」

と、私の勝手な意見を言ってしまうのでした。 

それに、もう一組いた私達世代のカップルはカジュアルめだったし。

オランダ人って客先に行く時くらいしかスーツって着ないんですよね。



三時間くらいかけて食事を楽しみ、お店を後にし、

あまりにもお腹がいっぱいでトラムにのったら気分が悪くなりそうだったので、

夜風に当たりながら家まで20分?25分? 歩いて帰りました。


2403 2012 (13)

エッシャーミュージアムの前辺り。


「このレストランはもうしばらく行かなくっていいね~。」

っていうのが私たちの感想。

美味しかったけれどハズレちゃった感があって、ここまで払うのは痛いわ~~。

ランチとかがあったらいつの日かもう一回試してみるのかもしれないけれど。


二人で手をつないで歩きながら、

「でもまあたまにだし良かったよね~!」 「そうだね~結婚記念日スルーだったしね~!」

「それに私達は子供いないんだし、こういう楽しみ方をしないとね~♪」

と調子のいいことを言って笑いました。


2403 2012 (14)

ビネンホフの池の向かいにあるワインのお店。 壁全面にワインでしょ?

ここもずっと気になっているけれどいついく機会があるのやら。

ここのすぐ側にあるフレンチ、 Saur の方が

お値段と味との具合が丁度良いし、シーフードが好きな方にはいいかもです。 

丸っこいU字型のソファーで食事が出来て、それが感じよかったし。

あと、日本人経営のもり川の夜のコースもそういったバランスが良いみたいなので

またいつの日か行きたいな~。(*^_^*)








クリック募金です。<(_ _)> <(_ _)>
東北関東大震災 緊急支援クリック募金

こちらは6円分。           
JWordクリック募金
 

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

【2012/04/28 00:47 】 | オランダ レストラン・カフェ・バー | コメント(0) | page top↑
<<クイーンズディ と オランダの王室。 | ホーム | 狐家の地味~な外食事情。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。